トンチン性の高い個人年金保険グランエイジの損得勘定

生命保険には以下の3つの基本形があります。死亡保険(例:定期保険・終身保険)生存保険(例:個人年金保険)生死混合保険(例:養老保険)上記1.は死亡..

【情報登録】 【関連情報】資産運用ブログ 保険年金カテゴリ

[スポンサード リンク]

「最速資産運用」更新状況:

個人年金保険の返戻率比較ランキング一覧を更新

 被保険者死亡給付金の内容を詳細に解説したり、終身年金への変更が可能かどうかを明記しました。「ニッセイ長寿生存保険(低解約返戻金型) グランエイジ」を追加。

「最速資産運用」運営者より:

 生命保険には以下の3つの基本形があります。
  1. 死亡保険(例:定期保険終身保険
  2. 生存保険(例:個人年金保険
  3. 生死混合保険(例:養老保険

 上記1.は死亡時に死亡給付金が支払われます。上記2.は生存時に生存給付金が支払われます。上記3.は死亡時に死亡給付金、生存時に生存給付金が支払われます。

保険にはどんな種類があるの?|日本生命
www.nissay.co.jp/kojin/kiso/shurui/kihon.html

 ただし、純粋な生存保険は皆無で、大多数は生死混合保険です。例えば、生存保険の代表例である個人年金保険ですが、生存時に年金が支払われるだけでなく、死亡時には死亡給付金が支払われます。しかも年金支払い前に死亡した場合でも、死亡給付金が大幅に元本割れすることもありません。

 これは「死亡者の持分が生存者に移ることにより、生存者により多くの給付が与えられる」場合、契約者に対して十分な説明をするようにという金融庁の監督指針が影響しているからです。

認可特定保険業者向けの総合的な監督指針>II 認可特定保険業者の監督にあたっての評価項目>II-3 業務の適切性>II-3-5 利用者の保護等|金融庁
www.fsa.go.jp/common/law/guide/ninka/02b.html
II-3-5-1-2 改正法附則第4条第1項及び第2項において読み替えて準用する法第100条の2に規定する業務運営に関する措置等
(中略)
(15)命令第26条に規定する措置に関し、トンチン性の高い商品については、認可特定保険業者が利用者に対して、その商品特性について十分説明を行うための体制が整備されているか

(注)トンチン性とは、死亡者の持分が生存者に移ることにより、生存者により多くの給付が与えられる割合のことを指す

 ここで言及されている「トンチン性の高い商品」ですが、調べてみたところ日本生命が「ニッセイ長寿生存保険(低解約返戻金型) グランエイジ」を2016年4月より発売しています。

ニッセイ長寿生存保険(低解約返戻金型) グランエイジ|日本生命
www.nissay.co.jp/kojin/shohin/seiho/choju/
ニッセイ長寿生存保険(低解約返戻金型) グランエイジ|日本生命
 この「グランエイジ」は、年金支払い前の解約払戻金や死亡払戻金を低く設定することにより、年金支給額を増やす低解約返戻金型の保険商品です。なお、年金支払い前に解約(死亡)した場合には確実に元本割れするだけでなく、解約払戻金と死亡払戻金が同額という特徴があります。

 選択できる年金は以下の2種類です。
  • 5年保証期間付終身年金
  • 10年確定年金

 トンチン性については下記プレスリリースにおいて言及されています。

『Gran Age プロジェクト』の展開について|日本生命
www.nissay.co.jp/news/2015/pdf/20160317.pdf
『Gran Age プロジェクト』の展開について|日本生命
トンチン性とは、死亡された方の持分が生きている方に移ることで、より多くの給付が与えられる割合のことをいいます。イタリア人ロレンツォ・トンティ(Lorenzo Tonti)が考案した保険制度に由来しています。
(出典:小学館「ランダムハウス英和大辞典」(第2版))

 ところで、保証期間付終身年金については生命保険各社が販売しています。その多くは保証期間が10年ですが、「グランエイジ」の終身年金は保証期間が5年と短くなっています。受取年金額にもよりますが、早死にした場合、「グランエイジ」は相当不利になりそうです。

 三井住友海上あいおい生命「5年ごと利差配当付個人年金保険(無選択特則付。10年保証期間付終身年金)」と実際に比較してみます。
 

日本生命|グランエイジ(5年保証期間付終身年金)

  • 契約者:男性50歳
  • 累計保険料:11,507,040円(=47,946円×20年×12ヶ月)
死亡年齢返戻率受取総額
~69歳既払込保険料の70%相当額
70~74歳26.07%3,000,000円(=600,000円×5年)
79歳52.14%6,000,000円(=600,000円×10年)
84歳78.21%9,000,000円(=600,000円×15年)
89歳104.28%12,000,000円(=600,000円×20年)
94歳130.34%15,000,000円(=600,000円×25年)
99歳156.42%18,000,000円(=600,000円×30年)
 

三井住友海上あいおい生命|5年ごと利差配当付個人年金保険(無選択特則付。10年保証期間付終身年金)

www.msa-life.co.jp/lineup/nenkin/
  • 契約者:男性47歳
  • 累計保険料:6,480,000円(=30,000円×18年×12ヶ月)
死亡年齢返戻率受取総額
~64歳既払込保険料相当額
65~74歳47.59%3,084,000円(=308,400円×10年)
79歳71.38%4,626,000円(=308,400円×15年)
84歳95.18%6,168,000円(=308,400円×20年)
89歳118.98%7,710,000円(=308,400円×25年)
94歳142.77%9,252,000円(=308,400円×30年)
99歳166.57%10,794,000円(=308,400円×35年)
 
 両保険の契約内容が異なるので一概に比較することはできませんが、上記結果より以下のようなことが分かります。
  1. 年金支払い前の死亡:三井住友海上あいおい生命が圧倒的に有利。
  2. 年金支払い5年以内の死亡:三井住友海上あいおい生命が圧倒的に有利。
  3. 年金支払い10年の死亡:日本生命グランエイジが有利。
  4. 年金支払い20年の死亡:日本生命グランエイジが返戻率100%超なので圧倒的に有利。
 年金支払い開始から20年後に死亡した場合、日本生命グランエイジの返戻率100%は超えますが、三井住友海上あいおい生命は元本割れです。日本生命グランエイジの方が有利に見えます。
 ただし、2つの保険商品の死亡年齢に5歳の違いがあることに注意が必要です。年金支払い開始から20年後に死亡した場合、日本生命グランエイジは89歳ですが、三井住友海上あいおい生命は84歳です。すなわち死亡年齢で比較すると、99歳まで三井住友海上あいおい生命の方が返戻率が高くなります。

 確かに長生きすればするほど、グランエイジは有利な保険商品だと言えます。ただし、88歳までは元本割れが続きますし、年金支払い前や年金支払い開始から5年以内に死亡した場合、他社の終身年金に比べると受取総額は著しく低くなります。
 よって、グランエイジの5年保証期間付終身年金については、デメリットが大きすぎると判断しています。長生きした場合の返戻率がもっと高くない限り、メリットが上回るとは思えません。

 例えば、低解約返戻金型という中途半端な形ではなく、年金支給開始(70歳)まで保険金を一切受け取らない掛け捨て型であれば返戻率が更に高まって商品の魅力が増します。特に扶養親族がいないなど、相続問題が希薄なケースでは最適だと思われます。ただし、トンチン性が異常に高くなるので販売できない可能性が高いですし、物凄くギャンブル性が高い保険になるので社会問題化するかもしれません。まあ、ギャンブル性うんぬんについては、保険という商品の性格上、避けて通ることができない問題なのですが。
 

【参考】トンチン性について

Lorenzo de Tonti
en.wikipedia.org/wiki/Lorenzo_de_Tonti
Tontine
en.wikipedia.org/wiki/Tontine
米国の長寿年金 - トンチン性の活用は有効な長寿リスク対策となるか- | ニッセイ基礎研究所
www.nli-research.co.jp/report/detail/id=40952

個人年金保険の返戻率比較ランキング一覧
個人年金保険の返戻率や年利を比較し、支払額や受取額をシミュレーション。個人年金保険料税制適格特約や生命保険料控除等の解説。ブログパーツあり。

関連する資産運用情報

資産運用ブログ:カテゴリ

資産運用全般 金融株式 不動産 保険年金 会社経営 税金相続 節約格安 資産運用方法

資産運用ブログ:ライフプラン特集

節約・節税 お得・プチリッチ 老後・介護 結婚・子育て マイホーム

資産運用ブログ:タグ

MVNO/格安SIM 軽量Win8タブレット 投資家マチヨが行く 投資家マチヨがレビュー 口座を開設してみた 401K マイナス金利の影響 クレジットカード 投信 FX 有価証券報告書を読んでみた 住宅ローン 国債 定期預金 信用格付け 学資保険 ふるさと納税 書評

資産運用ブログ:アーカイブ

[2016年]

12月(10) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
資産運用お勧めベスト3
1.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
2.確定拠出年金(401K)で合法的に節税
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る
[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. MVNO/格安SIM比較ランキング  294
4. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  4
5. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
人気ページを見る
当サイト限定お得情報!
年会費無料のエポスカード申込で最大14,480円相当を全員にプレゼント!!
*残り4日!!! (12/14まで)
投資利回り一括比較
万円
お勧めキャンペーン
Yahoo! JAPAN カード
残り16日! [金融株式]
*最大9,000ポイントをプレゼント中
 パートナーズFX (マネーパートナーズ)
残り20日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
dカード GOLD
残り21日! [金融株式]
*年会費相当をキャッシュバック
 SBI FXトレード (SBI FXトレード)
残り111日! [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  9
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. 法人税額計算&個人事業比較ソフト  5
4. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
5. 保険返戻金の年利計算ソフト
無料ソフト一覧を見る
[PR]保険料節約
バナー原稿imp
新着情報 RSS
12/09 サービス付き高齢者向け住宅とは
12/08 個人年金保険の返戻率比較ランキング一覧
12/08 学資保険の返戻率比較ランキング一覧
12/06 クレジットカード ポイント還元率比較ランキング
12/06 ゴールドカード ポイント還元率比較ランキング
新着情報を見る
資産運用ブログ
12/10 酒税の見直しなど|2017年税制改正大網のポイント2
12/09 配偶者控除の拡充と積立NISA|2017年税制改正大網のポイント1
12/08 アフラック学資保険が元本割れに
12/08 楽天モバイルで1万円以内で買えるスマホ5選(期間限定)
12/07 ふるさと納税を楽天スーパーセールで10倍お得に
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:4,655
昨日:6,801
ページビュー
今日:13,976
昨日:19,476
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動