ローリスクでNISA(投資初心者向け)

2016年1月1日から、公社債等が特定口座の対象になります。その結果、特定口座において、株式や投資信託と個人向け国債を損益通算できるようになります。これ..

【情報登録】 【関連情報】資産運用ブログ 金融株式カテゴリ

[スポンサード リンク]
 
 2016年1月1日から、公社債等が特定口座の対象になります。その結果、特定口座において、株式や投資信託と個人向け国債を損益通算できるようになります。これは便利です。

「特定口座」に公社債等を受け入れることができます!|国税庁
www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/joto-sa...
2016年1月から公社債・公社債投資信託の税制が大幅に変わります! | 大和証券
www.daiwa.jp/tax_kaisei1601/

 NISA(少額投資非課税制度)についても調べてみました。
 残念ながら公社債等については、2016年1月以降も対象外ということです。対象となるのは、従来通り、投資信託や株式、ETF、REIT等です。

 NISAの最大のメリットは、譲渡だけでなく配当(分配)を受けた時の収益が非課税ということです。年100万円(2016年から年120万円)に限定されていますが、月8万円以上(2016年から月10万円)積み立てることができる計算なので、長期的な資産形成に役立つのは間違いありません。

 ただし、NISAの最大のデメリットとして、非課税期間が5年(最長10年まで延長可能)に限定されていることが挙げられます。
 非課税期間の終了時まで保有していた場合、強制的に課税口座に移行することになります。この場合、非課税期間終了時点の価格が取得価格になるので、損失が出ていると非常に不利になります。
 非課税期間中に利益が出ていれば問題ないのですが、当然ながら損失が出る可能性もあります。例えば、個人向け国債などの公社債であれば損失リスクをコントロールすることが可能なのですが、前述の通り、2016年1月以降もNISAの対象外となっています。

 解決策としては、リスクが個人向け国債に近い商品を、NISAで購入することが考えられます。損失リスクが低いので、NISA最大のデメリットを、ほぼ回避することができます。

 条件は以下の通りです。
  1. 安全性の高い国内債券の値動きに連動するもの。
  2. 手数料や維持費が可能な限りローコストのもの。

 第一候補は、ノーロードの国内債券インデックスファンドです。
ma-bank.net/word/18/b_in/

 上記ランキングから、信託報酬が安い2つのファンドをピックアップします。
  1. ニッセイ国内債券インデックスファンド 信託報酬:0.162%
  2. 三井住友・日本債券インデックス・ファンド 信託報酬:0.1728%

 両ファンド共に、「NOMURA-BPI(総合)」に連動する成果を目指しており、期待収益率は1%、リスクは1.48%となっています。高いリターンを期待できませんが、損失が膨らむリスクが低いので、非課税期間が限定されているNISA向きだと思われます。

 「NOMURA-BPI(総合)」は、日本の債券市場全体の動向を反映する投資収益指数ですが、念のために、各ファンドの投資状況を確認します。

ニッセイ国内債券インデックスファンド:月報(2015年10月末)
www.nam.co.jp/report/pdf/m121504.pdf
【組入比率】
  • 債券:98.9%
  • 現金、その他:1.1%

三井住友・日本債券インデックス・ファンド:月次レポート(2015年10月末)
www.smam-jp.com/fund/pdf/123658m.pdf
【種別構成比率】
  • 国債:76.2%
  • 地方債:8.1%
  • 事業債:6.8%
  • 政府保証債:4.3%
  • 金融債:1.6%
  • 円建外債:0.9%
  • その他債券:1.6%

 上記の組入比率から詳細なことは分かりませんが、組入上位10銘柄は両ファンド共に利付国債となっています。上位10銘柄の比率から、ニッセイは少ない銘柄に集中投資、三井住友は多くの銘柄に分散投資していることが分かります。ただし、上位10銘柄が全て利付国債なので、分散投資することでリスク回避に繋がるか微妙なものがあります。
 両ファンドともに他の投資信託と比べると、損失リスクは少ないと思われます。

 次にファンドの「課税関係」を確認して、NISAに対応しているか否かを調べます。

ニッセイ国内債券インデックスファンド:お申込メモ
www.nam.co.jp/fundinfo/nksif/memo.html
課税関係
課税上は株式投資信託として取扱われます。
公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度の適用対象です。
配当控除、益金不算入制度の適用はありません。

三井住友・日本債券インデックス・ファンド:お申込メモ
www.smam-jp.com/fund/dc/memo/1187436_1612.html
課税関係
課税上は株式投資信託として取り扱われます。
公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」の適用対象です。ただし、販売会社によっては当ファンドをNISAの適用対象としない場合があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
配当控除の適用はありません。

 両ファンド共にNISAの対象であることが分かりました。後は、ファンドを取り扱っている証券会社NISA口座を開設すれば準備OKです。
 どちらのファンドを選んでも、ローリスクNISAを活用することが可能です。ある意味、投資初心者向けだと言えます。


 ところで、2015年6月末のNISA口座は、921万口座です。1年前の2014年6月末が727万口座だったので、1年間で200万口座近く増えたことになります。

NISA口座の開設・利用状況調査(平成27年6月末現在)
www.fsa.go.jp/policy/nisa/20150915-1.html

 ここまで普及しているので、将来的にはNISAを恒久化する可能性が高いと思われます。ですが、正式に決定した訳ではないので、様子見をしている人も存在することでしょう。自分もそうですが、どうしましょうか。

関連する資産運用情報

資産運用ブログ:カテゴリ

資産運用全般 金融株式 不動産 保険年金 会社経営 税金相続 節約格安 資産運用方法

資産運用ブログ:ライフプラン特集

節約・節税 お得・プチリッチ 老後・介護 結婚・子育て マイホーム

資産運用ブログ:タグ

MVNO/格安SIM 軽量Win8タブレット 投資家マチヨが行く 投資家マチヨがレビュー 口座を開設してみた 401K マイナス金利の影響 クレジットカード 投信 FX 有価証券報告書を読んでみた 住宅ローン 国債 定期預金 信用格付け 学資保険 ふるさと納税 書評

資産運用ブログ:アーカイブ

[2016年]

12月(6) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
資産運用お勧めベスト3
1.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
2.確定拠出年金(401K)で合法的に節税
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る
[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. MVNO/格安SIM比較ランキング  294
4. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  4
5. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
人気ページを見る
投資利回り一括比較
万円
お勧めキャンペーン
 パートナーズFX (マネーパートナーズ)
残り22日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
dカード GOLD
残り23日! [金融株式]
*年会費相当をキャッシュバック
 SBI FXトレード (SBI FXトレード)
残り113日! [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  9
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. 法人税額計算&個人事業比較ソフト  5
4. 投資利回りランキング一括比較ツール
5. 保険返戻金の年利計算ソフト
無料ソフト一覧を見る
[PR]保険料節約
メディカルキットR
新着情報 RSS
12/06 クレジットカード ポイント還元率比較ランキング
12/06 ゴールドカード ポイント還元率比較ランキング
12/05 定期預金(1年)の金利比較ランキング
12/05 個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
12/05 高校生(大学受験)の通信教育-費用比較ランキング
新着情報を見る
資産運用ブログ
12/07 ふるさと納税を楽天スーパーセールで10倍お得に
12/07 クレジットカードで国税を納付して得するコツ
12/05 住信SBIネット銀行が定期預金0.5%キャンペーンを開始
12/05 大和証券が国債キャッシュバックを増額|個人向け国債動向(2016年12月)
12/02 野村證券が格上げされたけれども…(金融機関の格付け動向:2016年12月)
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:2,167
昨日:7,410
ページビュー
今日:6,034
昨日:21,424
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動