【お知らせ】本サイトにおける消費税の取扱いについて(2019-10-01)

ふるさと納税で納得いかない結果にモヤモヤが残るけど

サイト利用者から指摘を受けたので、以下の場合のふるさと納税について、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトで確認しました。不動産:1,000万円株/FX(分離)..

【情報登録】 【関連情報】資産運用ブログ税金相続カテゴリ

[スポンサーリンク]

「最速資産運用」更新状況:

ふるさと納税の控除限度額計算ソフトを更新

 ①ふるさと納税の前後で所得税率が異なる場合、再帰的に計算して自己負担2,000円に近付けるようにしました、②再帰処理を効率化しました。

「最速資産運用」運営者より:

 サイト利用者から指摘を受けたので、以下の場合のふるさと納税について、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトで確認しました。
  • 不動産:1,000万円
  • 株/FX(分離):1億円

 ふるさと納税の限度額を試算したところ、以下の算式の通り、ふるさと納税の目安は212.0万円となりました。
  • 212.0万円 = ( 住民税額 596.5万円 × 上限 20% ) ÷ ( 90% - 所得税率 33% × 1.021 ) + 2,000円

 ふるさと納税限度額の概要は以下の通りです。

ふるさと納税
項目所得税住民税合計
収入(所得)1.1億円 (1.1億円)
所得控除38.0万円33.0万円-----
税額控除-----0.3万円-----
税額1,698.8万円596.5万円2,295.3万円
ふるさと納税(212.0万円)後
項目所得税住民税合計
収入(所得)1.1億円 (1.1億円)
所得控除249.8万円
(+211.8万円)
33.0万円-----
税額控除-----140.7万円
(+140.4万円)
-----
税額
(*減税額)
1,642.7万円
(▲56.1万円)
456.0万円
(▲140.4万円)
2,098.7万円
(▲196.5万円)

 ところが、この場合、自己負担は2,000円を超えて15.5万円(= ふるさと納税 212.0万円 - 減税額 196.5万円となります。

 なぜ自己負担が2,000円を超えるかと言うと、ふるさと納税の前後で所得税率が変わるからです。今回の場合、ふるさと納税前の所得税率は33%ですが、ふるさと納税後の所得税率は23%に減少します。そのため、ふるさと納税の所得控除の減税効果が10%(=33%-22%)減少するので、自己負担額も15.5万円に跳ね上がります。
ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
 この問題については以前から認識していたこともあり、一時、ふるさと納税の前後で所得税率が異なる場合、再帰的に計算して自己負担2,000円に近付けるようにしていました。

おすすめの資産運用記事

ふるさと納税の前後で所得税率が異なるケース
blog

 最速資産運用 ma-bank.net 2016/10/06更新

【重要】お知らせ(2016-12-19)先ほど確認したのですが、ふるさと納税の計算における「所得税率」は、所得税ではなく住民税の課税総所得金額に..

 ところが、その後、別の問題(ふるさと納税における課税総所得金額の勘違い)があったことや、再帰処理の効率が今一つ悪かったこともあり、再帰処理については公開を取りやめていました。何より、再帰処理結果が直感的に納得いかないものだったからです。

 今回、ふるさと納税の前後で所得税率が異なる場合、再び再帰処理で計算するように変更しました。正確に言うと、自己負担が1,500円~2,500円の範囲におさまるような ふるさと納税額を逆算しています。

 上記の「不動産1,000万円、株/FX(分離)1億円」で、ふるさと納税の限度額を試算したところ、ふるさと納税の目安は62.6万円となりました。ふるさと納税の前後で所得税率が異なるため、自己負担2,000円に近づくよう再帰的に計算した結果です(再帰計算回数 83回)。

 再帰処理した場合の ふるさと納税限度額の概要は以下の通りです。

ふるさと納税
項目所得税住民税合計
収入(所得)1.1億円 (1.1億円)
所得控除38.0万円33.0万円-----
税額控除-----0.3万円-----
税額1,698.8万円596.5万円2,295.3万円
ふるさと納税(62.6万円)後
項目所得税住民税合計
収入(所得)1.1億円 (1.1億円)
所得控除100.4万円
(+62.4万円)
33.0万円-----
税額控除-----41.6万円
(+41.3万円)
-----
税額
(*減税額)
1,677.8万円
(▲21.0万円)
555.1万円
(▲41.3万円)
2,232.9万円
(▲62.3万円)

 確かに自己負担額は0.2万円(= ふるさと納税 62.6万円 - 減税額 62.3万円となりましたが、ふるさと納税の目安は 210.0万円 から 62.6万円 に激減しました。ふるさと納税前の所得税率33%が、ふるさと納税後23%に変わるとは言え、いくらなんでも減りすぎじゃないでしょうか…
ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
 例えば、株/FX(分離)は1億円のままで、不動産所得を1,000万円から920万円に変更した場合、以下の算式の通り、ふるさと納税の目安は177.1万円となりました。
  • 177.1万円 = ( 住民税額 588.5万円 × 上限 20% ) ÷ ( 90% - 所得税率 23% × 1.021 ) + 2,000円

 ふるさと納税の目安が、不動産所得1,000万円の場合62.6万円、不動産所得920万円の場合177.1万円という結果は、直感的に受け入れがたいものがあります。なぜ、所得が80万円少ないのにもかかわらず、ふるさと納税の目安が114.5万円(=177.1万円-62.6万円)も多くなるのか。正直なところ、かなり気持ち悪いです。

 とは言え、自己負担額を2,000円に近づけるのがふるさと納税の控除限度額計算ソフトの役目です。「ふるさと納税の前後で所得税率が変わるため、ふるさと納税の限度額を算出することができませんでした」とアナウンスするのは無難ですが、再帰処理での算出方法を再び公開することにしました。自分にできる限りのことを精一杯やるだけです。
 なお、今回のように ふるさと納税の前後で所得税率が変わるケースは、総合課税と分離課税があって分離課税の所得が多い場合などに限られます。

おすすめの資産運用情報

ふるさと納税・お得な寄付

 最速資産運用 ma-bank.net 2019/06/26更新

実質2,000円の負担で全国各地の特産品が超低リスクでもらえる「ふるさと納税」を中心に解説。所得税の寄附金控除・個人住民税の寄附金の税額控除について。

おすすめの資産運用ツール

ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
 最速資産運用 ma-bank.net 2018/04/27更新
自己負担2000円で全国各地の特産品がもらえる「ふるさと納税」の目安(控除限度額)を簡単計算シミュレーション。株式投資やFX等の分離課税にも対応。計算方法や詳細な計算式も確認できます。



 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご指摘をいただきました。
ふるさと納税限度額計算において不動産所得1000万円、株譲渡益1億円と打ち込むと自己負担が15.5万円で限度額が計算されます。自己負担は2000円ではないでしょうか。過去の経緯を読みましたがいまいちよくわかりません。(2017-07-23)
 過去いろいろありましたが、再帰的に計算する仕様にふるさと納税の控除限度額計算ソフトを戻しました。ご指摘いただき、ありがとうございました。

 サイト利用者の方より、ふるさと納税の控除限度額計算ソフトに関して以下のようなご意見をいただきました。
ふるさと納税控除を使わせていただきました。生命保険地震保険住宅ローン控除など入力できるとありがたいです(2017-07-22)
 ご意見いただき、ありがとうございました。生命保険地震保険等の控除額を計算する予定はないので、「入力フォームを開く」をクリックして「その他所得控除」に控除合計額を入力してください。

 随時ご意見ご要望を承っております。各ページの最下部にフォームを用意していますので、お気軽にご利用いただければ幸いです。
【関連】税金相続 節約/節税 お得/プチリッチ ふるさと納税

関連する資産運用情報

資産運用ブログ:タグ

資産運用全般金融株式不動産保険年金会社経営税金相続節約お得資産運用方法節約/節税お得/プチリッチ老後/介護結婚/子育てマイホーム開催中のキャンペーンMVNO/格安SIM軽量Win8タブレット投資家マチヨが行く投資家マチヨがレビュー口座を開設してみたiDeCoマイナス金利の影響クレジットカード投信FX有価証券報告書を読んでみたローン国債定期預金信用格付け学資保険/個人年金保険ふるさと納税書評外貨預金楽天TポイントLINEJNBnanacoPonta/リクルートドコモ/dポイントAmazonau/KDDIメルカリ/メルペイWAONSBIYahoo!/PayPayファミマ /FamiPay資格取得

資産運用ブログ:アーカイブ

[2019年]

10月(35) 9月(60) 8月(54) 7月(47) 6月(43) 5月(49) 4月(51) 3月(55) 2月(40) 1月(39)

[2018年]

12月(60) 11月(55) 10月(42) 9月(33) 8月(36) 7月(30) 6月(26) 5月(33) 4月(26) 3月(37) 2月(28) 1月(24)

[2017年]

12月(38) 11月(33) 10月(32) 9月(30) 8月(35) 7月(19) 6月(20) 5月(17) 4月(24) 3月(28) 2月(20) 1月(17)

[2016年]

12月(26) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。よくある質問もお読み下さい。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2019/10/01)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
厳選マネー情報
*投資利回り一括比較
投資額:
もしもの時にもらえるお金
資産運用お勧めベスト3
1.FP1級おすすめ! 消費税10%増税対策11選
2.FP1級おすすめ! QRコード決済キャンペーン比較
3.ポイント還元制度の決済サービス比較
最新ベスト10を見る
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年以内)金利比較ランキング  8
2. 銀行格付け比較ランキング  5
3. 保険会社比較ランキング(格付/売上/利益)  5
4. 個人年金保険の返戻率比較ランキング  1
5. MVNO/格安SIM比較ランキング  296
人気ページを見る
お勧めキャンペーン
 SBI FXトレード
終了日未定 [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
 マトリックストレーダー
残り15日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にキャッシュバック中
 パートナーズFX
残り45日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
リクルート スタディサプリ「小学講座」
残り45日! [節約お得]
*キャッシュバック2,000円
リクルート スタディサプリ「中学講座」ベーシックコース
残り45日! [節約お得]
*キャッシュバック2,000円
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. 加算税・延滞税の計算  1
2. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  15
3. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト  1
4. FX両建てスワップ裁定取引計算ソフト  1
5. 保険返戻金の年利計算ソフト  1
無料ソフト一覧を見る
[PR]節約お得!
新着ページ RSS
10/17 インデックスファンド比較ランキング
10/16 FP1級おすすめ! QRコード決済キャンペーン比較
10/15 ネット定期預金(1年以内)金利比較ランキング
10/15 定期預金(1年以内)金利比較ランキング
10/12 FP1級おすすめ! 厳選ふるさと納税キャンペーン
新着ページを見る
資産運用ブログ
2019/10/17更新
blog
ついに米ドル/円スプレッドが0.1銭へ(11/29まで)
2019/10/17更新
blog
S&P500投信の信託報酬引下げ競争|eMAXIS SlimとSBIバンガード
2019/10/16更新
blog
FX4業者が米ドル/円スプレッドを0.2銭へ一斉縮小
2019/10/16更新
blog
ミニストップで500円オフ(10/30まで)|Origami Payで初決済
2019/10/15更新
blog
年2%の定期預金(ただし1ヶ月もの&つみたてNISA口座連携。来年3/31まで)|定期預金の金利動向(2019年10月)
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約/節税
老後/介護
お得/プチリッチ
結婚/子育て
マイホーム
アクセス数
今日:5,275uu
昨日:6,569uu
ページビュー
今日:14,045pv
昨日:17,635pv
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動