「大震災の後で人生について語るということ」を読んで感じたこと(主に人的資本)

※「大震災の後で人生について語るということ」を読んで感じたこと(主に住宅関連)より続く。資本主義社会において資産を効率よく増やすためには、法令等..

【情報登録】 【関連情報】資産運用ブログ 資産運用全般カテゴリ

[スポンサード リンク]
「大震災の後で人生について語るということ」を読んで感じたこと(主に住宅関連)より続く。

 資本主義社会において資産を効率よく増やすためには、法令等(ルール)を理解した上で、最大限活用することが必要不可欠です(「大震災の後で人生について語るということ」を読んで感じたこと(主に住宅関連)参照)。例えば、ルールをあまり知らずにゲームに参加しても、満足いく結果を残すことは難しいと思われます。せいぜいビギナーズラックに期待するぐらいでしょうか。
大震災の後で人生について語るということ
大震災の後で人生について語るということ
製造者:講談社
価 格:税込1,575円~ (*中古品77点 税込1円~)
出版者:講談社
出版日:2011-07-30
備 考:単行本 P.226

 ところで、富(資産)を産み出すには、何らかの元手(資本)が必要となります。当然のことですが、無から有を作り出すことができないからです。

 「大震災の後で人生について語るということ」においては、資本を人的資本と金融資本の2種類に分類しています(P.61)。この2つの資本を活用して、以下のような方法で富(資産)を産み出すことになります。
  1. 人的資本を労働市場に投資して、労賃を得る。
  2. 金融資本を金融市場に投資して、利子・配当や譲渡益を得る。
 一般的に若い頃は人的資本がメインで、労働力を提供することにより仕事で稼ぎます。稼いだ富は、消費される分を除き、資産(金融資本)として蓄積されていきます。その結果、歳をとるにつれて次第に金融資本の占める割合が増加します。
 定年前後から人的資本は減少に転じ、老年期にはゼロに近づきます。金融資本の重要性は相対的に高まるので、安全な運用が。特にサラリーマンの場合、その傾向は顕著です。

 若い頃は人的資本が富を産み出す力が強いので、資産運用におけるリスク許容性は高いと言えます。仮に金融資本の運用に失敗しても、運用期間が長いこともあり人的資本を活用する(=働く)ことで取り返せる余地が大きいからです。
 ところが歳を取ると、人的資本の活用が次第に難しくなってきます。そのため金融資本の運用については慎重になる必要があります。リスクを取って資産を増やすことよりも、安全性を重視する方が合理的であると言えます。

 人的資本と金融資本の関係については、以下のように述べられています。(P.169~170)
  1. 金融資本が大きければ、人的資本でリスクが取れる。
  2. 金融資本が小さければ、人的資本でリスクを取ることができない。
  3. 人的資本が大きければ、金融資本でリスクが取れる。
  4. 人的資本が小さければ、金融資本でリスクを取ることができない。」(P.170)
 上記1.は経済的に独立している状態であり、上記2.は会社に縛られた状態です。すなわち、経済基盤が十分でなければ、働き方の選択肢が広がることはないのです。
 上記3.は若い頃、上記4.は老年期の状態です。すなわち、年老いて人的資本が少なくなると、投資先の選択肢が広がることはないのです。

 人的資本とは労働力のことですが、この本では仕事の種類について以下のように分類しています。(P.145)
  • バックオフィス(※代替可能)
  • クリエイティブクラス(※代替不可能)
    • スペシャリスト(※拡張不可能)
    • クリエイター(※拡張可能)
 大きく分けてバックオフィス(※代替可能)とスペシャリスト(※代替不可能&拡張不可能)、クリエイター(※代替不可能&拡張可能)の3つが存在します。

 バックオフィスは代替可能な仕事であり、代表例としてマクドナルドのアルバイトが挙げられます。そのためマックジョブとも呼ばれることもあります。なお、一般的には大多数の事務職もバックオフィスに該当します。
 スペシャリストは代替不可能かつ拡張不可能な仕事であり、代表例として医者や弁護士が挙げられます。専門的な能力が必要なので誰でもできる仕事ではなく、そのためバックオフィスよりも収入が高くなりますが、他人が変わることはできないので収入も限定的となります。
 クリエイターは代替不可能かつ拡張可能な仕事であり、代表例としてアーティストやスポーツ選手が挙げられます。起業家も該当すると思われます。専門的な能力が必要で他人が変わることはできないのですが、本業から派生する収入に制限はありません。ただし、収入が青天井なことと引き換えに、スペシャリストに比べると、成功する確率が物凄く低くなります(=リスクが高い)。

 人的資本は限られているので、どのような仕事を選択するかで収入が大きく変わります。リスクとリターンのバランスを考えると、スペシャリストを選択するのが最も合理的ですが、年齢によって使い分ければいいのではないでしょうか。

「日本では、スペシャリストとバックオフィスをまとめて「サラリーマン」と呼んでいるため、「成果主義」をめぐる大混乱が起こりました」(P.153)

 日本において成果主義が導入されていますが、成功例はさほど多くないようです。その理由は、成果主義が失敗したと言うよりも、根本的にやり方がおかしかったというのが、この本の著者の考えです。
 確かに、スペシャリスト(専門家)とバックオフィス(事務職)では役割が大きく違います。欧米の成果主義は、主にスペシャリストに関するもので、バックオフィスについては対象外とのことです。その代り、バックオフィスについては、年功序列制度や正規・非正規の区別がありません。
 この先、日本においても欧米のようなスペシャリストとバックオフィスを区別する給与体系が増える可能性があります。そのような状況になる可能性も考慮に入れておいた方がいいかもしれません。

 大多数の人にとって、資産運用の初めの一歩は人的資本の活用です。この本は、人的資本の有効活用を検討する上で、有益なヒントをもらたしてくれると思います。
大震災の後で人生について語るということ
大震災の後で人生について語るということ
製造者:講談社
価 格:税込1,575円~ (*中古品77点 税込1円~)
出版者:講談社
出版日:2011-07-30
備 考:単行本 P.226

関連する資産運用情報

資産運用ブログ:カテゴリ

資産運用全般 金融株式 不動産 保険年金 会社経営 税金相続 節約格安 資産運用方法

資産運用ブログ:ライフプラン特集

節約・節税 お得・プチリッチ 老後・介護 結婚・子育て マイホーム

資産運用ブログ:タグ

MVNO/格安SIM 軽量Win8タブレット 投資家マチヨが行く 投資家マチヨがレビュー 口座を開設してみた 401K マイナス金利の影響 クレジットカード 投信 FX 有価証券報告書を読んでみた 住宅ローン 国債 定期預金 信用格付け 学資保険 ふるさと納税 書評

資産運用ブログ:アーカイブ

[2016年]

12月(2) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
資産運用お勧めベスト3
1.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
2.確定拠出年金(401K)で合法的に節税
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る
[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  4
4. MVNO/格安SIM比較ランキング  294
5. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
人気ページを見る
投資利回り一括比較
万円
お勧めキャンペーン
 パートナーズFX (マネーパートナーズ)
残り27日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
dカード GOLD
残り28日! [金融株式]
*年会費相当をキャッシュバック
 SBI FXトレード (SBI FXトレード)
残り118日! [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  9
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. 法人税額計算&個人事業比較ソフト  5
4. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
5. 保険返戻金の年利計算ソフト
無料ソフト一覧を見る
[PR]保険料節約
バナー原稿imp
新着情報 RSS
12/02 銀行格付けランキング一覧
12/02 証券会社格付けランキング一覧
12/02 金融機関ランキング(顧客満足度分析)
12/02 保険会社ランキング(格付/売上/利益)
12/01 定期預金(1年)の金利比較ランキング
新着情報を見る
資産運用ブログ
12/02 野村證券が格上げされたけれども…(金融機関の格付け動向:2016年12月)
12/01 月155億円を民間銀行は日銀から受取|定期預金の金利動向(2016年12月)
11/30 富裕層が2年間で101万世帯から122万世帯に
11/29 松井証券のロボアドバイザー「投信工房」が素晴らしい
11/28 大震災に備えるユニークな「手のひら定期」
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:4,174
昨日:6,641
ページビュー
今日:11,559
昨日:22,451
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動