所得税の延納を利用してダブルで得する-2

2018年も2月になったところで、遅ればせながら延滞税や利子税の割合について確認しました。延滞税は2017年の2.7%から2.6%に、利子税は2017年の1.7%から1...

【情報登録】 【関連情報】資産運用ブログ 税金相続カテゴリ

[スポンサーリンク]

「最速資産運用」更新状況:

クレジットカード ポイント還元率比較ランキングを更新

 ポイント還元率1%以上のクレジットカード58件の内容を確認しました。

ゴールドカード ポイント還元率比較ランキングを更新

 ポイント還元率1%以上のゴールドカード18件の内容を確認しました。

高還元率クレジットカードおすすめ13選を追加

 おすすめのクレジットカードを確認しました。

所得税延納にかかる利子税の最適化ソフトを更新

 利子税の割合を最新データに更新しました。

加算税・延滞税の計算を更新

 延滞税の割合を最新データに更新しました。

「最速資産運用」運営者より:

 2018年も2月になったところで、遅ればせながら延滞税利子税の割合について確認しました。延滞税は2017年の2.7%から2.6%に、利子税は2017年の1.7%から1.6%に、それぞれ0.1%ずつダウンしています。

延滞税の割合|国税庁
www.nta.go.jp/tetsuzuki/nofu-shomei/entaizei/en...
延滞税の割合|国税庁
 と言う訳で、加算税・延滞税の計算所得税延納にかかる利子税の最適化ソフトについて、延滞税率と利子税率を更新しました。
 その結果、所得税延納にかかる利子税の最適額に変動が生じました。

 国税を延納する場合、延納期間に応じて利子税(2018年は1.6%)がかかるのですが、所得税であれば延納届出額を299,000円以下にすることで利子税をゼロにすることが可能です。

 以下、2018年と2017年の比較です。

 2018年(*2017年分の所得税確定申告)において利子税がかからない延納届出額の上限は299,000円です。
①延納届出額:299,000円→290,000円 (*利子税の計算では1万円未満切捨て。国税通則法第118条第3項)
②計算式:290,000円×利子税率1.6%÷365日×77日間=978円
③利子税:0円 (*1,000円未満切捨て。国税通則法第119条第4項)
※延滞期間:77日間 *2018/3/16(金)~2018/5/31(木)

 2017年(*2016年分の所得税確定申告)において利子税がかからない延納届出額の上限は279,000円です。
①延納届出額:279,000円→270,000円 (*利子税の計算では1万円未満切捨て。国税通則法第118条第3項)
②計算式:270,000円×利子税率1.7%÷365日×77日間=968円
③利子税:0円 (*1,000円未満切捨て。国税通則法第119条第4項)
※延滞期間:77日間 *2017/3/16(木)~2017/5/31(水)

 所得税における利子税がかからない延納届出額の上限は、2017年の279,000円から2万円増え、299,000円となりました。利子税がわずか0.1%変動するだけで2万円も増加するのですね。
 

所得税の延納とは?

 所得税の納期限(3/15。振替納税の場合は4/20)までに、納税額の50%以上を納付すれば、残りの税額の納付を5/31まで延長することが可能です。例えば、所得税の納税額が10万円の場合、3/15までに5万円以上納付すれば、残りの5万円については5/31までに納付すればOKです。所得税の確定申告書の指定欄に必要事項を記入するだけなので非常に手軽です。
 詳しくは、姉妹サイト「最速節税対策」の下記コンテンツをご確認ください。
所得税の延納(利子税)で節税
最速節税対策 saving.ma-bank.net
所得税の延納について。利子税の納付方法や利子税をゼロにする方法、注意点など。利子税を必要経費として節税

 この所得税の延納を最大限活用して、得する方法について検討してみます。
 

所得税の延納でダブルで得する

 延納届出額を最大299,000円以下に調整することで、利子税を支払うことなく、所得税の納税時期を3/15から5/31まで先送りすることができます。期間にすると77日間です。

 この場合の具体的なメリットは以下の2つです。
  1. 資金繰りが(少しだけ)楽になるだけでなく、資産運用で(少しだけ)殖やすことが可能。
  2. クレジットカードで納付すると、更に支払いを先送りできることに加え、ポイント還元で得することが可能。
 

クレジットカード納付で得する

 まずはクレジットカード納付についてですが、以下の2つの方法が考えられます。
  1. 国税クレジットカードお支払サイト」の利用
  2. クレジットカード+nanaco」の利用
 
A. 「国税クレジットカードお支払サイト」(+1.18%)
 メリットは以下の通りですが、
  • インターネット上で24時間365日いつでも簡単に納付できる。
  • 納付額の上限がクレジットカード枠。
その反面、以下のようなデメリットもあります。
  • 手数料0.82%が必要。
  • クレジットカードによっては国税支払いがポイント対象外となる可能性がある。
 手数料がかかるので、REX CARD(ポイント還元率1.25%)かリクルートカード(ポイント還元率1.2%)あたりの高還元率クレジットカードが有力候補となります。手数料0.82%を加味した実質還元率は、REX CARDで0.43%(=1.25%-0.82%)、リクルートカードで0.38%(=1.2%-0.82%)となります。

 REX CARD

年会費無料REX POINT(20万円~)価格.com安心支払いの最小単位は1,000円。 詳細ページを見る

【ポイント還元率】1.25% *Jデポへの交換時
【年会費】0円
【入会特典】最大3,000円分還元(別途リボ払い等を要件とする入会特典あり)
指定期間内にクレジットカード5万円以上利用でJデポ1,000円分(最大3,000円分)をプレゼント。
 クレジットカードではありませんがLINE Pay(ポイント還元率2%)もお勧めです。手数料0.82%を加味した実質還元率は1.18%(=2%-0.82%)となります。
国税(源泉所得税)をe-Tax&LINE Pay納付で1%還元|定期預金の金利動向(2018年1月)
 最速資産運用 ma-bank.net
半年に一回訪れる源泉所得税の納期特例の期限が近づいてきました。原則的に7月~12月分の納付期限は1/20ですが、2018年1月20日は土曜日なので、2018年1月.. (2018/01/15更新)

B. 「クレジットカード+nanaco」(+1.2%)
 メリットは以下の通りですが、
  • 手数料がかからない。
その反面、以下のようなデメリットもあります。
  • 納付額の上限5万円(工夫すればアップすることも可能)。
  • nanacoへクレジットカードチャージした上でセブンイレブンで支払う必要がある。
  • nanacoチャージでポイントが付与される高還元率クレジットカードが少ない。
 Yahoo! JAPANカード改悪|nanacoチャージでポイント半減でも言及しましたが、2/28以降はリクルートカード(ポイント還元率1.2%)一択です。

 リクルートカード

年会費無料リクルートポイント(1,000円~)月利用額の1.2%に対して少数点第1位以下を切り捨ててポイント付与。 詳細ページを見る

【ポイント還元率】1.2% *リクルートポイント(Pontaポイント)の使用時
【年会費】0円
【入会特典】最大8,000ポイント還元(別途リボ払い等を要件とする入会特典あり) *2018/04/23まで
①入会特典として3,000ポイントを、②指定期間内の初回利用で2,000ポイントを、③携帯電話料金決済で3,000ポイントをプレゼント(*全てリクルート期間限定ポイント)。

C. お勧め方法はどちら?
 「クレジットカード+nanaco」は手間がかかる上に高還元率クレジットカードが限定されるので、個人的にはLINE Payで「国税クレジットカードお支払サイト」を利用することをお勧めします。ただ、LINE Payはプリペイドカードなので、クレジットカードと異なり更に支払いを先送りすることができないなどの注意点もあります。

 なお、延納額がさほど多くなく、手間をかけるのが苦にならないという人は、リクルートカードで「クレジットカード+nanaco」(還元率1.2%)を利用することをお勧めします。還元率的には、LINE Payで「国税クレジットカードお支払サイト」(還元率1.18%)とほぼ同一ですが、手数料を支払う必要がないのはメリットと言えます。
 

約30万円を資産運用(77日間)

 さて、次は資産運用です。
 利子税不要の延納額は299,000円(約30万円)が最大値です。この約30万円を77日間でどれぐらい増やせるのでしょうか。比較的安全な短期間の資産運用方法(ノーリスクローリスク)についてシミュレーションしてみました。
 
A. 普通預金で資産運用(+0.016%)
 まずはノーリスク資産運用です。
 定期預金等(1ヶ月)の金利比較ランキングでは、30万円預け入れた場合の1位が、楽天銀行「マネーブリッジ優遇金利普通預金」等の年0.1%なので、リターンは50円となります。
  • 50円=30万円×0.1%÷365日×77日×0.79685
 単純利回りは0.016%(=50円÷30万円)となります。
 
B. FXスワップサヤ取りで資産運用(+0.49%)
 次にローリスク資産運用です。
 FXスワップサヤ取りが有力な選択肢となりますが、資産運用期間が短いので為替コストが安い米ドル/円で考えてみます。FX両建てスワップ裁定取引計算ソフトで計算すると、米ドル/円の売買ポジションを15万円ずつ77日間保有した場合の想定損益は1,483円となります。レバレッジは各7.33倍としています。
  • 1,483円=買い4,208円-売り2,725円
 単純利回りは0.49%(=1,483円÷30万円)となります。
ma-bank.net/tool/fxswap/?val=150000&pairs=USD&r...
 ただし、FXスワップポイントは日々変動するので、必ずしも計算通りに収益が上がる訳ではありません。また、FXリスクを理解していない人にはお勧めできません。
FXスワップサヤ取りを実際に試してみた
 最速資産運用 ma-bank.net
「FXスワップサヤ取り」とは?今年2月から「最速FXサヤ取り法」を運営していますが、FX各社のスワップ情報等を発.. (2017/04/21更新)

C.「外貨預金10%+FX売り」で資産運用(+0.8%)
 ジャパンネット銀行の米ドル外貨預金10%キャンペーン(3/31まで)とFX売りポジションとの組み合わせはどうでしょうか。外貨預金FX損益分岐チェッカーで計算すると、米ドル外貨預金(年10%。2ヶ月もの)を25万円預け、同量の米ドルをFXの売りポジションで保有した場合の想定損益は2,405円となります。FX売りのレバレッジは5倍(入金額5万円)としています。 単純利回りは0.8%(=2,405円÷30万円)となります。
ma-bank.net/tool/fxdep/?val=25&per=10&term=2&ta...
 ただし、FXの売スワップポイントは日々変動するので、必ずしも計算通りに収益が上がる訳ではありません。また、外貨預金FXリスクを理解していない人には絶対にお勧めできません。
米ドル定期10%はお得?(ジャパンネット銀行)-1
 最速資産運用 ma-bank.net
ジャパンネット銀行が「米ドル定期10%キャンペーン外貨口座を開設すると12%!」を1/15より開始しています。米ドル定期2ヶ月ものが年10%(最大12%).. (2018/01/22更新)
米ドル定期10%はお得?(ジャパンネット銀行)-2(取引編)
 最速資産運用 ma-bank.net
米ドル定期10%はお得?(ジャパンネット銀行)-1について実際に取引したので、備忘的に記録を残しておきます。 必要な取引は以下の2つです。ジャパンネット銀行:米ドル2ヶ月定期に預入.. (2018/01/24更新)

D. 国内債券型の投資信託資産運用(+0.26%)
 国内債券型の投資信託であれば年1.58%前後の収益が期待できるので、税引後のリターンは796円となります。ただし、ローリスクとは言え、マイナスになるリスクがあるので今回のようなケースには向いていません。
  • 796円=30万円×1.58%÷365日×77日×0.79685
 単純利回りは0.26%(=796円÷30万円)となります。
ma-bank.net/tool/return/?val=30&prof1=1988&prof...
 

所得税の延納をダブルで得する方法まとめ

 約30万円を無利子で延納する場合、以下の組合せが最も得をすることになります。 なんと5,940円(=30万円×(1.18%+0.8%))も得することになります。延納が10万円ならば約2,000円、5万円ならば約1,000円のリターンです。昨今の預金利息を考えると悪くない数字だと思います。

 とは言え、所得税の口座振替を利用している場合はクレジットカードの利用ができませんし、「外貨預金10%+FX売り」については投資初心者にとっては非常にハードルが高いと思われます。そもそも所得税を確定申告する必要のない人や、確定申告で還付を受ける人には関係ない話ではありますし。

 所得税の納付を最大限活用することで、このような資産運用方法も可能となります。源泉徴収される額が少ない人ほどメリットが大きくなる可能性が高まりますね。

所得税の延納で徹底的に得をする方法-1(延納届出や納税方法の変更等)へ続く。

所得税延納にかかる利子税の最適化ソフト
 最速資産運用 ma-bank.net
所得税延納時の利子税を自動計算。延納届出額を調整して利子税を極小化。コンビニのバーコード付納付対策に最適。 (2018/02/08更新)
所得税の延納を利用してダブルで得する
 最速資産運用 ma-bank.net
所得税の確定申告時期が近付いてきたこともあり、所得税の延納制度について調べてみました。簡単に延納できるだけでなく、利子税をゼロにすることや、コ.. (2017/02/14更新)
所得税の延納を利用してダブルで得する-2
 最速資産運用 ma-bank.net
2018年も2月になったところで、遅ればせながら延滞税や利子税の割合について確認しました。延滞税は2017年の2.7%から2.6%に、利子税は2017年の1.7%か.. (2018/02/08更新)
所得税の延納で徹底的に得をする方法-1(延納届出や納税方法の変更等)
 最速資産運用 ma-bank.net
所得税の延納:2017年分の所得税の納税額が確定しました。今回の申告は、先物取引(FX)や源泉徴収なしの株式譲渡があった影響で、納税額は386,900円となりました。1年間頑張った成果.. (2018/03/14更新)

関連する資産運用情報

資産運用ブログ:カテゴリ

資産運用全般 金融株式 不動産 保険年金 会社経営 税金相続 節約格安 資産運用方法

資産運用ブログ:ライフプラン特集

節約・節税 お得・プチリッチ 老後・介護 結婚・子育て マイホーム

資産運用ブログ:タグ

MVNO/格安SIM 軽量Win8タブレット 投資家マチヨが行く 投資家マチヨがレビュー 口座を開設してみた iDeCo マイナス金利の影響 クレジットカード 投信 FX 有価証券報告書を読んでみた ローン 国債 定期預金 信用格付け 学資保険/個人年金保険 ふるさと納税 書評 外貨預金 楽天 Yahoo!/Tポイント LINE JNB nanaco Ponta/リクルート

資産運用ブログ:アーカイブ

[2018年]

4月(20) 3月(37) 2月(28) 1月(25)

[2017年]

12月(38) 11月(33) 10月(32) 9月(31) 8月(35) 7月(19) 6月(20) 5月(17) 4月(24) 3月(28) 2月(20) 1月(17)

[2016年]

12月(26) 11月(23) 10月(25) 9月(20) 8月(23) 7月(21) 6月(23) 5月(18) 4月(28) 3月(21) 2月(19) 1月(18)

[2015年]

12月(18) 11月(16) 10月(18) 9月(23) 8月(22) 7月(16) 6月(16) 5月(7) 4月(11) 3月(10) 2月(11) 1月(8)

[2014年]

12月(13) 11月(9) 10月(12) 9月(2) 8月(2) 7月(4) 5月(4) 4月(7) 3月(3) 2月(3) 1月(3)

[2013年]

12月(12) 11月(7) 10月(3) 9月(2) 8月(2) 7月(1) 5月(2) 4月(1) 3月(6) 2月(3)

このページを他の人に教える

ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。
 本サイトは断りがない限り「消費税込」で料金表示をしています(2014/04/11)

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
厳選マネー情報
*投資利回り一括比較
投資額:万円
もしもの時にもらえるお金
資産運用お勧めベスト3
1.ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
2.個人向け国債キャッシュバックランキング一覧
3.iDeCo(確定拠出年金)で無理なく賢く節税
最新ベスト10を見る
[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
人気ページ
1. 定期預金(1年)の金利比較ランキング  7
2. 銀行格付けランキング一覧  5
3. MVNO/格安SIM比較ランキング  296
4. 保険会社ランキング(格付/売上/利益)  5
5. 学資保険の返戻率比較ランキング一覧  8
人気ページを見る
お勧めキャンペーン
 SBI FXトレード
終了時期未定 [金融株式]
*FX口座開設で500円を全員にプレゼント中
エキサイトモバイル 最適プラン 100MB(3枚コース)
残り17日! [節約格安]
*キャッシュバック3,000円
 パートナーズFX
残り40日! [金融株式]
*FX口座開設で1,000円を全員にプレゼント中
dカード GOLD
残り70日! [金融株式]
*年会費相当をキャッシュバック
お勧めキャンペーンを見る

人気無料ソフト
1. 加算税・延滞税の計算  1
2. ふるさと納税の控除限度額計算ソフト  14
3. 保険返戻金の年利計算ソフト
4. 法人税額計算&個人事業比較ソフト  5
5. FXロスカット損益スワップ一括計算ソフト
無料ソフト一覧を見る
[PR]期間限定!
新着ページ RSS
04/16 ネット定期預金(1年)の金利比較ランキング
04/16 定期預金(1年)の金利比較ランキング
04/15 厳選ふるさと納税お得キャンペーン
04/13 SIMフリースマホ比較
04/13 MVNO/格安SIM比較ランキング
新着ページを見る
資産運用ブログ
04/21 所得税の延納で徹底的に得をする方法-4(督促/滞納処分とLINE Payのポイント改悪)
04/20 ポンパレモール還元祭&クーポンを利用して、もらったポイントでビール券を購入
04/19 楽天銀行口座開設で1000円ゲット(12歳以下限定)
04/19 日経平均予想で最大5万円もらえる懸賞定期預金(大和ネクスト銀行)
04/18 お得なGW家族旅行はYahoo!トラベル&Yahoo!プレミアムで決まり!!
資産運用ブログを見る
ライフプラン特集
節約・節税
老後・介護
お得・プチリッチ
結婚・子育て
マイホーム
アクセス数
今日:2,043
昨日:4,103
ページビュー
今日:6,653
昨日:13,702
最速資産運用法
1. ゴールを決める
2. 貯める
3. 殖やす
4. 守る
 

ページの先頭へ移動