50歳以降にiDeCoに加入するメリットと注意点

老後資金を増やすお勧めの資産運用法としてiDeCoが挙げられます。老後資金(年金)を増やす10+αの方法 最速資産運用 ma-bank.net老後資金として公的年金..

【情報登録】 【関連情報】資産運用ブログ 保険年金カテゴリ

[スポンサーリンク]

「最速資産運用」更新状況:

iDeCo(確定拠出年金)で無理なく賢く節税を更新

 内容を確認した上で、最新データに更新しました。

同族会社の節税:役員報酬と選択制確定拠出年金を更新

 内容を確認した上で、最新データに更新しました。

50歳以降にiDeCoに加入するメリットと注意点

※「iDeCo(確定拠出年金)」に関する役立ち情報や運用レポート(不定期連載)です。

【ライフプラン特集】節約・節税 老後・介護

みずほ銀行がiDeco開設で1000円をプレゼントより続く

 老後資金を増やすお勧めの資産運用法としてiDeCoが挙げられます。
老後資金(年金)を増やす10+αの方法
 最速資産運用 ma-bank.net
老後資金として公的年金とは別に3,000万円が必要と言われていますが、その人の置かれた状況(持家の有無や同居人数等)によって必要額は変動します。 .. (2018/02/21更新)

 iDeCoには掛金全額が所得控除の対象であったり運用益が非課税だったりと様々な税制優遇措置があるのですが、その反面いくつか注意点もあります。特に50歳以降、iDeCoに加入する場合には注意が必要です。
iDeCo(確定拠出年金)で無理なく賢く節税
 最速資産運用 ma-bank.net
iDeCo(確定拠出年金:日本版401K)で賢く節税するポイントを解説。個人型年金(iDeCo)と企業型年金の違い、節税のポイント、ノーリスク運用法、NISAとの併用など。 (2018/02/22更新)

 今回は50歳以上の方がiDeCoに加入するメリットや注意点についてお届けします。
 

受給開始年齢が繰り下げられる

 原則的にiDeCo老齢給付金は60歳から受給が可能です。ただし、加入期間が10年未満の場合、最長65歳まで受給開始年齢が繰り下げられます。
 
加入期間受給開始
10年以上60歳
8年以上10年未満61歳
6年以上8年未満62歳
4年以上6年未満63歳
2年以上4年未満64歳
1ヶ月以上2年未満65歳

 iDeCoの加入期間は20歳以上60歳未満です。50歳以降にiDeCoに加入すると加入期間は10年未満となるので、老齢給付金の受給開始年齢が繰り下げられることになります。
 

60歳以降は掛金の拠出はできないが月額管理費は必要

 上記の通り、加入期間が10年未満の場合、iDeCo老齢給付金の受取時期が61歳以降にズレ込みます。掛金の拠出は20歳以上60歳未満なので、所得税で所得控除を受けることができなくなる反面、口座管理手数料を支払い続ける必要が生じます。

 例えば、口座管理手数料が業界最安のSBI証券においては、掛金を拠出する場合は月167円が、掛金を拠出しない場合でも月64円が必要です。すなわち、60歳以降、老齢給付金を受け取るまで「月64円×月数」の費用負担が発生することになります。

必要諸経費│新規加入/変更手続き│iDeCo(個人型確定拠出年金)│SBI証券
www.sbisec.co.jp/ETGate/?_ControlID=WPLETmgR001...
必要諸経費│新規加入/変更手続き│iDeCo(個人型確定拠出年金)│SBI証券
 60歳以降は、掛金拠出による所得控除という金銭的メリットがなくなりますが、月額管理費は必要であることに注意が必要です。なお、運用管理機関によっては費用負担が更に膨らむ可能性があるので、運用管理機関選びについては慎重に吟味することをお勧めします。
iDeCo月額管理費の無料4社を比較してみた-1
 最速資産運用 ma-bank.net
iDeCo運営管理手数料の無料化iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料の無料化が相次いでいます。 先陣を切ったのは、みずほ銀行でした。5/1より条件付きながらも毎月.. (2017/05/19更新)
iDeCo月額管理費の無料4社を比較してみた-2
 最速資産運用 ma-bank.net
マネックス証券がiDeCo申込を9/30より開始:マネックス証券が9/30より申込開始する個人型確定拠出年金(iDeCo)の概要を公表しました。 【iDeCo】運営管理手数料を完全無料に.. (2017/09/13更新)
 

資金の拘束期間の短縮化

 とは言え、50歳以降でiDeCoを開始すると、若い頃に開始するより、拠出した掛金の拘束期間を短縮化できるというメリットがあります。

 例えば、51歳から開始すると61歳から受給可能なので拘束期間は10年です(*加入期間8年以上)。また、59歳から開始すると65歳から受給可能なので拘束期間は6年です(*加入期間1ヶ月以上)。ただし、59歳から開始した場合、掛金拠出による所得控除のメリットは微々たるものですが…

 老齢給付金の受取りまで、20歳からだと40年も、30歳からでも30年も拘束されるので、拘束期間が10年以下というのは魅力的です。

 資金の拘束期間が比較的短いので、税制優遇措置が満載の「10年以内の毎月積立」と考えることが可能です。株式投信等のリスク資産ではなく、定期預金で運用することも可能なので、所得が多い場合など所得控除狙いでiDeCoに加入するのもありでしょう。
 なお、所得控除狙いで定期預金で運用する場合は、月額管理費が安いほどメリットが大きくなるので運用管理機関の選択が物凄く重要となります。上述のSBI証券など口座管理手数料が格安となる運用管理機関を選びたいものです。
 

60歳以降の運用益も非課税

 iDeCo老齢給付金の受給開始年齢は60歳ですが、最長70歳まで受給を繰り下げすることが可能です。60歳から70歳まで掛金の拠出はできませんが、引き続き保有資産を運用することが可能です。もちろん60歳以降の運用益も非課税です。

 例えば、定期預金債券型投信等から株式型投信に保有資産を変更することで、積極的に運用益を狙うこともできます。スイッチング(保有資産の変更)の手数料は無料なのでコストもかかりません。ただし、運用商品によっては換金手数料(*信託財産留保額)が必要となることがあるので注意が必要です。

 なお、株式型投信から定期預金に変更して利益を確定することも可能です。
 

50歳以降にiDeCoに加入するメリットと注意点

 以上をまとめると50歳以降にiDeCoに加入するメリットは以下の通りです。
  1. 資金の拘束期間の短縮化
  2. 60歳以降の運用益も非課税
 逆に注意点は以下の通りです。
  1. 受給開始年齢が繰り下げられる
  2. 60歳以降は掛金の拠出はできないが月額管理費は必要

 注意点の「1. 受給開始年齢が繰り下げられる」は、メリットの「1. 資金の拘束期間の短縮化」と背中合わせなので、あまり気にする必要はないと思います。
 注意点の「2. 60歳以降は掛金の拠出はできないが月額管理費は必要」については、例えばSBI証券の場合は年780円(=月64円×12ヶ月)なのでさほど神経質になることはないですし、メリットの「2. 60歳以降の運用益も非課税」が上回るケースも多いと思われます。

 以上により、50歳以降でもiDeCoに加入するメリットは絶大だと考えます(49歳までに加入する方がベターだと思いますが)。超長期運用というiDeCoの特性を考えると、特にメリット「1. 資金の拘束期間の短縮化」が有利だと感じます。

 ちなみにiDeCo老齢給付金は、一時受取と年金受取のどちらかを選択することが可能ですが、給付一回につき税込432円の手数料がかかるので、コスト的には一時受取の方が有利です。
iDeCo(確定拠出年金)で無理なく賢く節税
 最速資産運用 ma-bank.net
iDeCo(確定拠出年金:日本版401K)で賢く節税するポイントを解説。個人型年金(iDeCo)と企業型年金の違い、節税のポイント、ノーリスク運用法、NISAとの併用など。 (2018/02/22更新)
 

SBI証券:iDeCo(確定拠出年金積立年金プラン)

 SBI証券「iDeCo(確定拠出年金積立年金プラン)」の主なメリットは以下の通りです。
  • 口座管理手数料が完全無料!
  • 低コストかつ豊富な運用商品。
  • 絶大な節税効果:[入口]所得控除・[運用中]運用益が非課税・[出口]退職所得控除。
SBI証券の個人型ダイレクト401kプラン(確定拠出年金)


iDeCo確定拠出年金)」関連情報
iDeCo運用レポート20151011
iDeCo運用レポート20160427
SBI証券401Kプランの運用商品がパワーアップ
確定拠出年金(401K)の改正で変わること
iDeCo運用レポート20161024
iDeCoをスルガ銀行からSBI証券へ移管-1|iDeCo運用レポート20170313
iDeCoをスルガ銀行からSBI証券へ移管-2(経過報告)
iDeCo月額管理費の無料4社を比較してみた-1
iDeCoをスルガ銀行からSBI証券へ移管-3(移管完了)
iDeCo月額管理費の無料4社を比較してみた-2
みずほ銀行がiDeco開設で1000円をプレゼント
50歳以降にiDeCoに加入するメリットと注意点
みずほ銀行がiDeco開設で1000円をプレゼント-2

関連する資産運用情報

資産運用ブログ:カテゴリ

資産運用全般 金融株式 不動産 保険年金 会社経営 税金相続 節約格安 資産運用方法

資産運用ブログ:ライフプラン特集

節約・節税 お得・プチリッチ 老後・介護 結婚・子育て マイホーム

資産運用ブログ:タグ

MVNO/格安SIM 軽量Win8タブレット 投資家マチヨが行く 投資家マチヨがレビュー 口座を開設してみた iDeCo マイナス金利の影響 クレジットカード 投信 FX 有価証券報告書を読んでみた ローン 国債 定期預金 信用格付け 学資保険/個人年金保険 ふるさと納税 書評 外貨預金 楽天 Yahoo!/Tポイント LINE JNB nanaco Ponta/リクルート

資産運用ブログ:アーカイブ

[2018年]

7月(24) 6月(26) 5月(32) 4月(26) 3月(37) 2月(28) 1月(25)

[2017年]

12月(38) 11月(33) 10月(32) 9月(30) 8月(35) 7月(19) 6月(20) 5月(17) 4月(24) 3月(28) 2月(20) 1月(17)

[2016年]

12月(26) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
厳選マネー情報
*投資利回り一括比較
投資額:万円
もしもの時にもらえるお金
資産運用お勧めベスト3
1.夏のボーナス預け先お勧め5選(定期預金/個人向け国債/FXサヤ取り/外貨預金/インデックス投信)
2.年1%の定期預金(ただし1ヶ月もの&新規口座開設限定)住信SBIネット銀行
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. MVNO/格安SIM比較ランキング  296
4. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  5
5. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
人気ページを見る
お勧めキャンペーン
 SBI FXトレード
終了時期未定 [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
 パートナーズFX
残り9日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
@nifty NifMo 音声通話対応SIMカード 13GBプラン
残り9日! [節約格安]
*キャッシュバック15,100円
リクルート スタディサプリ「小学講座」
残り9日! [節約格安]
*キャッシュバック2,000円
リクルート スタディサプリ「中学講座」
残り9日! [節約格安]
*キャッシュバック2,000円
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  14
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
4. FX両建てスワップ裁定取引計算ソフト  1
5. ライフプラン・シミュレーションソフト
無料ソフト一覧を見る
[PR]保険料節約
ソニー生命「学資保険」
新着ページ RSS
07/19 格安マネージドサーバ比較ランキング
07/18 SIMフリースマホ比較
07/18 MVNO/格安SIM比較ランキング
07/17 ネット定期預金(1年)の金利比較ランキング
07/17 定期預金(1年)の金利比較ランキング
新着ページを見る
資産運用ブログ
07/21 iPhone SEをLINEモバイル(MVNO)が取扱開始(*端末込で月1987円~)
07/20 みずほ銀行がiDeco開設で1000円をプレゼント-2
07/20 楽天マラソンスロットで5000ポイントが当たりました
07/19 ファーストサーバ(Zenlogic)の大規模障害(*6年ぶり2度目)
07/19 シャープSH-M05が2万円未満など|MVNO同時購入で激安SIMフリースマホ(2018年7月)
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:2,253
昨日:3,718
ページビュー
今日:8,702
昨日:12,807
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動