企業型401Kの運用商品について調べてみた

個人型401Kを運用したり(iDeCo運用レポート20151011)、ノーロードのインデックスファンド比較等を運営したりしているせいか、401K向け運用商品への関心が..

【情報登録】 【関連情報】資産運用ブログ 保険年金カテゴリ

[スポンサード リンク]

「最速資産運用」更新状況:

同族会社の節税:役員報酬と企業型401Kを更新

 「選択制確定拠出年金(企業型401K)の運用商品」を追加したほか、コンテンツ内容について最新情報にアップデートした。

「最速資産運用」運営者より:

 個人型401Kを運用したり(iDeCo運用レポート20151011)、ノーロードのインデックスファンド比較等を運営したりしているせいか、401K向け運用商品への関心が非常に高いです。特に信託報酬を中心に、各インデックス投信の運用コストが気になります。

 今回、同族会社の節税:役員報酬と企業型401Kを更新した際、「企業型401K(SBI証券ダイレクト401Kプラン)」の運用商品(インデックス投信)について調べました。
 予想していたことですが、信託報酬が圧倒的に安いです。
 

企業型401K(SBI証券ダイレクト401Kプラン)の運用商品

国内株式
DC日本株式インデックス・オープンS:信託報酬 0.2000%
先進国株式
DIAM外国株式インデックス〈DC年金〉:信託報酬 0.2500%
新興国株式
年金積立インデックスファンド 海外新興国(エマージング)株式:信託報酬 0.5500%
国内債券
DC日本債券インデックス・オープンS:信託報酬 0.1600%
先進国債
野村外国債インデックスファンドDC:信託報酬 0.2100%
新興国債
インデックスファンド 海外新興国(エマージング)債券:信託報酬 0.5200%
国内REIT
SMT J-REITインデックス・オープン:信託報酬 0.4000%
先進国REIT
SMT グローバルREITインデックス・オープン:信託報酬 0.5500%
バランス型
SBI資産設計オープン〈スゴ6〉:信託報酬 0.6800%
DCインデックスバランス80:信託報酬 0.2000%
DCインデックスバランス60:信託報酬 0.1900%
DCインデックスバランス40:信託報酬 0.1800%
DCインデックスバランス20:信託報酬 0.1700%


 ちなみに、自分が加入している個人型401kの運用商品(インデックス投信)は以下の通りです。

個人型401kの運用商品

国内株式
DC・ダイワ・ストックインデックス225:信託報酬 0.52%
先進国株式
インベスコ MSCIコクサイ・インデックス・ファンド:信託報酬 0.70%
新興国株式
インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式:信託報酬 0.55%
国内債券
インデックスファンド日本債券(1年決算型):信託報酬 0.45%
先進国債
ダイワ投信倶楽部外国債券インデックス:信託報酬 0.65%
新興国債
インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券(1年決算型):信託報酬 0.52%
先進国REIT
DCダイワ・グローバルREITインデックスファンド:信託報酬 0.53%

 更に、企業型401Kと個人型401Kの信託報酬について、まとめると以下の通りです。全般的に企業型401Kの方が安いですね。
 
項目企業型401K個人型401K
国内株式0.20%0.52%
先進国株式0.25%0.7%
新興国株式0.55%0.55%
国内債券0.16%0.45%
先進国債0.21%0.65%
新興国債0.52%0.52%
国内REIT0.40%なし
先進国REIT0.55%0.53%
新興国REITなしなし
バランス型0.68%等なし

 正直なところ、個人型401Kにしか加入できない身分なので、企業型401Kが羨ましい限りです。掛金上限が多い上に、信託報酬などの運用コストも安い。しかも取り扱っているインデックス投信の種類も豊富。
 何とかして入りたいが、現実的に加入することはできません。

 希望もあります。
 同族会社の節税:役員報酬と企業型401Kで触れている通り「企業型401K(SBI証券ダイレクト401Kプラン)」が、中小企業が導入しやすい選択制確定拠出年金プランなのです。役員1人の会社でもOKですから、お手軽そのものです。

 自分の場合、個人型401Kの掛金上限は月23,000円です。所属する会社(=同族会社)に、上記の企業型401Kを導入すれば掛金上限が55,000円に増えるので、更なる節税効果が期待できます。
 しかも、企業年金制度等の見直しに伴う税制上の所要の措置|厚生労働省によると、2017年1月から企業型401K加入者は、更に月20,000円を個人型401Kとして追加できるようなのです。

 ただし、ネックとなるのは費用と手間です。少なからぬ導入コストがかかりますし、もちろん毎月の運営費も発生します。税金や社会保険の負担額を削減する効果は確かにありますが、運用の手間を含めて考えると、やはり躊躇してしまいます。

 2017年1月の改正時には、「簡易型DC制度」や「個人型DCへの小規模事業主掛金納付制度」が創設されます。中小企業向けの制度であり、細かい部分は不明ですが、現在よりも費用と手間が削減されるものと思われます。
 おそらく自分の場合、それまでは個人型401Kのままでしょう。。。

SBI証券ダイレクト401Kプラン

 「企業型401K(SBI証券ダイレクト401Kプラン)」の主なメリットは以下の通りです。
  • 人数規模に関係なく1人から導入可能(*役員1人でもOK)。
  • 圧倒的な低コスト:1年目17万円~(*2年目以降は年6.7万円~)。
  • 年27.3万円の資金繰り改善効果(*役員報酬月額50万円&掛金月額5.5万円のケース)。
  • 低コストかつ豊富な運用商品。
SBI証券の企業型ダイレクト401kプラン(確定拠出年金)

関連する資産運用情報

資産運用ブログ:カテゴリ

資産運用全般 金融株式 不動産 保険年金 会社経営 税金相続 節約格安 資産運用方法

資産運用ブログ:ライフプラン特集

節約・節税 お得・プチリッチ 老後・介護 結婚・子育て マイホーム

資産運用ブログ:タグ

MVNO/格安SIM 軽量Win8タブレット 投資家マチヨが行く 投資家マチヨがレビュー 口座を開設してみた iDeCo マイナス金利の影響 クレジットカード 投信 FX 有価証券報告書を読んでみた ローン 国債 定期預金 信用格付け 学資保険/個人年金保険 ふるさと納税 書評 外貨預金 楽天 Yahoo! LINE

資産運用ブログ:アーカイブ

[2017年]

11月(21) 10月(32) 9月(32) 8月(35) 7月(19) 6月(20) 5月(17) 4月(24) 3月(28) 2月(20) 1月(17)

[2016年]

12月(26) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
投資利回り一括比較
*投資額を入力するだけ!
万円
資産運用お勧めベスト3
1.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
2.新生銀行スタートアップ定期が12/18より金利ダウン|外貨預金の金利動向(2017年10月)
3.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
最新ベスト10を見る
[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. MVNO/格安SIM比較ランキング  296
4. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
5. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  4
人気ページを見る
お勧めキャンペーン
楽天カード
今日まで! [金融株式]
*最大9,500円相当をプレゼント中
Yahoo! JAPAN カード
残り10日! [金融株式]
*最大10,000ポイントをプレゼント中
エキサイトモバイル 最適プラン 100MB(3枚コース)
残り11日! [節約格安]
*キャッシュバック7,100円
BIGLOBEモバイル データSIM タイプD 3ギガプラン
残り13日! [節約格安]
*キャッシュバック3,600円
 パートナーズFX
残り39日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  13
2. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
3. 加算税・延滞税の計算  1
4. 投資利回りランキング一括比較ツール
5. FX両建てスワップ裁定取引計算ソフト  1
無料ソフト一覧を見る
[PR]保険料節約
新着ページ RSS
11/17 MVNO/格安SIMおすすめ10選
11/17 SIMフリースマホ比較
11/17 MVNO/格安SIM比較ランキング
11/16 個人向け国債おすすめ4選
11/15 定期預金おすすめ11選
新着ページを見る
資産運用ブログ
11/19 OCNがHUAWEI nova liteを税込12744円で特売中|MVNO同時購入で激安SIMフリースマホ(2017年11月)
11/18 日本通信ジャストフィットSIM(SB回線)の使い道
11/17 Tikimo SIM料金改定など|MVNO価格ランキング通信量別ベスト5(2017年11月)
11/17 iPhone SE等をBIGLOBEモバイル(MVNO)が取扱開始
11/16 資産運用お勧めベスト10(2017-11-16)
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:2,055
昨日:4,226
ページビュー
今日:5,860
昨日:12,403
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動