【お知らせ】本サイトにおける消費税の取扱いについて(2019-10-01)

エンジェル税制とは

エンジェル税制の優遇措置、適用対象企業(ベンチャー企業)の要件、個人投資家の要件、エンジェル税制の手続きや注意点等について。
【カテゴリ】会社経営
【最終更新】(※情報登録:2016/08/24)
[スポンサーリンク]

エンジェル税制とは

 エンジェル税制とは、ベンチャー企業に投資した個人投資家に対する税制優遇措置で、ベンチャー企業への投資を促進する政策減税です。起業の増加と日本経済の活性化が期待されます。
 

エンジェル税制のメリット(優遇措置)

A. 投資時

 ベンチャー企業へ投資した年に受けられる優遇措置は、以下のいずれかとなります。いずれも対象は所得税のみです。
  • 優遇措置A:寄附金控除(*ベンチャー企業への投資額-2,000円)
  • 優遇措置B:他の株式譲渡益から控除
 優遇措置Aの投資額の上限は、①総所得金額×40%と、②1,000万円のいずれか低い方になります。なお、優遇措置Bは投資額全額が対象となります。

B. 売却時

 ベンチャー企業株式を売却して損失が出た場合、その年に受けられる優遇措置は以下の通りです。適用を受けるのは所得税と住民税で、ベンチャー企業が未上場の場合に限ります。
  • 損失を他の株式譲渡益と損益通算が可能。
  • 損失を翌年以降3年間に渡って繰越が可能。
 なお、上記「A. 投資時」に優遇措置を受けた場合、所得税の申告においては調整が必要で、その控除額を取得価額から差し引きます(みなし取得価額)。この場合に注意したいのが住民税の申告です。住民税では「A. 投資時」の優遇措置を受けていないので、取得価額の調整は不要となるので、その旨を各市役所等に伝える必要があります。
 

適用対象企業(ベンチャー企業)の要件

1. 中小企業に該当するか?

 資本金又は従業員数のどちらかの要件を満たしていれば中小企業に該当します。
業種資本金の上限従業員数の上限
ゴム製品製造業3億円900人
製造業・建設業・運輸業・その他の業種3億円300人
ソフトウェア業、情報処理サービス業3億円300人
卸売業1億円100人
旅館業5,000万円200人
サービス業5,000万円100人
小売業5,000万円50人
 

2. 新規性要件を満たすか?

A. 優遇措置A
 直近の営業キャッシュフローが赤字で、かつ、以下のいずれかの要件を満たしていればベンチャー企業(優遇措置A)に該当します。なお、最初の事業年度が未経過の場合、要件は研究者等のみです(直近の営業キャッシュフローは不要)。
設立経過年数研究者等試験研究費等
1年未満研究者等(*注2)が2人以上で常勤社員の10%以上
1年以上2年未満新事業活動従事者(*注1)が2人以上で常勤社員の10%以上収入の3%超
2年以上3年未満
*「2年以上3年未満」は「売上高成長率が25%超」&「直近の営業キャッシュフローが赤字」でもOK
B. 優遇措置B
 以下のいずれかの要件を満たしていればベンチャー企業(優遇措置B)に該当します。
設立経過年数研究者等試験研究費等
1年未満研究者等が2人以上で常勤社員の10%以上
1年以上2年未満新事業活動従事者(*注1)が2人以上で常勤社員の10%以上収入の3%超
2年以上5年未満
5年以上10年未満収入の5%超
*「2年以上5年未満」は「売上高成長率が25%超」&「直近の営業キャッシュフローが赤字」でもOK
新事業活動従事者(*注1)
新事業活動従事者(*広告宣伝や市場調査の企画の実施者)
研究者等(*注2)
研究者(*試験研究費等に含まれる支出)あるいは新事業活動従事者

3. 株主要件等を満たしているか?

 ベンチャー企業は以下の全ての株主要件を満たす必要があります。
  1. 「特定の株主グループ」の保有株数の合計が6分の5を超えないこと。
  2. 「大規模法人グループ」の所有に属さないこと。
 上記1.の「特定の株主グループ」とは30%以上を保有する株主(及びその親族等)を指します。なお、50%超を保有する株主グループがある場合、その株主グループの保有数が6分の5を超えなければ要件を満たします。
 上記2.は50%超を一つの「大規模法人グループ」に保有されていないこと、及び、3分の2以上を複数の「大規模法人グループ」に保有されていないことを指します。

 この他に、未上場の株式会社で風俗営業等を行なわないことも要件となっています。
 

個人投資家の要件

 個人投資家(エンジェル投資家)は以下の全ての要件を満たす必要があります。
  1. 金銭の払込により株式を取得していること。
  2. 所有割合が大きいものから第3位までの株主の所有割合を順に加算し、その割合がはじめて50%超になる時の株主に属していないこと。
 上記1.については、他人から譲り受けた株式や、現物出資で取得した株式は対象となりません。実際に金銭を払い込む必要があります。
 上記2.の適用があるのは、ベンチャー企業が同族会社の場合に限ります。同族会社でない場合、上記2.の適用はありません。なお、同族会社とは、3人以下の株主(及びその親族等)が、50%超を保有している会社を指します。
 

エンジェル税制の手続き

 エンジェル税制の所轄庁は中小企業庁(経済産業省)、受付窓口は都道府県であり、以下のような手続きが必要となります。
 

1. 事前確認制度を利用するケース

  1. ベンチャー企業は都道府県へ事前確認申請する。
  2. 都道府県知事はベンチャー企業へ事前確認書を交付する。
  3. ベンチャー企業は個人投資家へ事前確認書を提出する。
  4. ベンチャー企業は都道府県へ確認申請する。
  5. 都道府県知事はベンチャー企業へ確認書を交付する。
  6. ベンチャー企業は個人投資家へ確認書を提出する。
  7. 個人投資家は確定申告時に税務署へ確認書を提出する。
 上記1.は適用対象企業か否かを、上記4.は投資が行われたことか否か等を、それぞれ確認するためのものです。
 上記2.と上記5.は、それぞれ交付まで最低2週間程度要することに注意が必要です。
 

2. 事前確認制度を利用しないケース

  1. ベンチャー企業は都道府県へ確認申請する。
  2. 都道府県知事はベンチャー企業へ確認書を交付する。
  3. ベンチャー企業は個人投資家へ確認書を提出する。
  4. 個人投資家は確定申告時に税務署へ確認書を提出する。
 上記1.は、適用対象企業か否か、投資が行われたことか否か等を確認するためのものです。
 上記2.は、交付まで最低2週間程度要することに注意が必要です。
 

3. 事前確認制度のメリットとデメリット

 事前確認制度のメリットは以下の通りです。
  1. ベンチャー企業は個人投資家に対してエンジェル税制適用対象企業であることを説明できる。
  2. 中小企業庁のホームページで会社名等が公表される。
 事前確認制度のデメリットは以下の通りです。
  1. 申請手続きが2回必要なので事務負担が増える。
  2. 申請手続きが2回必要なのでスケジュールがタイトになる。
 

エンジェル税制の注意点

 エンジェル税制には、いくつか注意点があります。
  1. 申請から交付まで最低2週間程度かかる。
  2. 投資時の優遇措置は所得税のみに適用される。
  3. 売却時の所得税を考慮すると、かえって納税額が増える可能性がある。
 上記1.は、事前確認制度を利用しない場合です。事前確認制度を利用する場合、事前確認申請と確認申請の2回必要なので、最低4週間程度かかることになります。
 上記2.については、投資時の優遇措置はAもBも所得税だけで、住民税には適用されません。そのため節税効果は限定的となるだけなく、売却時の優遇措置を受ける際に所得税の「みなし取得価格」が住民税の計算においても適用されてしまう可能性があります。
 上記3.は、投資時の優遇措置を適用した場合、売却時における所得価格がその分減ります。よって、ベンチャー企業株式を売却して利益が出た場合には、納税額が増える可能性があります。

エンジェル税制のご案内|中小企業庁
www.chusho.meti.go.jp/keiei/chiiki/angel/index....
事前確認制度の概要および確認企業一覧|中小企業庁
www.chusho.meti.go.jp/keiei/chiiki/angel/compan...

おすすめの資産運用記事

エンジェル税制の最適化
blog

 最速資産運用 ma-bank.net 2016/08/24更新

エンジェル税制の存在自体は以前から知っていたのですが、様々な理由によりあまりメリットを感じていませんでした。ところが、起業とはやエンジェル税制とはの..

最速資産運用:人気ページランキング もっと見る

更新履歴

関連する資産運用情報

関連する無料オンラインソフト
経営セーフティ共済の前納減額金の年利計算ソフト
経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)の前納減額金の年利を簡単計算。利回りを極大化する納付方法を自動表示。
法人税額計算&個人事業比較ソフト
法人税や事業税等を簡単計算。個人事業での税金や役員報酬で受け取った場合と比較するので、起業・法人成り・資産管理会社を利用した節税検討に最適。
事業計画シミュレーションソフト
起業家・会社経営者向け。資金繰りをオンラインでシミュレーションします。
参考先リンク
エンジェル税制(ベンチャー企業投資促進税制)のご案内 経済産業省 www.meti.go.jp
ベンチャー企業への投資を促進するためにベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度

同じカテゴリの資産運用情報

社団法人とは (2019/07/31 更新)
一般社団法人の特徴や利点、欠点について。非営利型法人や一般社団法人と公益社団法人の違い。
財団法人とは (2019/07/31 更新)
一般財団法人の特徴や利点、欠点について。非営利型法人や一般財団法人と公益財団法人の違い。
NPO法人とは (2019/07/31 更新)
NPO法人の特徴や利点、欠点について。NPO法人の活動分野。
経営セーフティ共済とは (2019/07/25 更新)
経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)の賢い活用法を具体的に解説。優遇された掛金の前納制度(前納分も損金算入・前納減額金)等。
エンジェル税制とは (2019/06/28 更新)
エンジェル税制の優遇措置、適用対象企業(ベンチャー企業)の要件、個人投資家の要件、エンジェル税制の手続きや注意点等について。
法人の節税 (2019/03/19 更新)
法人の節税方法や社会保険料の極小化について。
資産管理会社とは (2019/03/19 更新)
資産(有価証券や不動産)管理会社の節税メリットやデメリット(費用負担)、個人事業主と法人の比較、相続税対策、設立コスト、ふさわしい会社形態などについて。
同族会社の節税:役員報酬と選択制確定拠出年金 (2018/02/22 更新)
役員報酬や事前確定届出給与、選択制確定拠出年金(企業型401K)を使った節税と社会保険の削減を具体的に解説。同族会社の資金繰り改善に。
小規模企業共済とは (2018/02/20 更新)
小規模企業共済の賢い活用法を具体的に解説。優遇税制、優遇された掛金の前納制度、低利の貸付制度、デメリット等。
起業とは (2016/08/24 更新)
事業計画や資金調達、会社の種類、登記・定款、個人事業との比較。
資金繰りとは (2016/02/25 更新)
資金繰り表の作り方や、資金繰り計画、資金繰り改善方法等について。資金繰り表テンプレート(エクセル)を無料ダウンロード。
合同会社とは (2014/01/28 更新)
合同会社の特徴や利点、欠点について。合資会社や合名会社との比較。
株式会社とは (2010/08/25 更新)
株式会社の特徴や利点、欠点について。
特定目的会社とは (2010/08/25 更新)
特定目的会社の特徴や利点、欠点について。SPCとTMKの違い。
有限責任事業組合とは (2010/08/25 更新)
有限責任事業組合の特徴や利点、欠点について。
会社経営とは (2010/05/12 更新)
会社経営で一番大切なことは「資金繰り」。本業での稼ぎ方にはいくつかチェックポイントがある。顧客及び見込み客に対しては「スピード」と「リピート」が大事。

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。よくある質問もお読み下さい。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2019/10/01)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
厳選マネー情報
*投資利回り一括比較
投資額:
もしもの時にもらえるお金
資産運用お勧めベスト3
1.FP1級おすすめ! 消費税10%増税対策11選
2.FP1級おすすめ! QRコード決済キャンペーン比較
3.ポイント還元制度の決済サービス比較
最新ベスト10を見る
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年以内)金利比較ランキング  8
2. 銀行格付け比較ランキング  5
3. 保険会社比較ランキング(格付/売上/利益)  5
4. MVNO/格安SIM比較ランキング  296
5. 個人年金保険の返戻率比較ランキング  1
人気ページを見る
お勧めキャンペーン
 SBI FXトレード
終了日未定 [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
 マトリックストレーダー
残り16日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にキャッシュバック中
 パートナーズFX
残り46日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
リクルート スタディサプリ「小学講座」
残り46日! [節約お得]
*キャッシュバック2,000円
リクルート スタディサプリ「中学講座」ベーシックコース
残り46日! [節約お得]
*キャッシュバック2,000円
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. 加算税・延滞税の計算  1
2. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  15
3. FX両建てスワップ裁定取引計算ソフト  1
4. 保険返戻金の年利計算ソフト  1
5. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト  1
無料ソフト一覧を見る
[PR]税理士相談
新着ページ RSS
10/15 ネット定期預金(1年以内)金利比較ランキング
10/15 定期預金(1年以内)金利比較ランキング
10/12 FP1級おすすめ! 厳選ふるさと納税キャンペーン
10/11 米国債購入手数料(為替スプレッド)ランキング
10/11 外貨預金(6ヶ月~1年)金利比較ランキング
新着ページを見る
資産運用ブログ
2019/10/15更新
blog
年2%の定期預金(ただし1ヶ月もの&つみたてNISA口座連携。来年3/31まで)|定期預金の金利動向(2019年10月)
2019/10/14更新
blog
プレイステーションストアカード5.5%以上還元(11/3まで)|ミニストップ
2019/10/13更新
blog
ドコモ口座で500円をもらう(京都銀行/千葉銀行/東邦銀行/広島銀行からの1万円入金が要件。10/31まで)
2019/10/12更新
blog
ふるさと納税:500円分プレゼント(10/31まで)|ふるなび初寄附
2019/10/11更新
blog
SBI FXαが米ドル/円のスプレッドを0.3銭に縮小|アメリカ国債動向(2019年10月:利回り1.658%)
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約/節税
老後/介護
お得/プチリッチ
結婚/子育て
マイホーム
アクセス数
今日:483uu
昨日:5,975uu
ページビュー
今日:981pv
昨日:16,146pv
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動