Googleやマイクロソフトの収益構造の変化

Googleが10/21に「YouTube Red」を発表しました。月9.99ドルで以下のサービスが利用可能です。Google Play Musicとの融合を含め、非常に

【情報登録】 【関連情報】資産運用ブログ 会社経営カテゴリ

[スポンサード リンク]

「最速資産運用」更新状況:

格安マネージドサーバ比較ランキングを更新

 全33件の格安マネージド専用サーバについてプラン内容を確認しました。

格安WindowsVPS比較ランキングを更新

 全79件の格安WindowsVPSプランについてプラン内容を確認しました。

「最速資産運用」運営者より:

 Googleが10/21に「YouTube Red」を発表しました。



 月9.99ドルで以下のサービスが利用可能です。Google Play Musicとの融合を含め、非常に魅力的なサービスだと感じます。
  • YouTubeの広告なしの動画視聴
  • YouTubeのオフライン視聴
  • YouTubeのバックグラウンド再生
  • Google Play Music の無料定期購入

YouTube Red
 現時点では、日本でのサービス開始日は未定ですが、2016年中には開始されるのではないかと思われます。

 Googleが提供するサービスの多くは無料サービスであり、Googleの最大の収益源は広告収入です。検索エンジンやYouTube、Gmail等を無料提供できるのは、広告掲載媒体として機能しているからです。
 有料サービスは、自分が知る限り「Google Play」(Androidアプリストア)や「Google Apps for Work」ぐらいで、あまりありません。おそらく、広告収入と比較して、その存在は小さいものと思われます(違っていたらスミマセン)。

 今回発表された有料サービスの「YouTube Red」ですが、Googleの収益構造を変えるのではないかと感じています。Googleは今まで広告収入(&無料サービス)に依存していましたが、この有料サービスが収益の柱として急成長する可能性を秘めていると思います。

 ところで、収益構造の変化と言えば、マイクロソフトが真っ先に浮かびます。

 以前は、Windowsという圧倒的なシェアを占めるOSと、Officeというキラーアプリの2つを最大の収益源としていました。
 ところが、最近はその戦略を大きく変えているように感じます。

 モバイル利用が加速する中、Windowsの地盤沈下は進みました。そのような状況において、マイクロソフトはWindows10の無償アップデートに踏み切りました。これには驚きました。マイクロソフトは収益源の1つであるOSの有償提供を手放したのです。
 また、Officeについては、アプリの売り切りから、「Office 365」等の月額課金制へ大胆な転換をはかっています。

 マイクロソフトの決算書を確認した訳でないので断言できませんが、収益構造は大きく変わっている(変わりつつある)と思われます。

 成功した企業には、過去の成功体験に安住する傾向があります。Googleやマイクロソフトにもその傾向があります。
 ですが、両社のここ最近の動向を見ていると、リスクをとって変わろうとする姿勢が見受けられます。

 Goolgeの場合、広告収入は今後も伸びていく可能性はあります。ですが、iOS 9に搭載されて話題になった「コンテンツブロッカー」という広告ブロック機能が、将来的に普及する可能性も否定できません。少なくとも、多くの人がWeb広告に対してネガティブな感情を持っているので、広告の形態が今後どのようなものになるのか予断を許しません。

 「YouTube Red」がサービスを開始する理由の1つとして、YouTubeの広告に不快感を示す人が多いことが挙げられると思います。Googleとしては広告収入があるからこそ、YouTubeを無料提供できるのですが、その反面、お金を払うから広告を外してほしいというニーズに応えていません。
 「YouTube Red」はそのようなニーズを満たすだけでなく、プラスアルファでGoogle Play Musicの無料定期購入がついています。個人的には「Office 365」のように、Google Driveの容量無制限もあれば迷わずに加入します。

 動画の有料サービスとしてはニコニコ動画が有名ですが、「YouTube Red」はどうなるのでしょうか。Googleが本気を出して「YouTube Red」を推進すれば、収益源の1つに育つものと考えています。今後の展開が楽しみです。

関連する資産運用情報

資産運用ブログ:カテゴリ

資産運用全般 金融株式 不動産 保険年金 会社経営 税金相続 節約格安 資産運用方法

資産運用ブログ:ライフプラン特集

節約・節税 お得・プチリッチ 老後・介護 結婚・子育て マイホーム

資産運用ブログ:タグ

MVNO/格安SIM 軽量Win8タブレット 投資家マチヨが行く 投資家マチヨがレビュー 口座を開設してみた 401K マイナス金利の影響 クレジットカード 投信 FX 有価証券報告書を読んでみた 住宅ローン 国債 定期預金 信用格付け 学資保険 ふるさと納税 書評

資産運用ブログ:アーカイブ

[2016年]

12月(4) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
資産運用お勧めベスト3
1.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
2.確定拠出年金(401K)で合法的に節税
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る
[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. MVNO/格安SIM比較ランキング  294
4. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  4
5. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
人気ページを見る
投資利回り一括比較
万円
お勧めキャンペーン
 パートナーズFX (マネーパートナーズ)
残り25日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
dカード GOLD
残り26日! [金融株式]
*年会費相当をキャッシュバック
 SBI FXトレード (SBI FXトレード)
残り116日! [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  9
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. 法人税額計算&個人事業比較ソフト  5
4. ライフプラン・シミュレーションソフト
5. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
無料ソフト一覧を見る
[PR]期間限定!
新着情報 RSS
12/05 定期預金(1年)の金利比較ランキング
12/05 個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
12/05 高校生(大学受験)の通信教育-費用比較ランキング
12/05 中学生の通信教育-費用比較ランキング
12/05 小学生の通信教育-費用比較ランキング
新着情報を見る
資産運用ブログ
12/05 住信SBIネット銀行が定期預金0.5%キャンペーンを開始
12/05 大和証券が国債キャッシュバックを増額|個人向け国債動向(2016年12月)
12/02 野村證券が格上げされたけれども…(金融機関の格付け動向:2016年12月)
12/01 月155億円を民間銀行は日銀から受取|定期預金の金利動向(2016年12月)
11/30 富裕層が2年間で101万世帯から122万世帯に
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:5,418
昨日:6,532
ページビュー
今日:15,959
昨日:17,978
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動