経営セーフティ共済の前納減額金の利回りが結構凄い

経営セーフティ共済を調べている際、前納減額金の利回りが良いことに気付きました。掛金を前納した場合、減額金を受け取ることができるというもので、ただし..

【情報登録】 【関連情報】資産運用ブログ 会社経営カテゴリ

[スポンサード リンク]

「最速資産運用」更新状況:

経営セーフティ共済とはを公開

 経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)の賢い活用法を具体的に解説。優遇された掛金の前納制度(前納分も損金算入・前納減額金)等。

「最速資産運用」運営者より:

 経営セーフティ共済を調べている際、前納減額金の利回りが良いことに気付きました。掛金を前納した場合、減額金を受け取ることができるというもので、ただし、12ヶ月が限度となります。なお、制度全体については、経営セーフティ共済とはをご確認ください。
 
  • 前納減額金=掛金月額×1,000分の5×(前納月数の累計)
www.smrj.go.jp/tkyosai/qa/nofu/000110.html
経営セーフティ共済:前納減額金
 以下、シミュレーションしてみました。

シミュレーション条件

  • 決算月 :12月
  • 開始月 :2016年1月
  • 解約月 :2019年5月(*40ヶ月以降であれば掛金が100%戻ってくる)
  • 掛金月額:10万円(*5,000円~20万円。中途変更可)
  • 前納制度:利回り重視で可能な限り12ヶ月分を前納する。

2016年1月に納付(*1~13ヶ月)

 ①2016年1月分を支払い、②2016年2月分~2017年1月分を前納します。
  • 納付額:130万円(=月10万円×13ヶ月)
  • 前納月数の累計:78ヶ月
    • 78ヶ月=1ヶ月+2ヶ月+3ヶ月+4ヶ月+5ヶ月+6ヶ月+7ヶ月+8ヶ月+9ヶ月+10ヶ月+11ヶ月+12ヶ月

2017年1月に納付(*14~25ヶ月)

 2017年2月分~2018年1月分を前納します。
  • 納付額:120万円(=月10万円×12ヶ月)
  • 前納月数の累計:78ヶ月
    • 78ヶ月=1ヶ月+2ヶ月+3ヶ月+4ヶ月+5ヶ月+6ヶ月+7ヶ月+8ヶ月+9ヶ月+10ヶ月+11ヶ月+12ヶ月

2018年1月に納付(*26~37ヶ月)

 2018年2月分~2019年1月分を前納します。
  • 納付額:120万円(=月10万円×12ヶ月)
  • 前納月数の累計:78ヶ月
    • 78ヶ月=1ヶ月+2ヶ月+3ヶ月+4ヶ月+5ヶ月+6ヶ月+7ヶ月+8ヶ月+9ヶ月+10ヶ月+11ヶ月+12ヶ月

2019年1月に納付(*38~40ヶ月)

 2019年2月分~2019年4月分を前納します。
  • 納付額:30万円(=月10万円×3ヶ月)
  • 前納月数の累計:6ヶ月
    • 6ヶ月=1ヶ月+2ヶ月+3ヶ月

2019年5月に解約

 40ヶ月が経過したので解約します。
  • 支払総額:480万円(=月10万円×40ヶ月)
  • 受取額:480万円(=月10万円×40ヶ月)
  • 前納月数の累計:240ヶ月
  • 前納減額金:12万円=月10万円×1,000分の5×240ヶ月
  • 利回り:2.5%(=12万円÷480万円)

まとめ

 40ヶ月で利回りが2.5%ですから、単純な年利は0.75%(=2.5%÷40ヶ月×12ヶ月)となります。
 2016年1月に掛金全額を一括で支払った訳ではありませんし、しかも前納減額金は解約時ではなく毎年3月に受け取るので、実際の年利は1%を超えるものと思われます。また、運営が独立行政法人中小企業基盤整備機構なので、40ヶ月以内に破綻するリスクは低いでしょう。

 よって、経営セーフティ共済については、「3年4ヶ月で年利1%超」という安全性の高い金融商品という見方ができます。昨今の金利状況では、3年物の定期預金よりもお得感が強いように感じます。

 気を付けたいのは、掛金を全額必要経費にできる反面、解約時の受取額を全額収益計上しなければいけないことです。
 法人税は今後税率が下がる可能性がありますが、所得税はどうなるか分かりません。また、個人事業主の場合、所得によって所得税率が大きく変わるため、税負担額が増えるケースも考えられます。
 ただ、40ヶ月以降であれば、元本割れすることなくいつでも解約できるので、想定よりも所得税率が高い場合は解約を先送りすることを検討します。ここで問題になるのは(最も大切な)資金繰りなのですが…

【追記】年利1.4%?の経営セーフティ共済を書きました。



 サイト利用者の方より、クレジットカード ポイント還元率比較ランキングに関して以下のようなご意見をいただきました。
日頃からヨドバシカメラで買い物する人にはメリット大 (2015-10-28)
 
対象者が少なくなりますが、ゴールドカードの目的別お得度比較も時間があれば調査ください。たとえば海外旅行派には航空会社のゴールドカードとかイオンゴールドカードはコストパフォーマンスにすぐれる など(2015-10-28)
 ご意見ありがとうございました。ゴールドカード比較については検討課題とします。ただ、実現可能性はさほど高くないと思いますが…

 随時ご意見ご要望を承っております。各ページの最下部にフォームを用意していますので、お気軽にご利用いただければ幸いです。

関連する資産運用情報

資産運用ブログ:カテゴリ

資産運用全般 金融株式 不動産 保険年金 会社経営 税金相続 節約格安 資産運用方法

資産運用ブログ:ライフプラン特集

節約・節税 お得・プチリッチ 老後・介護 結婚・子育て マイホーム

資産運用ブログ:タグ

MVNO/格安SIM 軽量Win8タブレット 投資家マチヨが行く 投資家マチヨがレビュー 口座を開設してみた 401K マイナス金利の影響 クレジットカード 投信 FX 有価証券報告書を読んでみた 住宅ローン 国債 定期預金 信用格付け 学資保険 ふるさと納税 書評

資産運用ブログ:アーカイブ

[2016年]

12月(8) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
資産運用お勧めベスト3
1.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
2.確定拠出年金(401K)で合法的に節税
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る
[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  4
4. MVNO/格安SIM比較ランキング  294
5. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
人気ページを見る
投資利回り一括比較
万円
お勧めキャンペーン
Yahoo! JAPAN カード
残り17日! [金融株式]
*最大9,000ポイントをプレゼント中
 パートナーズFX (マネーパートナーズ)
残り21日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
dカード GOLD
残り22日! [金融株式]
*年会費相当をキャッシュバック
 SBI FXトレード (SBI FXトレード)
残り112日! [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  9
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. 法人税額計算&個人事業比較ソフト  5
4. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
5. 保険返戻金の年利計算ソフト
無料ソフト一覧を見る
[PR]保険料節約
メディカルキットR
新着情報 RSS
12/08 個人年金保険の返戻率比較ランキング一覧
12/08 学資保険の返戻率比較ランキング一覧
12/06 クレジットカード ポイント還元率比較ランキング
12/06 ゴールドカード ポイント還元率比較ランキング
12/05 定期預金(1年)の金利比較ランキング
新着情報を見る
資産運用ブログ
12/08 アフラック学資保険が元本割れに
12/08 楽天モバイルで1万円以内で買えるスマホ5選(期間限定)
12/07 ふるさと納税を楽天スーパーセールで10倍お得に
12/07 クレジットカードで国税を納付して得するコツ
12/05 住信SBIネット銀行が定期預金0.5%キャンペーンを開始
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:949
昨日:7,320
ページビュー
今日:2,425
昨日:22,083
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動