iDeCoをスルガ銀行からSBI証券へ移管-1|iDeCo運用レポート20170313

2010年8月に加入した確定拠出年金(個人型401Kプラン)ですが、毎月23,000円を積み立てていることもあり、累計額が1,817,000円になりました。現在残高は1,97..

【情報登録】 【関連情報】資産運用ブログ 保険年金カテゴリ

[スポンサード リンク]

iDeCoをスルガ銀行からSBI証券へ移管-1|iDeCo運用レポート20170313

※「iDeCo(確定拠出年金)」に関する役立ち情報や運用レポート(不定期連載)です。

【ライフプラン特集】老後・介護

iDeCo運用レポート20161024より続く

 2010年8月に加入した確定拠出年金(個人型401Kプラン)ですが、毎月23,000円を積み立てていることもあり、累計額が1,817,000円になりました。現在残高は1,970,404円なので、差引153,404円のプラスです。
401k
 運用先は投資信託で、全てノーロードのインデックスファンドです。投資先別の損益は以下の通りです。
 
商品名資産残高
購入金額
損益金額
(損益率)
[日本株式] DC・ダイワ・ストックインデックス225435,929円
359,567円
+76,362円
(+21.2%)
[海外株式] インベスコ・MSCIコクサイ・インデックス・ファンド320,239円
273,376円
+46,863円
(+17.1%)
[新興株式] インデックスファンド海外新興国株式309,682円
284,065円
+25,617円
(+9.0%)
[日本債券] インデックスファンド日本債券(1年決算型)266,208円
263,418円
+2,790円
(+1.1%)
[海外債券] ダイワ投信倶楽部外国債券インデックス270,954円
275,261円
▲4,307円
(▲1.6%)
[新興債券] インデックスファンド海外新興国債券(1年決算型)88,428円
92,856円
▲4,428円
(-4.8%)
[海外REIT] DCダイワ・グローバルREITインデックスファンド278,964円
255,218円
+23,746円
(+9.3%)
合計1,970,404円
1,817,000円
+153,404円
(+8.4%)
401k
 前回(iDeCo運用レポート20161024)と比べると、海外株式がマイナスからプラスに転じたほか、多くのセクターにおいて評価額が増加しています。その結果、全体で8.4%のプラスとなりました。

 現在の掛金の配分は以下の通りです。
 現在の401Kプラン運営管理機関はスルガ銀行ですが、商品選択の余地が限定的な上、コスト(信託報酬)が割高なのが悩みの種です。
分類商品信託報酬換金手数料
株式国内DC・ダイワ・ストックインデックス2250.5616%0%
先進国インベスコ・MSCIコクサイ・インデックス・ファンド0.7560%0%
新興国インデックスファンド海外新興国株式0.5940%0%
債券国内インデックスファンド日本債券(1年決算型)0.4860%0%
先進国ダイワ投信倶楽部外国債券インデックス0.7020%0%
新興国インデックスファンド海外新興国債券(1年決算型)0.5616%0%
REIT先進国DCダイワ・グローバルREITインデックスファンド0.5724%0%

 SBI証券の運用商品を調べてみましたが、取り扱っているノーロード・インデックス投信が豊富な上、圧倒的に信託報酬が安いです。
分類商品信託報酬換金手数料
株式国内三井住友-三井住友・DC日本株式インデックスファンド0.2052%0%
ニッセイ-DCニッセイ日経225インデックスファンド0.2592%0%
SBI TOPIX100・インデックスファンド<DC年金>0.2592%0%
野村DC・JPX日経400ファンド0.2700%0%
ニッセイ日経225インデックスファンド0.2700%0%
先進国DCニッセイ外国株式インデックス0.2268%0%
大和-iFree NYダウ・インデックス0.243%0%
日興-インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用)0.3024%0%
EXE-i 先進国株式ファンド0.3244%0%
EXE-i グローバル中小型株式ファンド0.3524%0%
新興国EXE-i 新興国株式ファンド0.3794%0%
三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド0.5940%0%
債券国内三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)0.1296%0%
先進国三井住友・DC外国債インデックスファンド0.2268%0%
日興-インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用)0.2808%0%
EXE-i 先進国債券ファンド0.4124%0%
新興国三菱UFJ DC新興国債インデックスファンド0.5616%0%
REIT国内ニッセイ-DCニッセイJ-REITインデックスファンド0.2700%0%
ニッセイ-DCニッセイJ-REITインデックスファンド0.5940%0%
先進国三井住友-三井住友・DC外国リートインデックスファンド0.3024%0%
EXE-i グローバルREITファンド0.3864%0%
野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け)0.5724%0%
バランス型SBI資産設計オープン(資産成長型) <愛称:スゴ6>0.7344%0.162%
DCインデックスバランス(株式80)0.2160%0%
DCインデックスバランス(株式60)0.2051%0%
DCインデックスバランス(株式40)0.1944%0%
DCインデックスバランス(株式20)0.1836%0%
大和-iFree 8資産バランス0.2484%0%

 SBI証券の最安信託報酬商品と、現在購入しているスルガ銀行の商品をセクターごとに比較してみました。新興国債券以外はSBI証券の圧勝です。予想通りの結果ですが、この差は圧倒的です。
分類①SBI証券②スルガ銀行①-②
株式国内0.2052%0.5616%▲0.3564%
先進国0.2268%0.7560%▲0.5294%
新興国0.3794%0.5940%▲0.2146%
債券国内0.1296%0.4860%▲0.3564%
先進国0.2268%0.7020%▲0.4752%
新興国0.5616%0.5616%±0%
REIT先進国0.3024%0.5724%▲0.2700%

 信託報酬差額をセクター別にまとめてみました。
分類①信託報酬差②資産残高①×②
株式国内▲0.3564%435,929円▲1,553円
先進国▲0.5294%320,239円▲1,695円
新興国▲0.2146%309,682円▲664円
債券国内▲0.3564%266,208円▲948円
先進国▲0.4752%270,954円▲1,287円
新興国±0%88,428円±0円
REIT先進国▲0.2700%278,964円▲753円
合計1,970,404円▲6,900円

 なんと年6,900円も余計にコストを支払っていることが分かりました。
 機械的に売買するインデックス投信なので、信託報酬(コスト)は安ければ安いほどリターンは良くなります。60歳になるまで継続的に信託報酬を払い続けなければいけませんし、資産残高も増える可能性が高いので、長い目で見るとこのコスト差は無視できない数字と言えます。

 移管先として楽天証券も検討しましたが、確認したところSBI証券の方が運用商品が充実しています。と言うことで、重い腰を上げてSBI証券に切り替える決断を下しました。

 iDeCoの運営管理機関を移管する際、変更手数料として5,400円(=スルガ銀行4,320円+SBI証券1,080円)が必要ですが、1年で6,900円のコストが削減できるので問題ありません。運良く3/31までに移管申込が受付けられたならば、SBI証券の変更手数料1,080円が無料になるので、更にコストが削減できます。善は急げです。
site1.sbisec.co.jp/ETGate/?OutSide=on&getFlg=on...
401k

SBI証券:iDeCo(確定拠出年金積立年金プラン)

 SBI証券「iDeCo(確定拠出年金積立年金プラン)」の主なメリットは以下の通りです。
  • 口座管理手数料が完全無料!
  • 低コストかつ豊富な運用商品。
  • 絶大な節税効果:[入口]所得控除・[出口]運用益が非課税・[出口]退職所得控除。
SBI証券の個人型ダイレクト401kプラン(確定拠出年金)  上記よりSBI証券に資料請求をしますが、右サイドの「今がお得! 手数料キャンペーン中」をクリックしてから資料請求すると、SBI証券のログイン画面に移動します。既にSBI証券の口座を保有している場合、住所等が自動入力されるので手間が省けます。
401k
 自分の場合、スルガ銀行から個人型確定拠出年金(月23,000円)を移管するので、必要書類の確認画面では以下の通り選択しました。
  • 職業:会社員
  • 移管する年金資産の有無:ある
  • 移管する年金資産の種類:個人型確定拠出年金
  • 掛金をかけているか:掛金をかけている
401k
 入力内容を確認後、申し込みが完了しました。後は移管手続き申込書が届くのを待つだけです。
401k
 もっと早く動いていれば更なるコスト削減に繋がったのですが仕方ありません。移管手数料がかかる上に、コストを調べたり比較するのは面倒ですからね。アクションを起こしただけ良しとします。

 iDeCoの移管は数ヶ月先になると思いますが、コストが下がるだけでなく、国内REITやバランス型など選択肢が増えるので今から楽しみです。
iDeCoをスルガ銀行からSBI証券へ移管-2(経過報告)
 最速資産運用 ma-bank.net
現在、iDeCo(個人型確定拠出年金。401Kプラン)の移管手続きをしている最中で、スルガ銀行からSBI証券への変更を予定しています。 移管手続きの時系列的な流れは以下の通りです。 .. (2017/03/30更新)
iDeCoをスルガ銀行からSBI証券へ移管-3(移管完了)
 最速資産運用 ma-bank.net
3/13よりiDeCo(個人型確定拠出年金。401Kプラン)の移管手続きをしていますが、本日ようやく一段落しました。なんと3ヶ月以上もかかりました。いくら何でも遅すぎるような… [blogy/595,60.. (2017/06/27更新)
確定拠出年金(iDeCo)で合法的に節税
 最速資産運用 ma-bank.net
確定拠出年金(日本版401K)の概要や、個人型401Kプラン(iDeCo)と企業型401Kプランの違い、節税のポイント、ノーリスク運用法、NISAとの併用などについて解説。 (2016/05/27更新)
世界分散ファンド(ノーロード投資信託)比較
 最速資産運用 ma-bank.net
世界分散ファンド(ノーロード投資信託)を信託報酬順に一覧比較。長期運用に最適なアセットアロケーションを簡単シミュレーション。分散投資やポートフォリオ、インデックスファンド、ETFの活用法。 (2017/10/11更新)
ノーロードのインデックスファンド比較
 最速資産運用 ma-bank.net
ノーロードのインデックスファンドを信託報酬順に一覧比較。分散投資や長期運用に最適なインデックス投信を簡単シミュレーション。メリットやデメリット、ETFとの違い等。 (2017/10/11更新)
 


iDeCo確定拠出年金)」関連情報
iDeCo運用レポート20151011
iDeCo運用レポート20160427
SBI証券401Kプランの運用商品がパワーアップ
確定拠出年金(401K)の改正で変わること
iDeCo運用レポート20161024
iDeCoをスルガ銀行からSBI証券へ移管-1|iDeCo運用レポート20170313
iDeCoをスルガ銀行からSBI証券へ移管-2(経過報告)
iDeCo月額管理費の無料4社を比較してみた-1
iDeCoをスルガ銀行からSBI証券へ移管-3(移管完了)
iDeCo月額管理費の無料4社を比較してみた-2

関連する資産運用情報

資産運用ブログ:カテゴリ

資産運用全般 金融株式 不動産 保険年金 会社経営 税金相続 節約格安 資産運用方法

資産運用ブログ:ライフプラン特集

節約・節税 お得・プチリッチ 老後・介護 結婚・子育て マイホーム

資産運用ブログ:タグ

MVNO/格安SIM 軽量Win8タブレット 投資家マチヨが行く 投資家マチヨがレビュー 口座を開設してみた iDeCo マイナス金利の影響 クレジットカード 投信 FX 有価証券報告書を読んでみた ローン 国債 定期預金 信用格付け 学資保険/個人年金保険 ふるさと納税 書評 外貨預金 楽天 Yahoo!

資産運用ブログ:アーカイブ

[2017年]

10月(26) 9月(32) 8月(35) 7月(19) 6月(20) 5月(17) 4月(24) 3月(28) 2月(20) 1月(17)

[2016年]

12月(26) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
投資利回り一括比較
*投資額を入力するだけ!
万円
資産運用お勧めベスト3
1.SBJ銀行2年定期が年0.8%(新規限定&100万円まで)
2.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る
[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. MVNO/格安SIM比較ランキング  298
4. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  4
5. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
人気ページを見る
お勧めキャンペーン
 パートナーズFX
残り9日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
@nifty NifMo 音声通話対応SIMカード 13GBプラン
残り9日! [節約格安]
*キャッシュバック15,100円
エキサイトモバイル 最適プラン 100MB(3枚コース)
残り10日! [節約格安]
*キャッシュバック7,000円
Yahoo! JAPAN カード
残り13日! [金融株式]
*最大10,000ポイントをプレゼント中
BIGLOBEモバイル データSIM タイプD 3ギガプラン
残り42日! [節約格安]
*キャッシュバック3,600円
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  13
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
4. FX両建てスワップ裁定取引計算ソフト  1
5. 投資利回りランキング一括比較ツール
無料ソフト一覧を見る
[PR]保険料節約
新着情報 RSS
10/18 格安マネージドサーバ比較ランキング
10/16 ネット定期預金(1年)の金利比較ランキング
10/16 定期預金(1年)の金利比較ランキング
10/13 SIMフリースマホ比較
10/13 MVNO/格安SIM比較ランキング
新着情報を見る
資産運用ブログ
10/21 住宅ローン&定期貯金で借入利息をキャッシュバック!
10/20 アディーレ法律事務所の広告不当表示と業務停止の妥当性
10/19 LINEショッピングでポイント消化を兼ねて500ポイントもらう
10/19 貯蓄ゼロ世帯30%の投資先
10/18 さくらインターネットが無料SSL証明書の簡単設置に対応
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:1,112
昨日:3,985
ページビュー
今日:5,025
昨日:14,761
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動