投資信託とは

投資信託について。仕組みや選び方、ランキング、毎月分配型ファンド、エマージングファンド、ヘッジファンドなど。
【カテゴリ】金融株式  【ステップ】3. 殖やす
【最終更新】(※情報登録:2010/06/24)
[スポンサード リンク]

投資信託(ファンド)の概要

 投資信託とは、投資家から集めた資金を債券や株式、不動産などで運用し、売却益や受取利息などを配当金として投資家に分配するものです。
 投資信託は分別管理制度により次の3者が関係します。
  1. 販売会社: 主に証券会社ですが、銀行保険会社なども取り扱っています。
  2. 運用会社: 投資信託会社など。ファンドマネージャーが運用を担当します。
  3. 管理会社: 信託銀行など。投資家から集めた資金を分別管理します。

投資信託の保護

 投資信託は分別管理制度により証券会社とは別に保管されているので、証券会社破綻した場合でも影響はありませんが、仮に分別管理がされていなかった場合には日本投資者保護基金により1人あたり1,000万円まで保護されます。

投資信託の選び方

 チェックポイントを列挙します。

ファンドの目論見書

  • 運用対象: 債券、株式、不動産、通貨などのチェック。
  • 運用方針: 長期、短期、成長型、堅実型などのチェック。
  • 経費: 手数料や税金のチェック。
  • 収益の還元方法: 分配金(単利)と再投資(複利)のチェック
  • 信託期間: 期限の有無のチェック。
  • 申込期間: オープンとクローズのチェック。
  • 申込単位: 最低価額と購入単位のチェック。
  • 運用会社: 運用会社の実績をチェック。

ファンドの運用報告書

  • 運用実績: 基準価額の推移や分配金などのチェック。
  • 資産状況: ファンドの資産残高の推移のチェック。
  • 運用状況: 投資先(債券、株式など)の組入比率や内訳のチェック。
  • 運用目標: ベンチマーク(日経平均株価など)との差異をチェック。
  • 費用: 信託報酬や売買委託手数料などのチェック。

金融機関が破綻した場合

 あまり考えたくないことですが、金融機関は破綻するリスクがあります。万一破綻した場合でも、公的な保護制度が用意されているので、保護される範囲等について取引前に確認しておくことをお勧めします。
金融機関等の破綻で保護される範囲
銀行・保険会社(生保、損保)・証券会社・先物取引業者が破綻した場合、公的に保護される範囲や信託銀行による分別管理について解説します。
[スポンサード リンク]

インデックスファンド

 インデックスファンドとは、ベンチマーク(日経平均株価やTOPIXなど)に連動させる投資信託です。日経平均株価(日経225)やTOPIXと同じように上昇したり下落したりします。
 次のような利点があります。
  1. 運用コスト(信託報酬)が安い: 組み入れる銘柄は機械的に選ばれるため。
  2. 手数料無料のものがある: ノーロード(手数料無料)のものが存在する。
  3. リスクが限定的: 平均的なリターンが期待できる: 大きく勝ったり負けたりする確率が低い。
  4. 少ない資金で分散投資: ベンチマークを目標としているので、1つの投資信託で市場全体に分散投資していることになる。
  5. 手間がかからない: ベンチマークを目標としているので、必ずしも投資先に対する専門知識を必要としない。
  6. 運用方針がシンプル: ベンチマークを確認すればファンドの価格が分かる。
 なお、インデックスファンドと違い、ベンチマークを上回る成績を目指すものは、アクティブ型ファンドと言います。

毎月分配型ファンド

 文字通り、毎月分配金が支払われる投資信託です。
 収益(の一部)を投資家に毎月分配するので、再投資に回される額は必然的に減りますし、毎月の分配金には源泉所得税がかかるので、長期運用を考えるならば効率はあまりよくないと言えます。
 また、信託報酬などの費用にも注意が必要です。

エマージングファンド

 エマージングファンドとは、BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)やNEXT11(韓国・ベトナム・フィリピン・インドネシア・バングラデシュ・パキスタン・イラン・トルコ・エジプト・ナイジェリア、メキシコ)に投資する投資信託です。このような発展途上国への投資は、大きなリターンが期待できる半面、値動きが激しく投機筋にも狙われやすいためリスクも大きくなります。

ヘッジファンド

 金融派生商品とコンピューターを駆使したファンド。大規模なものが多い。そもそもの目的はリスク回避であったが、近年では様々な商品が開発され、上げ場でも下げ相場でもリターンを目指すことが可能になっています。
 多くのヘッジファンドは、株や債券、為替に加え、先物や不動産など様々な商品に投資しています。リターンの極大化を目指す一方で、下落を極小化するようなヘッジをかけています。

マンインベストメンツ

 世界最大級のヘッジファンド。ロンドン証券取引所に上場しているマン・グループ傘下。ヘッジファンドが乱立している中、マン・グループのように上場しているヘッジファンド会社はあまりありません。

最速資産運用:人気ページランキング もっと見る

関連する資産運用情報

資産運用全般カテゴリ

資産運用情報の入手
金融商品や不動産、保険、税金、投資等の各種資産運用情報が入手できる有用なサイトを紹介します。
リスクとは
金利変動や価格変動、流動性、為替、信用などの様々なリスクに考慮に入れた上で、リスク許容度と見込みリターン額を比較して資産運用をする必要があります。

金融株式カテゴリ

世界分散ファンド(ノーロード投資信託)比較
世界分散ファンド(ノーロード投資信託)を信託報酬順に一覧比較。長期運用に最適なアセットアロケーションを簡単シミュレーション。分散投資やポートフォリオ、インデックスファンド、ETFの活用法。
ノーロードのインデックスファンド比較
ノーロードのインデックスファンドを信託報酬順に一覧比較。分散投資や長期運用に最適なインデックス投信を簡単シミュレーション。メリットやデメリット、ETFとの違い等。
株式投資とは
株式投資について解説。費用や信用取引、株式投資信託、転換社債について。
フリーETF(上場投資信託)比較
フリーETF(購入手数料が無料)を信託報酬順に一覧比較。分散投資や長期運用に最適なETF(上場投資信託)を簡単シミュレーション。メリットやデメリット、インデックスファンドとの違い等。

資産運用方法カテゴリ

ローリスク資産運用法
元本割れをする可能性を否定できないもの。リスクは低いがリターンも高くない。
中リスク資産運用法
投資額以上に損失を被ることはないもの。リスク・リターン共にある程度高い。
貯蓄重視型の資産運用法
資産の大部分を元本保証型で運用。元本を確実に確保したい人に向いている資産運用方法。
安全投資型の資産運用法
元本保証型の比率を高めつつ、リスクの低い債券等へ配分することにより、着実な資産増加を期待する資産運用方法。
バランス運用型の資産運用法
バランスよく資産を配分することにより、中長期的に安定的な資産増加を期待する資産運用方法。
収益重視型の資産運用法
リターン及びリスクが共に高い資産へ多く配分することにより、中長期的な資産の成長を重視する資産運用方法。
関連する無料ソフト
fxFXロスカット損益スワップ一括計算ソフト おすすめ
FXのロスカットレートや為替差損益、スワップ損益などをオンラインでシミュレーション。20前後のFX会社のロスカットや追加証拠金も一括して自動計算。
dcfDCF法の計算式
ディスカウント・キャッシュフロー法を使って、不動産や株式の収益から資産価値を簡易評価します。
参考先リンク
投資科学アカデミー blog.livedoor.jp
個人投資家応援サイト。投資初心者の方を念頭に、科学的・理論的に解説
ダウ平均について ダウ・ジョーンズ・ジャパン www.dowjones.co.jp
ダウ・ジョーンズが米国を代表する優良30銘柄を選出し、指数化したもの
日経平均プロフィル 日本経済新聞社 indexes.nikkei.co.jp
日本の株式市場を代表する225銘柄の株価指数
TOPIX(東証株価指数) 日本取引所グループ www.jpx.co.jp
東証市場第一部に上場する内国普通株式全銘柄を対象とする株価指数について

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
証券関連ランキング
信用格付け一括比較
[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. MVNO/格安SIM比較ランキング  294
4. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  4
5. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
人気ページを見る
投資利回り一括比較
万円
お勧めキャンペーン
 パートナーズFX (マネーパートナーズ)
残り23日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
dカード GOLD
残り24日! [金融株式]
*年会費相当をキャッシュバック
 SBI FXトレード (SBI FXトレード)
残り114日! [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
お勧めキャンペーンを見る
[スポンサード リンク]
資産運用お勧めベスト3
1.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
2.確定拠出年金(401K)で合法的に節税
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  9
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. 法人税額計算&個人事業比較ソフト  5
4. ライフプラン・シミュレーションソフト
5. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
無料ソフト一覧を見る
[PR]FX口座開設
新着情報 RSS
12/06 クレジットカード ポイント還元率比較ランキング
12/06 ゴールドカード ポイント還元率比較ランキング
12/05 定期預金(1年)の金利比較ランキング
12/05 個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
12/05 高校生(大学受験)の通信教育-費用比較ランキング
新着情報を見る
資産運用ブログ
12/05 住信SBIネット銀行が定期預金0.5%キャンペーンを開始
12/05 大和証券が国債キャッシュバックを増額|個人向け国債動向(2016年12月)
12/02 野村證券が格上げされたけれども…(金融機関の格付け動向:2016年12月)
12/01 月155億円を民間銀行は日銀から受取|定期預金の金利動向(2016年12月)
11/30 富裕層が2年間で101万世帯から122万世帯に
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:304
昨日:7,721
ページビュー
今日:639
昨日:22,680
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動