ふるさと納税を楽天市場&クレジットカードで更にお得に

楽天市場が2015年7月31日より、ふるさと納税に対応しました。現時点でβ版ですが、自治体ごとに納税先を選べるほか、お礼の特産品で選ぶことも可能です。..

【情報登録】 【関連情報】資産運用ブログ 税金相続カテゴリ

[スポンサード リンク]

「最速資産運用」更新状況:

MVNO/格安SIM比較ランキングを更新

 ソラコム「SORACOM Air」を追加したほか、フリーテル「FREETEL SIM」の「爆速SIM体感キャンペーン」を反映しました。

法人向けMVNO/格安SIM比較ランキングを更新

 ソラコム「SORACOM Air」を追加。

「最速資産運用」運営者より:

 楽天市場が2015年7月31日より、ふるさと納税に対応しました。
 現時点でβ版ですが、自治体ごとに納税先を選べるほか、お礼の特産品で選ぶことも可能です。住所入力や特産品選び、寄付金額など、ふるさと納税に関する全ての入力手続きが、楽天市場内で完結するので非常に楽です。楽天ユーザーであれば、まさにショッピング感覚で寄付することができます。
event.rakuten.co.jp/furusato/
楽天市場ふるさと納税
 加えて、楽天市場で決済するので、寄附金額100円につき、楽天スーパーポイント1ポイント分が付与されます。また、クレジットカード決済にも対応しています。

楽天市場ふるさと納税
 楽天市場でふるさと納税をすると、以下のようなメリットがある訳です。
  1. 納税先の自治体から特産品を受け取ることが可能。
  2. クレジットカード決済でクレジットカードポイントをゲットできる。
  3. 楽天スーパーポイントをゲットできる
 クレジットカード決済によるポイントゲットについては、既にYahoo!公金支払い等において実現していましたが、楽天市場経由で寄付することで楽天スーパーポイントもゲットできます。これは嬉しい。

 例えば、10万円を寄付した場合、以下のようなメリットが期待できます。
  1. 5万円相当の特産品(※自治体によって異なります)
  2. 1,000円相当のクレジットカードポイント(※ポイント還元率1%として計算)
  3. 1,000円相当の楽天スーパーポイント(※1%)
 すなわち、楽天市場経由で10万円寄付すれば、特産品とは別に、上記2.と3.により2,000円相当のポイントをゲットできるのです。ふるさと納税をする際、最低限2,000円を負担する必要がありますが、この負担額がゼロになる訳です。凄いですね。

 なお、ポイント還元率1%以上のクレジットカードについては、クレジットカード ポイント還元率比較ランキングで紹介しています。ふるさと納税の控除上限額については、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトで簡単に試算できます。ご活用ください。

 これだけでもお得ですが、更にお得な方法があります。

 クレジットカード発行会社が運営するショッピングモールを利用することで、クレジットカードポイントが加算される可能性があります。楽天市場を利用することでボーナスポイントがもらえるショッピングモールが存在するためです。
 例えば、楽天市場を利用することでボーナスポイントがもらえるショッピングモールは、以下のようなものがあります。キャンペーンによる変動はありますが、おおむねポイントが0.5%加算されます。
 上記ショッピングモール経由で10万円を寄付した場合、以下のようなメリットが期待できます。
  1. 5万円相当の特産品(※自治体によって異なります)
  2. 1,000円相当のクレジットカードポイント(※ポイント還元率1%として計算)
  3. 500円相当のクレジットカードポイント(※ショッピングモール経由で0.5%加算)
  4. 1,000円相当の楽天スーパーポイント(※1%)
 すなわち、特産品とは別に2.5%還元されることになります。また、楽天市場では随時キャンペーンをやっているので、更に楽天スーパーポイントを貯めることもできます。楽天市場のキャンペーンをフル活用すれば還元率5%以上も可能です。

 以上の通り、現金振込で自治体に直接ふるさと納税をする場合に比べると、「楽天市場&クレジットカード」でふるさと納税するメリットは非常に大きいと言えます。

 このように楽天市場でふるさと納税クレジットカード決済するメリットは多大なものがあるのですが、デメリットもあります。何と言っても対応している自治体の数が少なすぎるのです。2015年9月30日時点で、わずか16自治体ですから…
 今後増えることを期待しましょう。


ふるさと納税・お得な寄付
実質2,000円の負担で全国各地の特産品がノーリスクでもらえる「ふるさと納税」を中心に、所得税の寄附金控除・個人住民税の寄附金の税額控除について解説。
クレジットカード ポイント還元率比較ランキング
クレジットカード(ポイント還元率1%以上)を一覧比較。利用額(年1万円~2000万円)や年会費に応じて実質的なポイント還元率を自動計算。ブログパーツも配布中。
furusato ふるさと納税の控除限度額計算ソフト おすすめ
自己負担2000円で全国各地の特産品がもらえる「ふるさと納税」の目安(控除限度額)を簡単計算シミュレーション。株式投資やFX等の分離課税にも対応。計算方法や詳細な計算式も確認できます。

 ちなみに、お得なクレジットカードはいくつかありますが、例えば「オリコカード ザ ポイント」であれば、入会特典をフル活用できます。指定期間内のオリコモール2万円利用等の入会特典に加え、入会後6ヶ月間限定でポイントが1%上乗せされるからです。

 例えば、「オリコカード ザ ポイント」の入会後6ヶ月以内に、オリコモール経由で楽天市場「ふるさと納税」の各自治体に10万円を寄付した場合、以下のようなメリットが期待できることに加え、入会特典が用意されています。
  1. 5万円相当の特産品(※自治体によって異なります)
  2. 1,000円相当のクレジットカードポイント(※ポイント還元率1%として計算)
  3. 500円相当のクレジットカードポイント(※ショッピングモール経由で0.5%加算)
  4. 1,000円相当のクレジットカードポイント(※入会6ヶ月限定上乗せポイント)
  5. 1,000円相当の楽天スーパーポイント(※1%)

[特記事項] 入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%にアップ(上限5,000ポイント)。
会費0円
ポイント
標準還元率:1% *Amazonギフト券への交換時
最大還元率:2.5% *入会後6ヶ月間(+1%)&オリコモール利用(+0.5%)
交換先:Amazonギフト券等
付与レート:100円=1ポイント
交換レート:1ポイント=1円(*500ポイントから交換可能)
最小利用額:50,000円
入会特典
最大7,500ポイント還元※別途「入会特典あり」 *2017/03/31まで
①入会特典として1,000ポイントをプレゼント、②指定期間内にクレジットカード1万円以上で1,000ポイント(最大3,500ポイント)をプレゼント、③指定期間内にクレジットカード3万円以上&オリコポイントゲートウェイへの新規登録で500ポイントをプレゼント、④指定期間内にクレジットカード3万円以上&電気代で1,000ポイントをプレゼント、⑤指定期間内にクレジットカード3万円以上&ケータイ代で1,000ポイントをプレゼント、⑥家族カード入会で500ポイントをプレゼント。
発行 オリエントコーポレーション (VISA/MasterCard/JCB)
備考iDとQUICPayをダブル搭載。Orico Card THE POINT。
オリコカード の高還元率クレジットカード一覧を確認する
オリコカード 公式サイト オリコカード ザ ポイント

関連する資産運用情報

資産運用ブログ:カテゴリ

資産運用全般 金融株式 不動産 保険年金 会社経営 税金相続 節約格安 資産運用方法

資産運用ブログ:ライフプラン特集

節約・節税 お得・プチリッチ 老後・介護 結婚・子育て マイホーム

資産運用ブログ:タグ

MVNO/格安SIM 軽量Win8タブレット 投資家マチヨが行く 投資家マチヨがレビュー 口座を開設してみた 401K マイナス金利の影響 クレジットカード 投信 FX 有価証券報告書を読んでみた 住宅ローン 国債 定期預金 信用格付け 学資保険 ふるさと納税 書評

資産運用ブログ:アーカイブ

[2016年]

12月(4) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
資産運用お勧めベスト3
1.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
2.確定拠出年金(401K)で合法的に節税
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る
[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. MVNO/格安SIM比較ランキング  294
4. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  4
5. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
人気ページを見る
投資利回り一括比較
万円
お勧めキャンペーン
 パートナーズFX (マネーパートナーズ)
残り25日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
dカード GOLD
残り26日! [金融株式]
*年会費相当をキャッシュバック
 SBI FXトレード (SBI FXトレード)
残り116日! [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  9
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. 法人税額計算&個人事業比較ソフト  5
4. ライフプラン・シミュレーションソフト
5. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
無料ソフト一覧を見る
[PR]期間限定!
新着情報 RSS
12/05 定期預金(1年)の金利比較ランキング
12/05 個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
12/05 高校生(大学受験)の通信教育-費用比較ランキング
12/05 中学生の通信教育-費用比較ランキング
12/05 小学生の通信教育-費用比較ランキング
新着情報を見る
資産運用ブログ
12/05 住信SBIネット銀行が定期預金0.5%キャンペーンを開始
12/05 大和証券が国債キャッシュバックを増額|個人向け国債動向(2016年12月)
12/02 野村證券が格上げされたけれども…(金融機関の格付け動向:2016年12月)
12/01 月155億円を民間銀行は日銀から受取|定期預金の金利動向(2016年12月)
11/30 富裕層が2年間で101万世帯から122万世帯に
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:6,204
昨日:6,532
ページビュー
今日:18,247
昨日:17,978
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動