「パナソニック レッツノートCF-RZ4」購入レビュー1(Fn/Ctrl入替編)

パナソニック「レッツノートCF-RZ4」を発売直後の10/18に入手しました。タブレットとしても使える「2 in 1ノートPC」ですが、ノートパソコンの購入は約2年ぶ..

【情報登録】 【関連情報】資産運用ブログ 節約格安カテゴリ

[スポンサード リンク]

「最速資産運用」更新状況:

MVNO/格安SIM比較ランキングを更新

 各MVNOプランを選択して、簡単に一覧比較できるようにしました。表示項目を自由に入れ替えることも可能。au「LTEデータプリペイド」等を追加。

月1000円以下のMVNO比較ランキングを更新

 各MVNOプランを選択して、簡単に一覧比較できるようにしました。表示項目を自由に入れ替えることも可能。

複数SIMが使えるMVNO比較ランキングを更新

 各MVNOプランを選択して、簡単に一覧比較できるようにしました。表示項目を自由に入れ替えることも可能。

プラン変更無料のMVNO比較ランキングを更新

 各MVNOプランを選択して、簡単に一覧比較できるようにしました。表示項目を自由に入れ替えることも可能。

音声通話対応のMVNO比較ランキングを更新

 各MVNOプランを選択して、簡単に一覧比較できるようにしました。表示項目を自由に入れ替えることも可能。

格安スマホ+格安SIM比較ランキングを更新

 各MVNOプランを選択して、簡単に一覧比較できるようにしました。表示項目を自由に入れ替えることも可能。
格安SIMカード比較(ドコモMVNO/LTE)

「最速資産運用」運営者より:

 パナソニック「レッツノートCF-RZ4」を発売直後の10/18に入手しました。タブレットとしても使える「2 in 1ノートPC」ですが、ノートパソコンの購入は約2年ぶりとなります。
 「レッツノートCF-RZ4」を選択した主な理由は以下の3つです。
  1. LTE&フォーマプラス対応。
  2. キーボードを含めて770gという超軽量仕様。
  3. Windows8.1タッチパネル対応。画面を360度回転させればタブレットとしても使える。
 8インチWindows8タブレットの手軽さに慣れてしまったので、次に購入するノートパソコンは軽量かつタッチパネル対応のものにするつもりでした。そして可能であれば、キャリアの縛りのないLTE&フォーマプラスエリア対応の端末を選ぶ予定でした。
 そのような状況の中、LTE対応の「レッツノートCF-RZ4」のことを知った訳です。

レッツノートRZ4(LTE対応)スペック一覧

項目CF-RZ4CFDJPCF-RZ4CFEJPCF-RZ4AFNBPCF-RZ4AFPBP
グレードハイスペックモデルプレミアムエディション
重さ771g
液晶(解像度)10.1型IPS液晶(1920×1200画素)
OSWindows 8.1 64ビットWindows 8.1 pro 64ビット
CPUCore M-5Y10 0.80GHzCore M-5Y70 1.10GHz
メモリ・SSD4GB・128GB8GB・512GB
価格(税抜)通常179,658円
162,800円
通常184,658円
167,800円
通常297,800円
280,943円
通常302,800円
285,943円
本体カラーシルバーダイヤモンドカッパーシルバーダイヤモンドカッパー
通信[通信] LTE/3G [bluetooth] 4.0
備考[バッテリー]10時間 [装備]USB3.0×3、HDMI、有線LAN他 [発売日] 2014年10月18日
 
 自分の望み通りのノートパソコン(兼タブレット)ですが、正直なところ、価格を考えるとスペック的には不満です。「レッツノートCF-RZ4」には「Core M」という最新CPUが搭載されていますが、現在使っているノートパソコンの「Core i7」より優れているかどうか不明です。(たぶん劣る)
 また、SSDが128GBと512GBから選べますが、容量の大きい512GBのバージョンは30万円前後もします。仕事に使うとは言え、購入するのを躊躇う金額です。現在使っている「Core i7」のノートパソコンはOfficeがついて7万円でしたから…

 と言うことで、性能を犠牲に、LTE対応の一番安いモデル「レッツノートCF-RZ4CFDJP」にしました。安いと言っても16万円を超えるので、現在使っているノートパソコンの2倍以上。しかも、性能を考えると、サブノートとして使うことになるでしょうから贅沢な買い物です。

タッチパネルを使いやすくする

 8インチWindows8タブレット(「東芝 dynabook Tab VT484/26K」購入レビュー1 (初期設定編))でもやりましたが、備忘的に残しておきます。
 タイトルバーを太くして閉じるボタンを押しやすくしたり、メニューの行間を広げるたりするために、テキストサイズの大きさ変更します。
  • 「コントロールパネル」→「デスクトップのカスタマイズ」→「ディスプレイ」→「テキストサイズのみを変更する」の「タイトルバー」「メニュー」などを全て「16」に変更→「適用」
 スクロールバーの幅が細くてタッチしずらいので広げます(「Windows8のデスクトップにて、スライドバーの太さを変更したい」参照)。
  • 画面右端からスワイプ→「検索」→「regedit」を入力してレジストリエディタを起動
  • 「HKEY_CURRENT_USER」→「Control Panel」→「Desktop」→「WindowMetrics」
  • 「ScrollHeight」(縦)と「ScrollWidth」(横)を「-400」に変更
 ソフトキーボードの画面に占める割合が大きすぎて使いづらいので、ソフトキーボードの大きさを変更します。
  • 画面右端からスワイプ→「検索」→「regedit」を入力してレジストリエディタを起動
  • 「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows」→「CurrentVersion」→「Explorer」を開き、そこに新規キー「Scaling」と新規文字列値「MonitorSize」を追加し、「16」に設定(「Dynabook tab VT484 Tips スクリーンキーボードのサイズ変更」参照)。
 これでタッチパネルが格段に使いやすくなりました。
 

FnキーとCtrlキーを入れ替えて使いやすくする

 「レッツノートCF-RZ4」は10.1インチと小さいながらも、キーボード入力が結構快適です。キートップの縦幅が短めなので慣れが必要ですが、ブラインドタッチで軽快に入力することができます。
 
 ところで、「レッツノートCF-RZ4」のハードキーボードは、Fnキーが一番左側にあります。Ctrlキーを多用する自分にとっては非常に使いづらい仕様です。「Fn Ctrl 機能入れ換えユーティリティ」を使えば、FnキーとCtrlキーを簡単に入れ替えることができるので対処しました。 これで使いやすくなりましたが、せっかくなのでキートップも入れ替えたくなります(メーカー保証の対象外ですが…)。購入したばかりで修理に出したくないので、FnキーとCtrlキーのキートップの入れ替え方法を検索します。
 新製品の「レッツノートCF-RZ4」の実例は皆無ですが、似たようなリーフ状のキーボードのキートップについて説明されているページが見つかりました(「キーボードのキートップが外れてしまいました。どの様な処置をすればいいですか。(CF-AX3,AX2シリーズ)」参照)。これを逆にやれば良いのでしょう。
 取り合えず、全く使わない無変換キーの取り外しをやってみます。最悪、壊れた場合でもダメージは少ないはず。
 キートップがなかなか外れなかったので、力一杯持ち上げたところ、「バチ」っという音と共に、キートップの下にあるパンタグラフ式の部品と共に吹っ飛びました。慌てて探しますが、小さいのですぐに見つからずに焦りました。
 悪戦苦闘の末、バラバラになったパンタグラフ部品を、なんとか組み合わせることができたので、無変換キーを元に戻します。これでFnキーとCtrlキーを入れ替えることができそうです。
レッツノートCF-RZ4キートップ入れ替え
 
 まずは左側の大きなFnキーとCtrlキー。無変換キーと同様に、右側からピンセット等でキートップを持ち上げて外します。
 思った以上に簡単に外せました。手早くFnキーとCtrlキーを入れ替えます。
 
 次に、右側の小さなFnキーとCtrlキー。こちらは上側からキートップを持ち上げて外します。キートップが小さい上に、勝手が違うこともあり、キートップ下のパンタグラフ部品も外れてしまいました。ただ、既にキートップの構造を把握しているので、今度はさほど戸惑わずに対処できました。
レッツノートCF-RZ4キートップ入れ替え
 
 FnキーとCtrlキーの入れ替えが完了したのは、下調べを含めて2時間後のことです。慣れない作業に加え、おそろしく慎重にやったため、思ったより時間がかかってしまいましたが満足です。
レッツノートCF-RZ4キートップ入れ替え

 「レッツノートCF-RZ4」については何回かにわけてレポートする予定です。
 

「レッツノート専用 Wonderlink LTE A」の概要

※ドコモLTE/3G回線を利用したIIJmio系のMVNOで、レッツノート専用LTE回線プランです。データ回線専用で、SMSや音声通話を利用することはできません。

項目 エントリーコース レギュラーコース ウィークリーコース
月額料金(税込)960円2,117円1,080円
初期費用(税込)3,240円3,240円3,240円
通信容量
(超過後)
3GB/1月
(384Kbpsに制限)
7GB/1月
(384Kbpsに制限)
1GB/1週
(384Kbpsに制限)
3日間制限
(超過後)
500MB/3日
(384Kbpsに制限)
1GB/3日
(384Kbpsに制限)
なし/3日
パナソニック :MVNO/格安SIM比較検索
パナソニック レッツノートCF-RZ5 Xi(LTE) | 売れ筋格安通販ランキング 100000

【関連するレビュー記事】
「東芝 dynabook Tab VT484/26K」購入レビュー1 (初期設定編)
「東芝 dynabook Tab VT484/26K」購入レビュー2 (アプリ等の使いやすさ編)
「東芝 dynabook Tab VT484/26K」購入レビュー3 (デバイス編)
「レノボ IdeaPad Miix2 8 59399891」購入レビュー1 (「dynabook Tab VT484/26K」との比較編)
「レノボ IdeaPad Miix2 8 59399891」購入レビュー2 (Web開発編)
「レノボ IdeaPad Miix2 8 59399891」購入レビュー3 (Miracast成功編)
「Acer Iconia W4-820/FP」購入レビュー1(「dynabook Tab VT484/26K 」「Miix2 8 59399891」との比較編)
「Acer Iconia W4-820/FP」購入レビュー2(Androidアプリ編)
「Acer Iconia W4-820/FP」購入レビュー3(外部モニター複製出力編)
「VivoTab Note 8 M80TA-DL64S」購入レビュー(スタイラスペン編)
「パナソニック レッツノートCF-RZ4」購入レビュー1(Fn/Ctrl入替編)
「パナソニック レッツノートCF-RZ4」購入レビュー2(MVNO格安SIM編)
「パナソニック レッツノートCF-RZ4」購入レビュー3(使い心地編)
「パナソニック レッツノートCF-RZ4」購入レビュー4(購入コスト編)
Windows10にアップグレードしたら空き領域が増えた(レノボ Miix2 2 8)
レッツノートRZ4を有線ルーター化して非常用MVNO回線を構築ー1
レッツノートRZ4を有線ルーター化して非常用MVNO回線を構築ー2

関連する資産運用情報

資産運用ブログ:カテゴリ

資産運用全般 金融株式 不動産 保険年金 会社経営 税金相続 節約格安 資産運用方法

資産運用ブログ:ライフプラン特集

節約・節税 お得・プチリッチ 老後・介護 結婚・子育て マイホーム

資産運用ブログ:タグ

MVNO/格安SIM 軽量Win8タブレット 投資家マチヨが行く 投資家マチヨがレビュー 口座を開設してみた 401K マイナス金利の影響 クレジットカード 投信 FX 有価証券報告書を読んでみた 住宅ローン 国債 定期預金 信用格付け 学資保険 ふるさと納税 書評

資産運用ブログ:アーカイブ

[2016年]

12月(2) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
資産運用お勧めベスト3
1.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
2.確定拠出年金(401K)で合法的に節税
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る
[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. MVNO/格安SIM比較ランキング  294
4. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  4
5. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
人気ページを見る
投資利回り一括比較
万円
お勧めキャンペーン
 パートナーズFX (マネーパートナーズ)
残り25日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
dカード GOLD
残り26日! [金融株式]
*年会費相当をキャッシュバック
 SBI FXトレード (SBI FXトレード)
残り116日! [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  9
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. 法人税額計算&個人事業比較ソフト  5
4. ライフプラン・シミュレーションソフト
5. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
無料ソフト一覧を見る
[PR]保険料節約
新着情報 RSS
12/02 銀行格付けランキング一覧
12/02 証券会社格付けランキング一覧
12/02 金融機関ランキング(顧客満足度分析)
12/02 保険会社ランキング(格付/売上/利益)
12/01 定期預金(1年)の金利比較ランキング
新着情報を見る
資産運用ブログ
12/02 野村證券が格上げされたけれども…(金融機関の格付け動向:2016年12月)
12/01 月155億円を民間銀行は日銀から受取|定期預金の金利動向(2016年12月)
11/30 富裕層が2年間で101万世帯から122万世帯に
11/29 松井証券のロボアドバイザー「投信工房」が素晴らしい
11/28 大震災に備えるユニークな「手のひら定期」
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:879
昨日:6,532
ページビュー
今日:2,202
昨日:17,978
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動