インデックス投信の隠れコスト

2015年12月4より、三井住友・DC年金バランスシリーズの3ファンドが開始しました。いずれもバランス型ファンドで、世界分散ファンド(ノーロード投資信託)比較..

【情報登録】 【関連情報】資産運用ブログ 金融株式カテゴリ

[スポンサード リンク]

「最速資産運用」更新状況:

ノーロードのインデックスファンド比較を更新。

 日経225インデックスeや三井住友・DC年金バランスシリーズを追加したほか、純資産総額や分配率を確認しました。

世界分散ファンド(ノーロード投資信託)比較を更新。

 三井住友・DC年金バランスシリーズを追加したほか、純資産総額や分配率を確認しました。

フリーETF(上場投資信託)比較を更新。

 純資産総額や分配率を確認しました。

「最速資産運用」運営者より:

 2015年12月4より、三井住友・DC年金バランスシリーズの3ファンドが開始しました。いずれもバランス型ファンドで、世界分散ファンド(ノーロード投資信託)比較においては最安の信託報酬(0.2376%~0.2592%)となります。
 2016年1月7日より、日経225インデックスeが開始します。ノーロードETFを除くと、日本株ファンドでは最安の信託報酬(0.2052%)となります。12月7日に開始された、たわらノーロード 日経225の信託報酬(0.2106%)を下回ることになります。

 最近、信託報酬の値下げ競争が激化していますが、投資信託には他にも以下のような様々なコストがかかります。
  1. 売買委託手数料
  2. 有価証券取引税
  3. 保管費用
  4. 監査費用
 ただし、これらについては事前にどれぐらい発生するのか分からないので、原則的に目論見書等には記載されません。その場合、これらの「隠れコスト」については、運用報告書から調べる必要があります。

 eMAXISシリーズは、三菱UFJ国際投信が12月17日に「eMAXISのコストについて」という資料を公開しているので、ケーススタディーとして確認してみることにします。

eMAXISのコストについて
emaxis.muam.jp/text/osirase_20151217_2.pdf
eMAXISのコストについて|三菱UFJ国際投信

売買委託手数料

 投信のマザーファンド等が株式や債券等を売買する際に発生する費用です。
 eMAXISの場合、新興国リートインデックス(0.218%)とNYダウインデックス(0.153%)が高くなっています。

有価証券取引税

 投信のマザーファンド等が株式や債券等を売却した際に発生する税金です。日本では1999年4月に廃止されましたが、国によっては発生するケースがあります。
 eMAXISの場合、先進国リートインデックス(0.026%)と新興国株式インデックス(0.023%)が高くなっています。

保管費用

 投信のマザーファンド等の組入資産(株式や債券等)を保管する際に発生する費用です。
 eMAXISの場合、外貨建資産において発生しており、新興国リートインデックス(0.613%)とNYダウインデックス(0.205%)が高くなっています。

監査費用

 監査法人による監査に対して支払う費用です。
 eMAXISの場合、全ファンドにおいて発生しており、概ね0.002%~0.004%となっています。

インデックス投信の「隠れコスト」に注意

 調べてみた驚いたのは、ファンドによっては信託報酬以外に多大な「隠れコスト」がかかることです。

 例えば、新興国リートインデックスの信託報酬は0.646%です。
 ところが、保管費用0.613%、売買委託手数料0.218%等と、信託報酬以上のコストが必要となります。これらを全て合わせた実質コストは1.498%と、ローコストとは言えない水準に跳ね上がります。

 eMAXISの場合、海外のリートや株式の「隠れコスト」が高くなる傾向があるようです。その中でも、新興国リートは最も高くなっています。

 おそらく他のファンドでも同様の傾向があると思われます。海外のリートや株式を投資対象とするインデックス投信を購入する際には、売買委託手数料や保管費用等の「隠れコスト」を意識した方がよさそうです。




 サイト利用者の方より、以下のようなご質問をいただきました(一部伏字にしています)
●●証券で御社の金融商品を持っています。この度、私事ながら就職が決まり月末から証券会社で勤務することとなり、色々と用意をしているところであります。それで今、どうしようか考えていることがあるのです。それは会社の規律で他社に証券等を持ってはいけないということになっていることなのです。持っている商品を●●さんから今回務めることとなる▲▲証券の口座にでも移せれば一番いいのですが、調べてみたところその商品を扱っているのは●●証券だけみたいなのです。年金型受け取りの商品でステップアップみたいな保証で利益はあるのですが、せっかく預けて成果が上がっているものなのでこのまま商品を持ち続けたいと考えています。どのようにすればいいかアドバイスを頂ければと思い、メールを送ります。(2015-12-23)
 ご就職おめでとうございます。入社する▲▲証券の上司、あるいは、しかるべき部署に、相談するのが一番だと思います。その際、①今後も保有し続けたい、②買い増すことはしない、③必要であれば定期的に保有状況を会社に申告する、の3点を正直に伝えることをお勧めします。なお、メールアドレスが分からないので、この場で回答いたします。ご質問いただき、ありがとうございました。

 随時ご意見ご要望を承っております。各ページの最下部にフォームを用意していますので、お気軽にご利用いただければ幸いです。

関連する資産運用情報

資産運用ブログ:カテゴリ

資産運用全般 金融株式 不動産 保険年金 会社経営 税金相続 節約格安 資産運用方法

資産運用ブログ:ライフプラン特集

節約・節税 お得・プチリッチ 老後・介護 結婚・子育て マイホーム

資産運用ブログ:タグ

MVNO/格安SIM 軽量Win8タブレット 投資家マチヨが行く 投資家マチヨがレビュー 口座を開設してみた 401K マイナス金利の影響 クレジットカード 投信 FX 有価証券報告書を読んでみた 住宅ローン 国債 定期預金 信用格付け 学資保険 ふるさと納税 書評

資産運用ブログ:アーカイブ

[2016年]

12月(4) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
資産運用お勧めベスト3
1.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
2.確定拠出年金(401K)で合法的に節税
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る
[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. MVNO/格安SIM比較ランキング  294
4. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  4
5. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
人気ページを見る
投資利回り一括比較
万円
お勧めキャンペーン
 パートナーズFX (マネーパートナーズ)
残り23日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
dカード GOLD
残り24日! [金融株式]
*年会費相当をキャッシュバック
 SBI FXトレード (SBI FXトレード)
残り114日! [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  9
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. 法人税額計算&個人事業比較ソフト  5
4. ライフプラン・シミュレーションソフト
5. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
無料ソフト一覧を見る
[PR]期間限定!
新着情報 RSS
12/06 クレジットカード ポイント還元率比較ランキング
12/06 ゴールドカード ポイント還元率比較ランキング
12/05 定期預金(1年)の金利比較ランキング
12/05 個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
12/05 高校生(大学受験)の通信教育-費用比較ランキング
新着情報を見る
資産運用ブログ
12/05 住信SBIネット銀行が定期預金0.5%キャンペーンを開始
12/05 大和証券が国債キャッシュバックを増額|個人向け国債動向(2016年12月)
12/02 野村證券が格上げされたけれども…(金融機関の格付け動向:2016年12月)
12/01 月155億円を民間銀行は日銀から受取|定期預金の金利動向(2016年12月)
11/30 富裕層が2年間で101万世帯から122万世帯に
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:818
昨日:7,721
ページビュー
今日:2,292
昨日:22,680
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動