お得な贈与相続

相続税や贈与税。贈与税を利用した節税方法、法人やジュニアNISAを利用した贈与、お得な贈与方法について解説。
【カテゴリ】税金相続  【ステップ】4. 守る
【最終更新】(※情報登録:2011/07/01)
[スポンサード リンク]

相続

 相続(遺贈)により取得した財産等が、基礎控除額を超える場合にかかる税金。債務は控除され、相続開始前3年以内の贈与財産は加算されます。
【2015年1月1日以後に被相続人が死亡した場合】
課税所得税率
1,000万円以下10%
1,000万円超 3,000万円以下15%
3,000万円超 5,000万円以下20%
5,000万円超 1億円以下30%
1億円超 2億円以下40%
2億円超 3億円以下45%
3億円超 6億円以下50%
6億円超55%

贈与税

 個人から財産をもらったときにかかる税金。法人から財産をもらったときには所得税(+住民税)が課税されます。
【2015年1月1日以後に贈与した場合】
課税所得税率
200万円以下10%
200万円超 300万円以下15%
300万円超 400万円以下20%
400万円超 600万円以下30%
600万円超 1,000万円以下40%
1,000万円超 1,500万円以下45%
1,500万円超 3,000万円以下50%
3,000万円超55%

贈与税を利用して節税

 年110万円以下ならば贈与税は不要。ただし、実際に贈与が行われたかを証明するものがないと、税務署が認めないケースもあります。よって、書面を作成したり、銀行口座を通すなどの作業が必要となります。子供や孫への年80万円までの贈与ならば、後述するジュニアNISAの利用がお勧めです。
 より確実なのは、税務署に贈与税を申告して納税することです。これならば証拠が確実に残ります。

 相続税や贈与税の最高税率が55%なので、考えられる最良の節税パターンは以下の2つです。
  1. 年111万円を贈与
  2. 年310万円を贈与
 贈与税の最低税率は10%。基礎控除(110万円)後の課税価格が200万円までが対象なので、年310万円までの贈与については最低税率が適用されます。
  1. 年111万円の贈与税額: 1,000円(=(111万円-110万円)×10%)
  2. 年310万円の贈与税額: 20万円(=(310万円-110万円)×10%)
 このような贈与を10年、20年と続けることにより、資産家にとっては相続税の負担額が劇的に減少する効果があります。

法人から財産をもらって節税

 贈与税がかかるのは「個人」から財産をもらう場合です。「法人」から財産をもらう場合は、所得税+住民税が課税されます。この場合、納税者にとって有利な一時所得が適用されます。
 例えば、1,000万円の贈与を受けたケース。
  1. 個人から贈与の税額(贈与税): 231万円(=(1,000万円-110万円)×40%-125万円)
  2. 法人から贈与の税額(所得税+住民税): 897,000円(=(1,000万円-50万円)÷2×20%-427,500円 + (1,000万円-50万円)÷2×10%-10万円)
※法人からの贈与については、給与所得など他の所得が0で計算していることに注意

 仮に所得税最高税率で計算されたとしても、一時所得の場合は課税標準が2分の1になるので、個人からの贈与より有利になることが多いように思われます。

 ただし、役員や従業員をつとめる法人から財産を受け取る場合は注意が必要です。法人からの贈与(一時所得)ではなく、給与所得として扱われる可能性が高くなります。しかも役員であれば、法人側では役員賞与になるので、更に不利になります。

家族間の金銭貸借に注意

 金銭貸借をする場合、借用書を交わしたり、利子のやり取りをするのが一般的ですが、例外的に家族間の場合、口約束だけというケースもあるかと思われます。
 一時的な金銭貸借であれば、さほど問題にはなりませんが、これが長期間に渡ると、贈与と認定され、多額の贈与税が課税されることもあります。
 贈与認定を避けるためには、最低でも借用書の作成が必要となります。家族間だからと言って、面倒くさがらずに金銭貸借の証拠を残しておきましょう。

ジュニアNISAを利用して贈与税を節税

 2016年4月から投資可能になったジュニアNISAを利用することで、20歳未満の子供や孫への贈与を確実に実行できます。
ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)とは
 最速資産運用 ma-bank.net
ジュニアNISAの特徴・メリットやデメリット、非課税口座の廃止と再開設、贈与などの活用方法、NISAとの比較について。 (2016/06/20更新)

 ジュニアNISAの手順は以下の通りです。
  1. 親権者等(親や祖父母)が口座を開設する。
  2. 親権者等が口座開設者(子供や孫)に資金を贈与する。
  3. 口座開設者がジュニアNISA口座に入金する。

 上記2.ですが、まず親権者等は口座開設者の銀行口座や証券口座に入金します。その後、上記3.の通り、ジュニアNISA口座に振り替える必要があります。親権者等がジュニアNISA口座へ直接資金を移動することは認められていません。
 特に毎月積み立てする場合など、手続きが煩雑になりますが、このような厳格な手続きを踏むことで、贈与税における課税上の争いを回避することができます。

 ジュニアNISAの注意点としては、定期預金や国債、社債、公社債投資信託等が非課税対象でないことに加え、購入もできないことです。
 そこで、子供に贈与したいけれども、リスク性資産での運用を望まない場合、ジュニアNISA口座と同時開設される「課税ジュニアNISA口座(課税未成年口座)」に、預り金としてキープし続けることをお勧めします。原則的に、この場合も子供が18歳になるまで引き出すことはできません。

 贈与税についても、一つ注意すべきことがあります。
 ジュニアNISAの非課税枠は年80万円です。この年80万円とは別に年30万円以上の贈与があれば、贈与額が年110万円を超えるので、贈与税の納税義務が生じます。この場合、忘れずに申告する必要があります。

お得な贈与

 贈与にも数少ないながら特例があります。 婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産の贈与が行われた場合、配偶者控除(最高2,000万円)が認められます。
 また、父母や祖父母から住宅取得等資金の贈与を受けた場合、要件を満たしていれば一定額の贈与税が非課税となります。耐震・エコ住宅については非課税限度額が増えるので有利です。増改築についても対象となります(適用期間は平成31年6月30日まで)。

最速資産運用:人気ページランキング もっと見る

更新履歴

お得な贈与相続
お得な相続贈与 (*2011年版)
お得な相続贈与 (*2013年版)
お得な贈与相続 (*2015年版)

関連する資産運用情報

会社経営カテゴリ

法人の節税
法人の節税方法や社会保険料の極小化について。
資産管理会社とは
資産(有価証券や不動産)管理会社の節税メリットやデメリット(費用負担)、個人事業主と法人の比較、相続税対策、設立コスト、ふさわしい会社形態などについて。

税金相続カテゴリ

ふるさと納税・お得な寄付
実質2,000円の負担で全国各地の特産品がノーリスクでもらえる「ふるさと納税」を中心に、所得税の寄附金控除・個人住民税の寄附金の税額控除について解説。
関連する無料ソフト
加算税・延滞税の計算
加算税と延滞税を同時計算。修正申告や国税局や税務署による更正等で役立つ便利ツール。
ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
自己負担2000円で全国各地の特産品がもらえる「ふるさと納税」の目安(控除限度額)を簡単計算シミュレーション。株式投資やFX等の分離課税にも対応。計算方法や詳細な計算式も確認できます。
所得税延納にかかる利子税の最適化ソフト
所得税延納時の利子税を自動計算。延納届出額を調整して利子税を極小化。コンビニのバーコード付納付対策に最適。
税金社会保険計算ソフト
税金・社会保険の支払額(所得税額や都道府県民税の所得割額、厚生年金保険料など)をオンラインで同時にシミュレーションします。
遺産相続税診断ソフト
死亡時の遺産と相続税に加え、遺族のライフプランについてオンラインでシミュレーションします。
法人税額計算&個人事業比較ソフト
法人税や事業税等を簡単計算。個人事業での税金や役員報酬で受け取った場合と比較するので、起業・法人成り・資産管理会社を利用した節税検討に最適。
参考先リンク
土地活用の税金・相続関連コラム All About allabout.co.jp
土地相続時の税金対策や、賃貸住宅経営に必要な税金・法律の基礎知識
贈与税|タックスアンサー 国税庁 www.nta.go.jp
贈与と税金、夫婦間の居住用不動産の贈与、住宅取得資金の贈与、 親子間の土地の無償使用、相続時精算課税

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
投資利回り一括比較
*投資額を入力するだけ!
万円
資産運用お勧めベスト3
1.SBJ銀行2年定期が年0.8%(新規限定&100万円まで)
2.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る
[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. MVNO/格安SIM比較ランキング  298
4. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  4
5. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
人気ページを見る
お勧めキャンペーン
 パートナーズFX
残り9日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
@nifty NifMo 音声通話対応SIMカード 13GBプラン
残り9日! [節約格安]
*キャッシュバック15,100円
エキサイトモバイル 最適プラン 100MB(3枚コース)
残り10日! [節約格安]
*キャッシュバック7,000円
Yahoo! JAPAN カード
残り13日! [金融株式]
*最大10,000ポイントをプレゼント中
BIGLOBEモバイル データSIM タイプD 3ギガプラン
残り42日! [節約格安]
*キャッシュバック3,600円
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  13
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
4. FX両建てスワップ裁定取引計算ソフト  1
5. 投資利回りランキング一括比較ツール
無料ソフト一覧を見る
[PR]税理士相談
新着情報 RSS
10/18 格安マネージドサーバ比較ランキング
10/16 ネット定期預金(1年)の金利比較ランキング
10/16 定期預金(1年)の金利比較ランキング
10/13 SIMフリースマホ比較
10/13 MVNO/格安SIM比較ランキング
新着情報を見る
資産運用ブログ
10/21 住宅ローン&定期貯金で借入利息をキャッシュバック!
10/20 アディーレ法律事務所の広告不当表示と業務停止の妥当性
10/19 LINEショッピングでポイント消化を兼ねて500ポイントもらう
10/19 貯蓄ゼロ世帯30%の投資先
10/18 さくらインターネットが無料SSL証明書の簡単設置に対応
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:1,125
昨日:3,985
ページビュー
今日:5,076
昨日:14,761
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動