資産運用ブログ:ご意見ご要望&回答一覧

当サイトに寄せられたご意見ご要望と、それに対する回答の一覧です。随時ご意見ご要望を承っております。各ページの最下部にフォームを用意していますので、お気軽にご利用いただければ幸いです。
[スポンサード リンク]

資産運用ブログ:ご意見ご要望&回答一覧

P.1 P.2 P.3 P.4 P.5 P.6
2017/01/27回答分
 サイト利用者の方より、法人向けMVNO/格安SIM比較ランキングに関して以下のようなご指摘をいただきました。
JavaScriptが動いていないため、全ての機能が使えません。 (2017-01-24)
 確認したところ法人向けMVNO/格安SIM比較ランキングだけでなくMVNO/格安SIM比較ランキング等でも不都合があったので修正いたしました。ご指摘いただき、ありがとうございました。

 
2016/12/20回答分
 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご提案をいただきました。
その他の控除を、所得税と住民税で別々に入れられるようになりませんか。 (2016-12-20)
 ふるさと納税の控除限度額計算ソフトライフプラン・シミュレーションソフト等において対応いたしました。ご提案いただき、ありがとうございました。

 
2016/12/19回答分
 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご指摘をいただきました。
2chでこんな書き込みがありました。特定扶養控除(19-23歳)の住民税分の設定が間違っています。正しくは45万円ですが、ここのサイトだと58万円でシミュレーションされます。 (2016-12-18)
ふるさと納税シミュレータで、特定扶養控除の住民税適用分に誤りがあります。正しくは45万円ですが、シミュレーションでは58万円で計算されます。 (2016-12-18)
 ふるさと納税の控除限度額計算ソフトを修正いたしました。ご指摘いただき、ありがとうございました。

ふるさと納税の限度額を計算する時に使う所得税率は、所得税の課税所得額ではなく、住民税の課税所得額から決定されるようです。 www.city.katsuyama.fukui.jp/docs/page/index.php... 本ソフトは、所得税の課税所得額から計算しているようですが、ふるさと納税によって税率が変わる際の計算に微妙に影響すると思いますが、如何でしょう?(2016-12-18)
 確認したところ、その通りでした。ふるさと納税の控除限度額計算ソフトを修正いたしました。ご指摘いただき、ありがとうございました。

 
2016/12/14回答分
 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご指摘をいただきました。
株の収入を入れても ふるさと納税額に反映されてないようですが。。おかしくないですか?(2016-12-14)
 修正いたしました。ご指摘いただき、ありがとうございました。

 
2016/12/12回答分
 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご質問をいただきました。
収入1300万の者です。入力していくと、所得税率が23%で計算されるようですが、33%ではないでしょうか?ご確認いただけると助かります。 (2016-12-10)
 ご質問いただき、ありがとうございました。確かに、給与所得1,300万円で厚生年金の場合、ふるさと納税前の所得税率は33%となります。ただし、ふるさと納税後は、所得控除が増えて課税所得が900万円以下になるので、所得税率は23%となります。詳しくはふるさと納税の前後で所得税率が異なるケースをご確認ください。
【追記】先ほど確認したのですが、ふるさと納税の計算における「所得税率」は、所得税ではなく住民税の課税総所得金額によって決まります。上記回答は所得税の課税総所得金額における所得税率を採用しているため誤りです。申し訳ありません。なお、現在は再修正済みです。詳しくはふるさと納税における課税総所得金額の勘違いをご確認ください。(2016-12-19)

ご担当者 殿 ふるさと納税の控除限度額計算ソフトは正確でしょうか。間違ってはいませんか。(2016-12-12)
 正確であろうと努力していますし、可能な限り控除限度額の計算過程を公開していますが、間違っていないとは言い切れません。なお、具体的に指摘していただければ検証します。ご質問いただき、ありがとうございました。
ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
 最速資産運用 ma-bank.net
自己負担2000円で全国各地の特産品がもらえる「ふるさと納税」の目安(控除限度額)を簡単計算シミュレーション。株式投資やFX等の分離課税にも対応。計算方法や詳細な計算式も確認できます。 (2016/12/19更新)

 
2016/12/07回答分
 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご意見をいただきました。
ふるさと納税の限度額の計算で、例としてあった給与700万、分離1億円、計算結果にある145.1万円でふるさと納税したときの住民税額が大分異なります。4,180,200円となっています。試しに江戸川区の住民税計算ページでやってみてください。4,258,300円です。その差、8万円ほどです。自己負担額がその分増えてしまいます。つまり限度額はかなりずれていることになります。
その理由は、特例控除計算の大きな勘違いだと思われます。次のサイトのほうが住民税額までぴったり合います。参考にしてみてください。 kaikei7.com/blog-entry-2.html (2016-11-14)
 当サイトでは社会保険の入力がない場合、「国民年金&国民健康保険 68.0万円」で自動的に試算しています。おそらくこの「社会保険料控除68万円」が誤差8万円の原因だと思われます(社会保険を「0円」と入力することも可能です)。江戸川区の住民税計算ページ www.tax-asp.e-civion.net/tax-project/EdogawaMen... も確認しました。ご意見いただき、ありがとうございました。

 サイト利用者の方より、以下のようなご意見をいただきました。
とても参考になり、都度都度、拝見しています。ただ、動きがとても重いのなが、難点です。(2016-12-06)
 重くなる原因の一つは広告表示です。ページ表示を早くする努力をしていますが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。ご意見ありがとうございました。

 
2016/11/09回答分
 サイト利用者の方より、FXロスカット損益スワップ一括計算ソフトに関して以下のようなご投稿をいただきました。
FXロスカット損益スワップ一括計算ソフトに付いて質問したものです。
>自信がないのですが、損益後の純資産額だと思います。間違っていたらスミマセン。
ご回答が正解のようです。お手数かけました。良いサイト運営いただいて、ありがとうございます。 (2016-11-08)
 ご投稿いただき、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 
2016/11/08回答分
 サイト利用者の方より、FXロスカット損益スワップ一括計算ソフトに関して以下のようなご質問をいただきました。
こんにちは。FXロスカット損益スワップ一括計算ソフトを利用させていただいております。とても役に立っており、ありがとうございます。さて、本ソフトで、有効保有額(純資産額)を入力する部分ですが、以下どの金額を入れるのか教えていただければ幸いです。

◇入金額100万、100円で買を10ロット

ポジションを初めて持った時であれば、
・有効保有額(純資産額)=100万
・取引数量(Lot) 10
と、入力しますが、売買を重ねて、証拠金110万に増え、決済レートは、90円だとすると、純資産額99万に成ります。この場合、有効保有額(純資産額)を99万と入れるのか、証拠金の110万と入力して計算するのかご教示ください。分かりにくい質問ですみません。有効保有額(純資産額)を保有する証拠金額で入れるのか、損益後の純資産額で入れるのかということに成るかと思います。よろしくお願い致します。 (2016-11-06)
 質問いただき、ありがとうございました。自信がないのですが、損益後の純資産額だと思います。間違っていたらスミマセン。

 
2016/10/25回答分
 サイト利用者の方より、中学生の通信教育-費用比較ランキングに関して以下のようなご要望をいただきました。
はじめまして。中学生の通信添削講座を展開しております、「月→金添削ワンステップ」と申します。御社のページを拝見いたしまして、ぜひ当方のページを比較一覧に加えていただけないかと思いご連絡しております。不躾なお願いで恐縮ですが、ご検討頂けると幸いです。当講座は、生徒がテキストの問題を解き、スマホ等でその写真を撮り送信。当方で添削を実施し、添削済みの答案を画像で再度返信する、という形態で行っております。初期費用は、テキスト代として1教科2,800円。毎月の受講料は1教科3,800円です(中1~中3同一価格)。ご検討、どうぞ宜しくお願い申し上げます。 getsu-kin.net (2016-10-24)
 中学生の通信教育-費用比較ランキングに追加いたしました。情報を提供していただき、ありがとうございました。

 
2016/10/24回答分
 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご指摘をいただきました。
ふるさと納税の控除限度額計算ソフトを参考にさせていただいております。私は個人事業主で,給与収入を0円で入力していたのですが,「詳細な試算結果」を見ますと,このソフトでは給与収入が65万円未満の人は給与所得がマイナスになってしまいます。正しくは,給与収入が65万円以下の場合は,給与所得は(マイナスではなく)0円になるのではないかと思うのですが,いかがでしょうか。 (2016-10-23)
 はい、その通りです。ふるさと納税の控除限度額計算ソフトを修正いたしました。ご指摘をいただき、ありがとうございました。

 
2016/10/23回答分
 サイト利用者の方より、定期預金(1年)の金利比較ランキングに関して以下のようなご指摘をいただきました。
大阪厚生信用金庫のリンクが接続不可(not found)です。確認・処置を宜しくお願い致します。 (2016-10-22)
 定期預金(1年)の金利比較ランキングを修正いたしました。ご指摘をいただき、ありがとうございました。

 
2016/10/20回答分
 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご指摘をいただきました。
この指摘が合っているか不安なのですが、確認していただければと思います。
ふるさと納税の控除限度額計算ソフトで給与収入600万円、社会保険料54万円と入力した場合、「詳細な試算結果」の【住民税】寄付金の税額控除額 のロで所得税率が10.21%になっています。
 別ベージで紹介されている北海道HP( www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/zim/tax/furusa2.htm )によると、《正確には、地方税法第37条の2第2項第1号で規定する「地方税法第35条第2項に規定する課税総所得金額から地方税法第37条第1号イに掲げる金額を控除した金額」となります。この金額は、個人住民税の課税総所得金額から人的控除差調整額(人的な所得控除額は、個人住民税よりも所得税の方が大きく、その差額のことです。)を控除した金額のこと》と書いてあります。北海道HPが正しければ住民税339万円-調整額5万円=334万円となり、税率も20.42%、その結果、「ロとハのいずれか低い金額」も変わってくるのではないでしょうか!?(2016-10-19)
 ご指摘いただき、ありがとうございました。今回は ふるさと納税の前後で所得税率が異なるケース だと思われます。そのため【ふるさと納税の目安】においては「当初の所得税率(20.42%)と ふるさと納税後の所得税率(10.21%)が異なるので、自己負担2,000円に近づくよう再帰的に計算した」と表記しています。ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
【追記】先ほど確認したのですが、ふるさと納税の計算における「所得税率」は、所得税ではなく住民税の課税総所得金額によって決まります。上記回答は所得税の課税総所得金額における所得税率を採用しているため誤りです。申し訳ありません。なお、現在は再修正済みです。詳しくはふるさと納税における課税総所得金額の勘違いをご確認ください。(2016-12-19)


 
2016/10/06回答分
 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご指摘をいただきました。
(2016-10-03)にふるさと納税の控除限度額計算ソフトについて質問した者です。ご返答いただき誠にありがとうございます。前回の質問で申し上げた「自己負担額」とは、ふるさと納税:限度額の試算内訳に表示される
 1. 限度額の試算 (*8.5万円の負担増)
 *ふるさと納税155.6万円 - 減税147.1万円
の8.5万円のことです。ここが2千円になるはずでは?と思っております。
上記の例では、給与年収700万、株収入1億円、控除等なし、で試算しております。よろしくお願いいたします。(2016-10-04)
 具体例を出していただいたおかげで原因が分かったのでふるさと納税の控除限度額計算ソフトを修正しました。ご指摘いただき、ありがとうございました。
【追記】修正すべき個所を間違えていました。申し訳ありません。なお、現在は再修正済みです。詳しくはふるさと納税における課税総所得金額の勘違いをご確認ください。(2016-12-19)

 サイト利用者の方より、中学生の通信教育-費用比較ランキングに関して以下のようなご要望をいただきました。
私は、RTメソッドWeb英語塾のxxと申します。このたび、中学生のためのワンコインWeb英語塾を開校致しました。 rtenglish.net/
つきまして、是非貴サイトに掲載して頂きたく思い、ご連絡をさせて頂きました。RTWeb英語塾は、月額500円(税別)という低価格で、中学英語をマスターできる画期的な学習法を提供しております。是非、掲載のご検討をお願い申し上げます。ご質問・ご意見等がございましたら、 xxx@gmail.com までよろしくお願い致します。(2016-10-03)
※一部伏字としました
 中学生の通信教育-費用比較ランキング小学生の通信教育-費用比較ランキングに追加しました。情報提供していただき、ありがとうございました。

 
2016/10/04回答分
 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご質問をいただきました。
ふるさと納税の控除限度額計算ソフトを利用させていただいております。このようなソフトを公開いただきありがとうございます。
【質問内容】
『限度額の目安』とは自己負担金2,000円を除く全額が控除できる寄付金の限度額の目安であると認識しております。ところが、シミュレーションしてみると自己負担額14万円ほどとなり、2,000円とかけ離れております。分離課税の所得があるためだと推測しておりますが、この場合の『限度額』とはどのような定義、意味になるのでしょうか? よろしくお願いいたします。(2016-10-03)
 ご質問いただき、ありがとうございました。ふるさと納税の控除限度額計算ソフトの試算結果に自己負担額という項目は出てきませんが、質問中の「自己負担額14万円」とは「【ふるさと納税の目安】 14万円」のことでしょうか? 「自己負担2000円」とは、例えば1万円を寄付したら8,000円の減税効果が期待できるので、差引2,000円(=1万円-8,000円)という意味です。詳細についてはふるさと納税・お得な寄付をご確認ください。

 
2016/10/01回答分
 サイト利用者の方より、MVNO/格安SIM比較ランキングに関して以下のようなご指摘をいただきました。
MVNO検索(税込) 詳細検索
通信量超過後の規制→チェックを全部外しても1462件中 165件 何故か0件にならない。
「700Kbpsに制限」、「384Kbpsに制限」だけを見たいのに、どれが該当するプランなのか分からない。
現状
「700Kbpsに制限」のみにチェック→1462件中 167件
「384Kbpsに制限」のみにチェック→1462件中 168件
希望
「700Kbpsに制限」のみにチェック→1462件中 2件
「384Kbpsに制限」のみにチェック→1462件中 11件
になるようお願いします。(2016-09-30)
 MVNO/格安SIM比較ランキングを修正した上で、合わせて「(*チェックを全て外す)」リンクを追加しました。ご指摘いただき、ありがとうございました。

 
2016/09/29回答分
 サイト利用者の方より、加算税・延滞税の計算に関して以下のようなご指摘をいただきました。
すみません。返信ありがとうございます。修正申告の件ですが、加算税は所得税納税額-当初納税額の差額税額に掛かるのではないでしょうか。すみませんが宜しくお願い致します。(2016-09-27)
 その通りです。深く確認することなく誤った回答をしてしまい、申し訳ありませんでした。なお、前回の回答については修正しました。ご指摘いただき、ありがとうございました。

 
2016/09/27回答分
 サイト利用者の方より、加算税・延滞税の計算に関して以下のようなご質問をいただきました。
お世話になります。所得税の修正申告・延滞税にて使用させて頂いております。「入力6.所得税納税額、 7.当初納税額」ですが6番の入力金額は(今回の追加になった修正金額+当初納税額) 又は(今回の追加になった修正金額) のどちらを入力するのでしょうか。 すみませんが宜しくお願い致します。(2016-09-26)
 「今回の追加になった修正金額+当初納税額」を入力してください。「今回の追加になった修正金額」を入力してください(2016/09/29修正)。ご質問をいただき、ありがとうございました。

 
2016/09/17回答分
 サイト利用者の方より、加算税・延滞税の計算に関して以下のようなご指摘をいただきました。
お世話になります。延滞税の計算で使わせて頂いています。過去5年で所得税計算していますが、軽減税率2015以降がマイナス計上されます。プラスされる物ではないでしょうか。宜しくお願い致します。 (2016-09-16)
 確認したところ、プログラムにミスがあったので修正いたしました。ご指摘いただき、ありがとうございました。

 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご質問をいただきました。
「医療費控除や生命保険料控除、寄附金控除などの合計額を入力して下さい。」と、ありますが ふるさと納税寄付額は入れるのでしょうか? (2016-09-16)
 ふるさと納税寄付額を入力すると住民税の寄附金税額控除額が考慮されないので、入れない方がいいと思います。分かりやすくするために「医療費控除や生命保険料控除、寄附金控除(除.ふるさと納税寄付額)などの合計額を入力して下さい。」のように修正いたしました。ご質問をいただき、ありがとうございました。

 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご質問をいただきました。
不動産所得があり青色申告特別控除がある場合、不動産所得には控除前の金額を入れるのでしょうか?控除後の金額を入れるのでしょうか? 宜しくお願いいたします。 (2016-09-16)
 控除後の金額を入力してください。分かりやすくするために「なお、不動産所得と事業所得については青色申告特別控除後の金額となります。」と追記しました。ご質問をいただき、ありがとうございました。 

 
2016/08/25回答分
 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご質問をいただきました。
ふるさと納税の控除限度額計算ソフト」の使用方法について。この年間収入とは、給与所得控除前の金額を入力すればいいのでしょうか? (2016-08-24)
 はい、その通りです。ご質問をいただき、ありがとうございました。

 
2016/07/26回答分
 サイト利用者の方より、MVNO/格安SIM比較ランキングに関して以下のようなご意見をいただきました。
いつの間に、こんな使いにくいサイトになってしまったのか。。。 (2016-07-24)
 ご意見をいただき、ありがとうございました。以前と比べてMVNOプラン数が増えたので見せ方に四苦八苦していますが、MVNO/格安SIM比較ランキングに少し手を加えてみました。
MVNO検索が出来なくなりました。 (2016-07-25)
調べにくくなっている (2016-07-25)
 上記の通りMVNO/格安SIM比較ランキングに手を加えた際にミスがあり、一時的に検索することができない状態にありました(現在は復旧しています)。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。

 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご提案をいただきました。
総合課税の配当所得に対応していただけると大変ありがたいです。税額控除である「配当控除」の存在が、ありがたい制度でありながらも、ふるさと納税限度額の計算には厄介なものですので。。。ご面倒とは思いますが、ひとつご検討ください。 (2016-07-25)
 ご提案をいただき、ありがとうございました。配当所得については分離課税にのみ対応しており、現時点では総合課税に対応する予定はありません。仮に対応するとすれば、分離課税と総合課税の有利な方を自動計算する形になると思いますが、正直なところ気乗りしませんが…

 
P.1 P.2 P.3 P.4 P.5 P.6

資産運用ブログ:カテゴリ

資産運用全般 金融株式 不動産 保険年金 会社経営 税金相続 節約格安 資産運用方法

資産運用ブログ:ライフプラン特集

節約・節税 お得・プチリッチ 老後・介護 結婚・子育て マイホーム

資産運用ブログ:タグ

MVNO/格安SIM 軽量Win8タブレット 投資家マチヨが行く 投資家マチヨがレビュー 口座を開設してみた 401K マイナス金利の影響 クレジットカード 投信 FX 有価証券報告書を読んでみた 住宅ローン 国債 定期預金 信用格付け 学資保険 ふるさと納税 書評 外貨預金

資産運用ブログ:アーカイブ

[2017年]

3月(23) 2月(20) 1月(17)

[2016年]

12月(26) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

最速資産運用:人気ページランキング もっと見る

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
投資利回り一括比較
*投資額を入力するだけ!
万円
資産運用お勧めベスト3
1.年利9%を外貨預金&FX為替ヘッジで実現!
2.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
3.2017年3月のお得な株主優待27選
最新ベスト10を見る
[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
3. 銀行格付けランキング一覧  5
4. MVNO/格安SIM比較ランキング  295
5. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  4
人気ページを見る
お勧めキャンペーン
U-mobile データ専用 5GB
終了時期未定! [節約格安]
*無料トライアルで最大6,354円もお得
dカード GOLD
残り6日! [金融株式]
*年会費相当をキャッシュバック
 SBI FXトレード (SBI FXトレード)
残り6日! [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
@nifty NifMo データ通信専用SIMカード 3GBプラン
残り6日! [節約格安]
*キャッシュバック3,100円
@nifty NifMo 音声通話対応SIMカード 3GBプラン
残り6日! [節約格安]
*キャッシュバック5,100円
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  11
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. 法人税額計算&個人事業比較ソフト  5
4. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
5. 保険返戻金の年利計算ソフト
無料ソフト一覧を見る
[PR]保険料節約
新着情報 RSS
03/24 格安マネージドサーバ比較ランキング
03/21 外貨預金(6ヶ月~1年)の金利比較ランキング
03/16 SIMフリースマホ比較
03/16 MVNO/格安SIM比較ランキング
03/15 ネット定期預金(1年)の金利比較ランキング
新着情報を見る
資産運用ブログ
03/24 日銀が保有する国債の行方
03/23 4月以降ふるさと納税の返礼品に上限設定(寄付の3割)
03/23 資産運用お勧めベスト10(2017-03-23)
03/22 日本通信のソフトバンク格安SIMが発売されたが…
03/22 2017年3月のお得な株主優待27選
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:291
昨日:6,419
ページビュー
今日:597
昨日:16,764
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動