老後のために「自分年金」は必要?

先日公開した年金積立金の行方の通り、我が国の年金制度は、年金積立金の運用収入にかなりの部分を依存している状況にあります。GPIFによる年金積立金の..

【情報登録】 【関連情報】資産運用ブログ 保険年金カテゴリ

[スポンサード リンク]

「最速資産運用」更新状況:

確定拠出年金(401K)で合法的に節税を更新。

 「確定拠出年金の改正予定(※2017年1月)」と「確定拠出年金NISAのダブル活用」を追加しました。

「最速資産運用」運営者より:

 先日公開した年金積立金の行方の通り、我が国の年金制度は、年金積立金の運用収入にかなりの部分を依存している状況にあります。GPIFによる年金積立金の運用成績がよければ年金制度は安定しますし、逆に運用成績が悪ければ年金制度も悪化します。少子高齢化が進行すると、年金保険料を支払う現役世代が減る反面、年金受給者が増えるので、更にこの傾向は強まるでしょう。
 このような状況において、老後資金を公的年金制度に依存するのは非常に危険だと言えます。公的年金とは別に、老後資金を「自分年金」という形で確保した方が良さそうです。

 実際、国民の自助努力を促す政策が増えています。

 例えば2017年1月に改正される個人型確定拠出年金。今まであまり活用されていなかった制度ですが、対象を公務員や専業主婦、企業型確定拠出年金に加入している会社員に広げることにより、NISAのように爆発的に普及するかもしれません。
 個人型確定拠出年金は、老後資金の確保を主目的に、個々人の判断で資産運用する制度なので、「自分年金」の代表的な制度と言えます。

企業年金制度等の見直しに伴う税制上の所要の措置|厚生労働省
 年金と言えば、民間の保険会社が取り扱う個人年金保険もあります。
 この個人年金保険ですが、2012年の所得税改正により税制上の優遇措置が講じられました。従来までは、旧生命保険料控除(控除限度額5万円)の枠内であったのが、2012年より新生命保険料控除(控除限度額4万円)+新個人年金保険料控除(控除限度額4万円)となったのです。政策的に「自分年金」を奨励する一例と言えるでしょう。

No.1140 生命保険料控除|国税庁
 この「自分年金」で最も大切なのが投資リテラシーです。公的年金であれば国に丸投げすればいいのですが、「自分年金」の場合、かなりの部分を自分で判断しなければならないので、投資に関する知識や経験が必要となります。
 逆に言えば、投資リテラシーが不足している状況で、「自分年金」に手を出すと痛い目にあう可能性が高いと思われます。投資の世界は、まさに弱肉強食。弱いものは容赦なく食べられてしまいます。

 老後資金を公的年金制度に依存するのは、それなりのリスクがあります。かと言って、公的年金を補うために「自分年金」を確保しようとするには、ある程度の投資リテラシーがないと危険すぎます。
 「急がば回れ」ではありませんが、資産運用や投資に関する知識や経験を少しずつ増やすのが、老後資金を確保する近道のような気がします。なお、自分の経験を言えば、資産運用に関する知識を増やすには、経験を積むのが一番です。

 個人型確定拠出年金NISAには、税制上の優遇措置があります。まずは、小額でいいので、ローコストの投資商品を実際に購入することをお勧めします。 ローコストの投資商品については下記ページを参考にして下さい。



 サイト利用者の方より、クレジットカード ポイント還元率比較ランキングについて以下のようなご意見をいただきました。
お勧めキャンペーンのせいでコンテンツが見れない(スマホ版) (2015-07-30)
 ご意見いただき、ありがとうございました。当方のモバイル環境では問題なく表示されていますが、念のためにモバイル向けページから「お勧めキャンペーン」を外しました。

 随時ご意見ご要望を承っております。各ページの最下部にフォームを用意していますので、お気軽にご利用いただければ幸いです。

関連する資産運用情報

資産運用ブログ:カテゴリ

資産運用全般 金融株式 不動産 保険年金 会社経営 税金相続 節約格安 資産運用方法

資産運用ブログ:ライフプラン特集

節約・節税 お得・プチリッチ 老後・介護 結婚・子育て マイホーム

資産運用ブログ:タグ

MVNO/格安SIM 軽量Win8タブレット 投資家マチヨが行く 投資家マチヨがレビュー 口座を開設してみた 401K マイナス金利の影響 クレジットカード 投信 FX 有価証券報告書を読んでみた 住宅ローン 国債 定期預金 信用格付け 学資保険 ふるさと納税 書評

資産運用ブログ:アーカイブ

[2016年]

12月(2) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
資産運用お勧めベスト3
1.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
2.確定拠出年金(401K)で合法的に節税
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る
[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. MVNO/格安SIM比較ランキング  294
4. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  4
5. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
人気ページを見る
投資利回り一括比較
万円
お勧めキャンペーン
 パートナーズFX (マネーパートナーズ)
残り25日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
dカード GOLD
残り26日! [金融株式]
*年会費相当をキャッシュバック
 SBI FXトレード (SBI FXトレード)
残り116日! [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  9
2. 加算税・延滞税の計算  1
3. 法人税額計算&個人事業比較ソフト  5
4. ライフプラン・シミュレーションソフト
5. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
無料ソフト一覧を見る
[PR]期間限定!
新着情報 RSS
12/05 個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
12/02 銀行格付けランキング一覧
12/02 証券会社格付けランキング一覧
12/02 金融機関ランキング(顧客満足度分析)
12/02 保険会社ランキング(格付/売上/利益)
新着情報を見る
資産運用ブログ
12/02 野村證券が格上げされたけれども…(金融機関の格付け動向:2016年12月)
12/01 月155億円を民間銀行は日銀から受取|定期預金の金利動向(2016年12月)
11/30 富裕層が2年間で101万世帯から122万世帯に
11/29 松井証券のロボアドバイザー「投信工房」が素晴らしい
11/28 大震災に備えるユニークな「手のひら定期」
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:1,411
昨日:6,532
ページビュー
今日:3,503
昨日:17,978
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動