フリーETF(上場投資信託)比較

全34件の「フリーETF」や「0 ETF」(*売買手数料が無料)を信託報酬順に一覧比較。分散投資や長期運用に最適なETF(上場投資信託)を簡単シミュレーション。メリットやデメリット、インデックスファンドとの違い等。
【カテゴリ】金融株式  【ステップ】3. 殖やす
【最終更新】(※情報登録:2014/05/19)
[スポンサーリンク]
ファンド比較 シミュレーション

フリーETF(上場投資信託)比較

 購入手数料が無料(ノーロード)のETFを、保有コスト(信託報酬1%目安)が安い順に比較します。
 各ファンドのをチェックすると「投信比較リスト」に格納され、損益予測シミュレーションが可能になります。

【絞込検索】34件中 34件 *チェックを外す *初期状態に戻す

国内株 先進国株 新興国株 先進国債券 新興国債券 国内REIT 先進国REIT その他
詳細検索を開く

国内株

ファンド名信託報酬純資産総額
iシェアーズ TOPIX ETF0.0648%3,121.3億円
MAXIS JPX日経インデックス400上場投信 New!0.0842%3,050.2億円
MAXIS トピックス上場投信 New!0.0842%1.1兆円
MAXIS トピックス(除く金融)上場投信 New!0.1166%10.7億円
iシェアーズ・コア 日経225ETF0.1188%6,894.9億円
iシェアーズ JPX日経400ETF0.1296%1,967.3億円
MAXIS 日経225上場投信 New!0.1836%1.4兆円
MAXIS トピックス・コア30上場投信 New!0.2052%7.7億円
iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF0.2052%403.5億円
iシェアーズ JPX/S&P設備・人材投資 ETF0.2052%104.6億円
iシェアーズ MSCI 日本株最小分散 ETF0.2052%143.6億円
MAXIS JAPAN 設備・人材積極投資企業200上場投信(愛称:前向き日本) New!0.2376%36.6億円
MAXIS JAPAN クオリティ150上場投信 New!0.2592%6.6億円
MAXIS 日本株高配当70マーケットニュートラル上場投信 New!0.432%59.6億円
MAXIS S&P三菱系企業群上場投信 New!0.54%2.7億円
MAXIS JPX日経中小型株指数上場投信 New!0.54%35.6億円
MAXIS S&P東海上場投信 New!0.54%42.5億円

先進国株

ファンド名信託報酬純資産総額
SPDR S&P500 ETF0.0972%27.5兆円
iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF0.162%40.9億円
iシェアーズ・コア MSCI 先進国株(除く日本)ETF0.2052%65.9億円
MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信 New!0.27%82.8億円

新興国株

ファンド名信託報酬純資産総額
iシェアーズ・コア MSCI 新興国株 ETF0.2484%34.8億円

先進国債券

ファンド名信託報酬純資産総額
iシェアーズ 米国債7-10年 ETF(為替ヘッジあり)0.1512%51.7億円
iシェアーズ・コア 米国債7-10年 ETF0.1512%45.4億円
iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債ETF(為替ヘッジあり)0.3024%98.2億円
iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債ETF(為替ヘッジあり)0.6264%23.3億円

新興国債券

ファンド名信託報酬純資産総額
ABF汎アジア債券インデックス・ファンド0.2052%4,178.2億円

国内REIT

ファンド名信託報酬純資産総額
iシェアーズ Jリート ETF0.1728%1,752.5億円
MAXIS Jリート上場投信 New!0.27%1,317.3億円
MAXIS 高利回りJリート上場投信 New!0.27%100.4億円
MAXIS Jリート・コア上場投信 New!0.27%331.8億円

先進国REIT

ファンド名信託報酬純資産総額
iシェアーズ 米国リート ETF0.216%40.8億円

その他

ファンド名信託報酬純資産総額
MAXIS トピックスリスクコントロール(5%)上場投信(愛称:NISA向けリスコン5) New!0.2799%1,400.0万円
MAXIS トピックスリスクコントロール(10%)上場投信(愛称:NISA向けリスコン10) New!0.2799%5.8億円
【信託報酬】投資信託の運用会社に毎日支払う費用。年率換算して税込表示。
【実績分配率】=(直近の基準価額)÷(直近1年間の分配金)×100
ファンド比較 シミュレーション

ファンドを「投信比較リスト」に追加

注意事項

  • 運用先については、各投資信託の目論見書等から推計しています。
  • 期待収益率とリスクについては、運用先単位で変更できます。
  • 期待収益率とリスクは、各資産クラスの期待収益率とリスク、相関関数により算出しています。
  • 各資産クラスの期待収益率は、国内債券(先進国債券)を基準に、株式・REITについては「+4%」、新興国については「+2%」しています。国内債券(先進国債券)の期待収益率は、SMTインデックスシリーズ国内債券の実績を参考に、1~3%の範囲で算出しています。
  • 各資産クラスのリスクと相関関数は、SMTインデックスシリーズ各投資信託の実績より算出しています。(期間:2009/02~2019/1)
  • 「新興国REIT」と「その他」については、期待収益率とリスクから除外されており、設定することができません。
  • 期待額については、信託報酬を加味して計算しています。
  • 元本割れ確率はベータ版です。

資産クラス別:インデックス投信一覧

 投資信託を資産クラス別にまとめました。【条件】資産クラスの占める割合が50%超

シリーズ別:手数料無料ETF一覧

 手数料無料ETFをシリーズ別にまとめました。

証券会社別:インデックス投信一覧

 投資信託を証券会社別にまとめました。
比較リスト 0件

金融機関破綻した場合

 あまり考えたくないことですが、金融機関破綻するリスクがあります。万一破綻した場合でも、公的な保護制度が用意されているので、保護される範囲等について取引前に確認しておくことをお勧めします。

おすすめの資産運用情報

金融機関等の破綻で保護される範囲
 最速資産運用 ma-bank.net
銀行・保険会社(生保、損保)・証券会社・先物取引業者が破綻した場合、公的に保護される範囲や信託銀行による分別管理や、投資家保護がないケースについて解説します。 (2019/01/25更新)

ETF(上場投資信託)とは

 Exchange Traded Fund。
 株式上場している投資信託で、原則的にベンチマーク(日経平均株価やTOPIXなど)に連動することを目標としています。この目標価額を「基準価額」と呼びます。
 ETFには、国内ETFと海外ETFがあります。国内の株式市場で取引されるETFを国内ETF、海外の株式市場で取引されるETFを海外ETFと呼びます。証券会社によっては海外ETFを取り扱っているところもあります。
 

ETFのメリット

 ETFには様々なメリットがあります。
  • 信託報酬(保有コスト)が格安。一般的にはインデックスファンドより安くなる。
  • 上場しているので売買しやすい。
  • 少ない資金で分散投資が可能。ベンチマークを目標としているので、1つの投資信託で市場全体に分散投資していることになる。
  • ベンチマークを目標としているので、必ずしも投資先に対する専門知識を必要とせず、手間がかからない。
  • 信用取引が可能。(除.海外ETF)
  • 信用取引の担保として差入可能。(除.海外ETF)
  • 貸株サービスの対象となる場合がある。(除.海外ETF)
 

ETFのデメリット

 デメリットもあります。
  • 基準価額と実際の取引額との乖離が生じる場合がある。
  • 取引数が少ないETFの場合、売却しようとしても取引が成立しない場合がある。
  • 商品ごとにリスクが異なる。価格変動リスクや為替リスク、流動性リスクなどの諸リスクについて、事前に調べておく必要がある。
  • 毎月自動的に積み立てることができない。
  • 配当を自動的に組み入れることができない。(複利効果なし)
  • 株式と同等の売買手数料が必要となる。(除.海外ETF)
  • 海外ETFの場合、特定口座に対応しておらず、確定申告が必要。
 

インデックスファンドの違い

 「ベンチマークへの連動を目指す投資信託」という点で、ETFはインデックスファンドと似ていますが、もちろん相違点もあります。
 
項目インデックスファンド国内ETF海外ETF
取引時間原則1日1回株式市場にてリアルタイム
価格基準価額のみ成行注文や指値注文が可能
取引手数料原則必要(*1)原則必要(*2)必要
信託報酬安い非常に安い
分配金自動的に再投資が多い再投資されない
自動積立可能不可
信用取引不可可能不可
特定口座可能可能不可
(*1) ノーロードのインデックスファンドの場合は手数料が無料。
(*2) カブドットコム証券「フリーETF」や楽天証券「0 ETF」の場合は手数料が無料。
  

海外ETFとは

 海外の株式市場で取引されるETF。国内ETFに比べて、バリエーションの多彩さが最大のメリットです。
 
 世界的な分散投資に最適である、代表的な海外ETFを列挙します。いずれも少ない資金&低コストで投資可能であり、世界的に評価が高いETFです。
コードファンド名信託報酬(税抜)備考
VTバンガード・トータル・ワールド・ストック・マーケットETF0.1%全世界株式
TOKiシェアーズ MSCI コクサイ ETF0.25%日本を除く先進国株式
VWOバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF0.14%新興国株式
 
 海外ETFを購入するには、取り扱っている証券会社において口座開設をする必要があります。
 例えば米国市場に上場しているETFであれば、証券会社の総合口座に加え、米国市場取引口座を開設する必要があります。その上で、現地通貨(米国市場ならばドル)を入金します。

 以下、海外ETFの取扱いの多いネット証券3社の海外ETF比較一覧表となります。

項目楽天証券マネックス証券SBI証券
手数料約定代金の0.45%(税抜)
最低手数料5.4米ドル
最大手数料21.6米ドル
 
 ネット証券3社とも取引コストが安いので、世界的な分散投資を検討している場合、口座開設すべき証券会社の一つと言えます(※SBI証券は2016年8月8日より改定。楽天証券は2017年9月25日より改定)。

 海外ETFについては日本円を米ドルに両替して購入する必要があるので、取引手数料とは別に為替コストがかかります。ネット証券3社の中では、SBI証券の為替コストの安さは群を抜いています。

おすすめの資産運用記事

SBI証券:米ドルに両替する4つの方法(海外株式や米国債の購入)
 最速資産運用 ma-bank.net
証券会社において海外株式(含.海外ETF)や米国債等を購入するには、手持ちの日本円を外貨に両替する必要があります。 その際、為替手数料(スプレッ.. (2018/04/27更新)

収益率(幾何平均)・リスク(標準偏差)・相関関数(相関係数)

SMTインデックスシリーズの各投資信託の実績値より資産別に算出しています。(期間:2009/02~2019/1)

収益率(幾何平均) (2009/02~2019/1)

※収益率(幾何平均):パフォーマンス実績。数値が大きいほど良好。幾何平均収益率。
資産通算~2010/1~2011/1~2012/1~2013/1~2014/1~2015/1~2016/1~2017/1~2018/1~2019/1
先進国株式13.59%37.28%7.87%-8.83%39.65%30.68%23.36%-6.53%12.48%19.96%-6.69%
新興国株式10.68%76.48%11.65%-15.77%28.87%0.56%21.58%-22.5%20.59%32.96%-15.09%
国内株式8.85%15.41%2.58%-15.49%26.95%31.86%17.62%2.62%8.15%22.83%-13.08%
先進国債券4.33%9.96%-7.73%-0.99%25.15%13.54%14.69%-0.57%-8.05%4.35%-2.21%
新興国債券5.02%25.39%2.7%-1.91%28.54%-3.48%13.08%-15.73%4.94%11.17%-6.32%
国内債券1.58%1.46%1.46%2.18%1.59%2.09%3.06%1.91%0.79%0.15%1.13%
先進国REIT14.84%45.16%15.67%-0.6%41.7%11.95%48.66%-9.32%3.24%0.47%7.79%
国内REIT11.94%7.87%28.88%-19.95%53.02%24.87%29.71%-2.87%6.61%-1.85%10.17%

リスク(標準偏差) (2009/02~2019/1)

※リスク(標準偏差):リターン実績の変動幅。数値が大きい=変動幅が大きい=不確実性が高い
資産通算~2010/1~2011/1~2012/1~2013/1~2014/1~2015/1~2016/1~2017/1~2018/1~2019/1
先進国株式18.06%5.14%6.63%6.25%5.59%4.1%3.55%5.69%5.04%1.26%5.14%
新興国株式20.85%7.14%6.41%8.04%6.36%5.24%2.98%6.05%4.75%1.15%5.31%
国内株式17%4.85%5.4%3.81%6.46%5.14%2.63%5.68%5.1%1.68%4.78%
先進国債券8.88%3.08%2.71%2.09%3.31%2.63%2.56%1.11%2.98%1.12%1.45%
新興国債券12.62%3.29%3.79%4.3%4.49%4.24%2.49%3.26%3.37%1.18%3.23%
国内債券1.65%0.43%0.6%0.24%0.25%0.62%0.3%0.45%0.84%0.28%0.33%
先進国REIT19.71%10.06%6.21%6.35%4.39%4.52%2.79%4.49%4.89%2.97%4.71%
国内REIT17.19%7.02%4.81%2.48%4.76%9.68%2.26%2.82%2.34%2.26%2.16%

相関関数(相関係数) (2009/02~2019/1)

※相関関数(相関係数):資産間の関連度を表す指標。範囲は「-1」(正反対の動き)~「1」(同一の動き)。「0」は関連が薄い。
資産先進国株式新興国株式国内株式先進国債券新興国債券国内債券先進国REIT国内REIT
先進国株式10.860.790.650.75-0.350.790.38
新興国株式0.8610.670.550.85-0.280.660.35
国内株式0.790.6710.530.63-0.360.60.52
先進国債券0.650.550.5310.68-0.280.460.22
新興国債券0.750.850.630.681-0.20.650.36
国内債券-0.35-0.28-0.36-0.28-0.21-0.120.18
先進国REIT0.790.660.60.460.65-0.1210.36
国内REIT0.380.350.520.220.360.180.361

最速資産運用:人気ページランキング もっと見る

更新履歴

フリーETF(上場投資信託)比較
フリーETF(上場投資信託)比較 (*2015年版)
フリーETF(上場投資信託)比較 (*2016年版)
フリーETF(上場投資信託)比較 (*2017年版)
フリーETF(上場投資信託)比較 (*2018年版)

関連する資産運用情報

金融株式カテゴリ

世界分散ファンド(ノーロード投資信託)比較
世界分散ファンド(ノーロード投資信託)を信託報酬順に一覧比較。長期運用に最適なアセットアロケーションを簡単シミュレーション。分散投資やポートフォリオ、インデックスファンド、ETFの活用法。
ノーロードのインデックスファンド比較
ノーロードのインデックスファンドを信託報酬順に一覧比較。分散投資や長期運用に最適なインデックス投信を簡単シミュレーション。メリットやデメリット、ETFとの違い等。
株式投資とは
株式投資について解説。取引手数料が条件付きで無料になる証券会社や信用取引、株式投資信託、転換社債について。
投資信託とは
投資信託について。仕組みや選び方、ランキング、毎月分配型ファンド、エマージングファンド、ヘッジファンドなど。

税金相続カテゴリ

退職金の税金
退職金の税金や支給実態(民間・公務員)、相場、支給方法、退職金専用の定期預金等についても情報提供中。
関連する無料オンラインソフト
FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
FXのロスカットレートや為替差損益、スワップ損益などをオンラインでシミュレーション。20前後のFX会社のロスカットやスプレッド・追加証拠金も一括して自動計算。
FX両建てスワップ裁定取引計算ソフト
FX業者間のスワップ差を利用した裁定取引(アービトラージ。サヤ取り)を自動計算。豪ドル/円,カナダドル/円,スイスフラン/円,ユーロ/円,英ポンド/円,NZドル/円,米ドル/円,南アランド/円。
FP技能士6係数:一括計算ソフト
FP技能士6係数(終価係数/現価係数/年金終価係数/減債基金係数/年金現価係数/資本回収係数)を一括計算。積立運用や取崩返済等の具体例や将来価値(FV)/現在価値(PV)/毎年支払額(PMT)との関係も解説。
外貨預金FX損益分岐チェッカー
外貨預金の損益分岐点や実質利回り(金利+為替コスト)を計算。同条件でFX取引するケースやFXで為替リスクをヘッジするケースを自動計算します。
DCF法の計算式
ディスカウント・キャッシュフロー法を使って、不動産や株式の収益から資産価値を簡易評価します。
参考先リンク
ノーロード投資信託~手数料無料投信ガイド noload.558110.info
ノーロード投資信託を徹底ガイドしています。投資家が本当に得をするための、手数料無料投信ガイドです。
ETFの森 558110.info
国内&海外ETF(上場投資信託)購入ガイド
わたしのインデックス myindex.jp
『インデックス投資』をゼロから学べるコンテンツと、実際の投資に役立つETFやインデックス情報を提供

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。よくある質問もお読み下さい。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
証券関連ランキング
信用格付け一括比較
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. MVNO/格安SIM比較ランキング  294
4. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  5
5. 個人年金保険の返戻率比較ランキング一覧  1
人気ページを見る
お勧めキャンペーン
 SBI FXトレード
終了日未定 [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
リクルートカード
残り3日! [金融株式]
*最大10,000ポイントをプレゼント中
 マトリックストレーダー
残り6日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にキャッシュバック中
 パートナーズFX
残り6日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
リクルート スタディサプリ「小学講座」
残り37日! [節約お得]
*キャッシュバック2,000円
お勧めキャンペーンを見る
[スポンサーリンク]
厳選マネー情報
*投資利回り一括比較
投資額:万円
もしもの時にもらえるお金
資産運用お勧めベスト3
1.3のつく日はファミマTカード利用で3%還元(来年2/23まで)
2.年1.8%の定期預金(ただし1ヶ月もの&証券口座連携)|野村信託銀行
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  14
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. 保険返戻金の年利計算ソフト
4. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
5. FX両建てスワップ裁定取引計算ソフト  1
無料ソフト一覧を見る
[PR]証券口座開設
新着ページ RSS
02/22 厳選ふるさと納税お得キャンペーン
02/19 格安マネージドサーバ比較ランキング
02/19 ノーロードのインデックスファンド比較
02/18 金融機関ランキング(顧客満足度分析)
02/15 ネット定期預金(1年)の金利比較ランキング
新着ページを見る
関連ブログ記事
02/19 Smart-iとeMAXIS Slimの信託報酬引下げ合戦が熱い
02/12 投信市場は絶好調(ただし国内株式を除く)|ノーロードファンド動向(2019年2月)
01/19 年1%の定期預金(ただし投信積立とセット&3ヶ月もの100万円限定)
01/16 前月に続き世界的に株式が壊滅的&国内REITが絶好調|ノーロードファンド動向(2019年1月)
12/29 トラノコ口座開設で2,000円をもらう(ドコモ口座限定)
関連ブログ記事を見る
資産運用ブログ
02/22 楽天ふるさと納税が超ポイントバック祭で更にお得(2/24まで)
02/22 Amazonで初めてのd払いで14%以上還元(ドコモユーザー限定。2/28まで)
02/22 d払い(ネットのお店)で10%以上還元(2/28まで)
02/21 Google Playで30%以上還元(ドコモユーザー限定。2/28まで)
02/21 Google Play ギフトカード購入で5%還元(ミニストップ。3/3まで)
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約/節税
老後/介護
お得/プチリッチ
結婚/子育て
マイホーム
アクセス数
今日:1,074
昨日:5,103
ページビュー
今日:2,898
昨日:15,277
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動